エントリー

カテゴリー「国会図書館」の検索結果は以下のとおりです。

歩き回るのは精神的にも良い運動

今日は気分転換のために国会図書館→秋葉原と1日回りましたが、
とにかく疲れました。
何せ、ほとんどエスカレーターやエレベーターを使わず階段で移動しましたから。
しかも、階段では人がいなければほとんどが2段登りです。
おかげで足が途中でガクガクになるほどで。
その上、秋葉原での昼食以降は家に帰るまで全く水を飲みませんでした。
途中で少しフラフラになりましたしどんなにMなのでしょうか(笑)。

ちなみに、国会図書館の最寄り駅である、
半蔵門線の永田町駅の階段は96段もあります(階段に段数が表示されてあった)。
それに加えて、秋葉原の有名ショップをほとんど階段で登りましたから
1日を通してみると良い運動になったと思います。
精神的にも家にいる時よりは少し楽になりました。
金欠の状態で往復\1,000以上かかる交通費は少し厳しいですが、
気合いが入ったら定期的に遠くへ遊びに行きたいと思います。

また、以前破壊したComic REXは無事修復されていました。
ただ、さすがに完全に元の状態に戻せないのか、
全体が厚いダンボールで包まれている状態になっています。
元に戻って良かったですが、やはりこの本のコピーはしない方が良いと感じます。


そして、プロジェクトTとは別に、
いよいよ第十二回お馬鹿ショーの季節がやってきました。
目当ての物はまだ発売されていませんが、
まだ寄贈されていないシリーズがあったのでそれを秋葉原で購入してきました。
お馬鹿ショーではそれらと一緒に寄贈するつもりです。

しかし、目的の物は意外と見つからず、新宿や町田の店も歩き回る事になりました。
それでも、あと1種類だけはどうしても見つからず、
結局通販を利用して買うハメに。
まんだらけでは全種類揃っていたのですが、

・諸事情から、とらのあなではあまり買いたくない
・できればカードがあるアニメイトで買いたい
・新宿とか他の店舗を回れば、まあ見つかるだろう

と完全に油断していたため、その時はスルーしていました。
まんだらけで全部買っておけば
新宿や町田をウロウロする必要も無かったでしょうに。
確かにいい運動にはなりましたが『無駄足』とはまさにこの事でした。

電子資料の穴は芋づる式?に発覚

性懲りも無く国会図書館の電子資料を調べてみる。
検索すればするほど意外なタイトルが無い事に気が付きます。

続きを読む

国会図書館に関するQ&A

国会図書館への寄贈で疑問に思った事があったので、
電話して直接聞いてみました。

続きを読む

プロジェクトT、始動

国会図書館には抜けが多いという事で、
改めて様々な書籍・電子資料を調べてみました。
有名所はさすがに納本・納入されていますが中小企業の物はやはり厳しいです。

そんな中、驚愕の検索結果が現れます。

続きを読む

納本意識向上の難しさ

国立国会図書館に「けいおん!」が無い件

国会図書館ネタと聞いて飛びつくのがN党K.F。
この記事を最初に見た時には『けいおん!』が検索できませんでしたが、
2011年8月17日現在では無事に貸出可になっているようです。

けいおん!. 1けいおん!. 2けいおん!. 3けいおん!. 4

『けいおん!』の場合はアニメ化によって知名度が向上した経緯もあり、
BDが先に入っているのはやむを得ないのかもしれません。
DVDバージョンが入っていないのが少し気がかりですが。
もしヒットしなければ(失礼ですが)、
芳文社の単なる1タイトルに過ぎなかったでしょう。
ただ、『ひだまりスケッチ』や『Aちゃんねる』が納本されていない辺り、
芳文社は納本に対してあまり積極的ではないのかもしれません。

確かに、この方が仰るように国会図書館は結構穴の有る資料が多いです。
以前にも日記で書きましたが、
ゲーメストなんて古い号はほとんど納本されていません。
なるべくなら、出版社には国会図書館へ納本する意識を高めてもらいたいですが、
各社の台所事情や手間の問題もありますし難しい所です。
中小の出版社でしたらなおさらだと思います。
だからこそ、個人個人で寄贈する事も必要なのかもしれません。


ちなみに、記事中に寄贈先の部署は
『収集書誌部 国内資料課 収集第二係』と記載されていますが、
国会図書館のサイトでは、民間出版物は
『収集書誌部 国内資料課 収集第一係』に送るようと記載されています。
しかし、お礼状はなぜかいつも収集第二係から来ます。
う~ん、この辺りは謎です。
内部ではどのような処理をしているのでしょうか。

あと、CDとゲームは未開封のものでなければダメである事は初耳でした。
私も『それは知らなかった(原監督風)』と言わざるを得ません。
デスクリムゾンを寄贈した方もそこまでは把握していなかったでしょうし、
私が東方本編を寄贈した際も全く知りませんでした。
事情はあれど中古ソフトを寄贈できないのは痛いです。


私自身、デスクリムゾンの方のサイトに出会わなければ、
国会図書館へ寄贈するという事は一生行わなかったでしょう。
そして、リンク先の筆者の

>おまいらもNDL-OPACでヒットしない本とか雑誌があったら、
>ブックオフに売る前に国会図書館に送ってやってください。
>数十年後、数百年後のオタが喜ぶかもしれないから。

という言葉に対しては激しく同意します。
今後は多くの方の国会図書館への寄贈・納本意識が高まる事を願います。


■補足
自分で寄贈したにもかかわらず、自分の模写で破損させてしまった
Comic REX 2006年12月号(『記憶する幻想郷』が掲載されている号)
の修理が無事終了し、貸出可になっている状態に戻って良かったです。

シナリオ:国会図書館の悪夢 難度:☆☆☆

複写後、返却されたComic REXを見返すと、
複写範囲に大きく雑誌を開いた痕ができていました。
多少の開き痕なら複写作業上仕方ありませんし私も気にしません。
しかし、何度も見直すと雑誌の背面に一本の筋ができている事に気がつきました。
奇しくも、それは丁度紙が薄くなっているカラーページでした。

この画像の左側を見ると、
中綴じされたギリギリの部分まで複写された事が分かります。
そして、再びそのページを見てみると
なんとそのカラーページ自体が少しずつ雑誌本体から外れかけていました。
いや、下手をしたら雑誌自体真っ二つになる可能性も十分考えられます。
確かに、最初は『綺麗に複写されて嬉しい』と思いました。
しかし、この事実に気付いた時にはもうそれどころではありません。
その時あったのは、この貴重な雑誌をどうしたら良いのかという気持ちだけでした。

もはや、私の力だけではどうしようもないため、
複写カウンターの方に事情を説明し相談する事にしました。
貴重な雑誌だけに私も藁にもすがる思いです。
しかし、そこではこうした対応は行っていないため、
最初に声を掛け事情を理解した模写係の方と共に
雑誌カウンターの返却口へ向かいました。

そして、雑誌カウンターに到着しそこの係の方に相談してみると、

雑誌カウンター係の方「分かりました、ではこちらで雑誌の修復作業に取り掛かります。
           結構頻繁に発生する事なので大丈夫ですよ」

という返答を頂きました。
さすがにプロの方です。
冷静かつ的確な対応をされて少しホッとしました。
とりあえず、雑誌自体がダメになるという最悪な状況は免れました。
ただ、

雑誌カウンター係の方「修復までには少し時間がかかります。その間はこの本の貸出ができなります」

との返答も。
せっかく寄贈したのにまた貸出ができなくなるのですか。
しかし、この雑誌の価値を考えると慎重にならざるを得ません。
その時私ができたのは『お願いします』
とひたすら頭を下げながら本を返却するだけでした。
どこまで修復されるか分かりませんが、
今は国会図書館の方の腕を信じるしかありません。


はぁ、複写の実験のためとはいえ自分で寄贈した雑誌を
自らの手で破損してしまうなんて。
情けないにも程があります。
純粋にこの雑誌を手に取りたい方々には本当に申し訳ない事をしました。
今後、複写のたびにこうした事が頻発するようでしたら、
複写自体行わない方が良いのかもしれません。
前回の日記で細かく説明した直後で何ですが。
私の心の中にあるのは『この雑誌を壊したくない』ただそれだけです。

確認のため国会図書館へ、それだけで終わると思いきや・・・

久々に国会図書館へ行ってきました。
ただ、その前にこの前の寄贈品の状況を確認します。

続きを読む

ページ移動

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed