エントリー

カテゴリー「国会図書館」の検索結果は以下のとおりです。

奥付がない外国出版物は登録の対象外品?

既に2024年度に差し掛かろうとしている3/29(金)。
私の所にこのような荷物が届きました。

 

この伝票からするとこれは国内発送の品ではないでしょう。
また、荷物の裏側には『アップグレード』や『この商品の最新バージョン』といった日本語が記されています。

このままでは中身が分からないのでクッション封筒を開けましょう。



封筒の中にはまたもや封筒が。
「海外からの発送物で二重梱包を施しているなんて珍しい」と思いつつ更に開封していきます。

そしてこの封筒を開けて出てきたのは、

 

原神の書籍?
でも、右側の画像に写っているのは原神のキャラではありません。
緩衝材を取り外してみると目の前に現れたのは、

続きを読む

安心できる出品者に入札しましょう

昨日の記事の続きです。
二次創作の同人ゲームと一緒にこちらも寄贈しました。


 

東方鬼形獣の体験版です。
Yahoo!オークションにて落札しました。
この金額が妥当であるかどうかは分かりませんが、一般的な相場よりは安価であるはずです。

元々、東方の原作の各作品で体験版が存在しているという事は知っていました。
ただ、古い作品のものは非常に高く、また資料としての価値もそれほどではないと判断しスルーしていました。
それにもかかわらず、なぜ今回寄贈したかというと下記のような出来事があったからです。

続きを読む

二次創作の同人ゲームを寄贈する

突発になりますが、先月、国会図書館へ電子資料や録音映像などの寄贈を行いました。
送ったのは二次創作の同人ゲーム(とその関係資料)です。


かつては久樹輝幸氏の記事で述べられているように、

「許諾を得ていない二次創作物でも良いの?」

という疑問が存在していたため、同人ゲームでも二次創作の作品については寄贈を行わない姿勢でした。

しかし、久樹氏が国会図書館についての記事を作成されてから14年が経過。
Web上で寄贈及び納本についての議論が進み、それによって当時は分からなかった情報が増えてきました。
また、私自身もこの間に数多くの種類の資料を寄贈し、その中には企業だけではなく、
同人誌など同人サークルが作成した二次創作の作品もあります。

その結果、

「二次創作の同人ゲームを寄贈しても問題はない」

と判断し寄贈する事を決めました。



前置きが長くなりましたが、今回国会図書館へ送った作品はこちらになります。

続きを読む

製本されたコピー本は登録されると判明した咲-Saki-関係の同人誌寄贈

先々週から続いた、昨年末に国会図書館へ発送した寄贈品についてのご報告も今回で最後となります。
第1回第2回第3回
取りを飾るのは咲-Saki-関係の同人誌です。

※寄贈した同人誌の一覧は記事の最後に記載します

続きを読む

盛りだくさんとなった第二十回お馬鹿ショー

週始めの月曜日でしたがなぜか気合いが入っていたので、前回前々回に引き続き
昨年末に国会図書館へ発送した寄贈品について報告します。
今回は第二十回お馬鹿ショー、という事で東方Project関係の資料についてのご紹介です。
プロジェクトTとは打って変わって量が多くなり、非常に盛りだくさんとなりました。

続きを読む

今度こそ本当に完結?のプロジェクトT 番外編6

昨日に続き、昨年末に国会図書館へ発送した寄贈品について紹介をします。
今回はプロジェクトTという事でときめきメモリアル関連の資料になります。

前回完結と書いていながら番外編6まで続いてしまいました。
今度こそ本当に完結…するのでしょうか(汗)。

続きを読む

昨年末に発送した寄贈品のご紹介(雑多なジャンル編)

少し間が空いてしまいましたが、昨年末に国会図書館へ発送した寄贈品について紹介をします。
雑多なジャンルになりますがご了承願います。

続きを読む

ページ移動

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

過去ログ

Feed