エントリー

カテゴリー「ロマサガRS」の検索結果は以下のとおりです。

イベント熱中するのもほどほどに

年末調整のために昨年の医療費の計算をしていたら\10,000以上控除される事が判明、やったね!

って、2020年はどれだけ通院していたのですか(爆)。
去年はアルバイトもできませんでしたから、年収が2019年より下がっているのは間違いありません。
今年は残業代を稼いで何とかアルバイト分を補いたいです。
明日からの1ヶ月間は多忙になりますから稼ぐという意味でも頑張らないと。


ロマサガRSの期間限定のスタミナ回復剤、頑張って消費しましたがこれが私の限界でした。

 

さすがに今回は最初から使い切れると思っていなかったので気は楽でした。
普通に生活している社会人がこの量を使い切るのは不可能と言っていいでしょう。
廃棄される大量のスタミナ回復剤はもはやこのゲームの風物詩ですね。

個人的な目標として、2周年記念の回復剤(小)の個数を4桁まで消費する事を目指していました。
しかし、スタミナ半減キャンペーンや消費スタミナが10に設定されているアビス四魔貴族制圧戦の影響から、
残念ながら目標達成する事はできず。


大体、年度末なのにイベントを入れすぎなのですよ。
他の方はこの忙しい時期にレイドボス相手によくここまで周回できるなあ、と感心するばかり。
私はボスが登場してからはビューネイへの道9で好きなキャラのHPを上げる周回しかしていません。

このイベントの後も間髪入れずに次のイベントがやってきます。
実生活が忙しいので、今月は必要最低限の報酬を貰う程度の周回に抑えましょう。
少なくとも11時前の就寝を厳守する事を心がけます。
就寝時間が日を跨ぐのと跨がないのでは体の負担が大分違いますから。

正月姿で戦う最終皇帝(男)はもういない

先延ばしにしていた最終皇帝(男・女)の着せ替え衣装セットを期日ギリギリになって購入しました。

 

2つ合わせて有償3,000ジュエル、円換算で\,2940也。
今回欲しかったのは男で、本当でしたら女を購入する予定はありませんでした。
女のドットはアワードスタイルで十分だと感じていましたし。

しかし、半額で販売されるのは今回限りですし、せっかくの機会ですので男女セットで購入。
どちらか一方だけだと中途半端であるという気もしました。
ここで買わないと「半額の時に買っておけばよかった」と後悔しそうですし(汗)。

男はホワイトデー(未所持)と正月スタイルしか特殊なドットが実装されていませんでした。
ようやくイロモノではないまともなドットがやってきたという感じです。
2000万DLスタイルでもドットは通常SSスタイルと同じでしたし。
イラストは格好良いのですけどね。
正月衣装で戦う日々もこれでおさらばです。


ちなみに、プラチナガチャチケットが950枚以上の時に購入すると、下のような画面が出て購入できません。



最初は焦りましたが、思い当たる節は一つしかなかったので、すぐさまプラチナガチャを20連回してみる。
予想通り、その後は何の問題もなく着せ替えセットを購入する事ができました。

この不具合?に関しては公式Twitterでもアナウンスされています。
以前に購入した際は自動的にプレゼントボックスに入れてくれたと思ったのですが、気のせいでしょうか?


ガチャの結果ですか?当然のように爆死です。
と言いますか、大体のプラチナ限定SSスタイルは所持していますから、
新スタイルなんて早々出てこないでしょう。
希望の光アルベルト、欲しいですねえ。
プラチナ落ちした瞬間にSSフェルディナントを引いたので、全体的なガチャ運が悪い
という訳ではないと思います。

ただ、旧アルカイザーがサービス開始から2年近く来なかった人間ですので、出ない時はとことん何も出ません。
それはこのゲームではよくある事なので気にしていませんが、希望の光アルベルトで
そうなってしまうと少し怖いです。
まあ、着せ替え衣装セットを買う程度の微課金のプレイヤーがそれに悩んでも仕方ありません。
「忘れた時にやってくるだろう」くらいの気持ちを持ちながら、明日からもガチャを引いていきましょう。

遅ればせながら、2021年の初詣について語る

先週まで、下痢や大腸付近の痛み、おまけに口唇ヘルペスまで発生して日常生活を送る事自体が大変でした。
ただ、それも昨日と今日でようやく治まり始め、現在は元の体調に戻りつつあります。
正直、先々週からこの前の週末まで体調を整える事で一杯一杯でしたので、
ゴルフの練習を含めほとんど何もできませんでした。


唯一、この期間中にできたのは南湖神社での初詣です。

 

ちなみに参拝したのは1/16(土)、いくら何でも遅すぎですね。
本当でしたら成人の日を絡んだ3連休の時にお参りをすべきでした。
その時は、仕事初めの影響からか初詣の事が全く頭の中から消えてしまい、
思い出したのは連休明けの1/12(火)という有様に(汗)。

さすがに元日から半月以上経過しているだけあり、境内は閑散としていました。
と言っても、全く人の気配が無いという訳ではなく、多少は家族連れの参拝客の姿も。
私のように初詣の事を忘れていたとは思えませんので、密を避けるためにこの日を選んだのでしょう、きっと。



COVID-19の感染防止のため、拝殿の本坪鈴(今日初めて正式名称を知りました)は
鳴らせないように鈴緒が固定されていました。
家に帰ってから母にこの事を話しましたが、どうやら全国の神社でこのようになっているようです。
現在の状況を踏まえると当然ではありますが実際にこのような光景を見ると少し寂しくなります。



拝殿を向かって右側には本殿と拝殿の改修工事の看板が。
事業費用として8,000万円が必要みたいですが、これは近くのお偉いさんや
全国の神社関係者の方が何とかしてくれるでしょう。
私は奮発して500円のお賽銭をしてきたのでそれで勘弁して下さい(笑)。


参拝終了後、いつものように今年一年を占うおみくじを引いてみる。
正月のロマサガRSのガチャ運が微妙だったからこのおみくじは期待が持てるだろう。
と思いましたが、よくよく考えてみると、この前のRomancing祭(どんどんあがれ!花正月の大合戦開催記念)では、
一番欲しかったSS正月ヴァンパイアレディを10連目で当てていました。

 

この当たりの直後はSSシェラハまで追う事も考えました。
しかし、どうしても欲しい性能ではなく、今後のガチャでもっと良いスタイルが出ると感じたのでここで止める事に。
現在開催されているUDXガチャ(デス・ガラハド)も引こうかどうか少し悩んでいます。

話が逸れました。
直前にこのような形で運を使ってしまったため大当たりは期待できそうにありません。
「それでも何とかしてくれ~」と祈りつつ箱の中をかき回して籤を選びました。
そしてこのおみくじの運勢はというと、

続きを読む

はっきり言って、対抗制圧戦の調整は失敗

対抗制圧戦、皆様お疲れさまでした!

 


しかし、Twitterを見ると、制圧戦の進め方でいざこざが発生しました。
『制圧戦警察』なんて呆れた単語が出てくるほどでした。
以前にも日記に書きましたが、『○○警察』というネット用語は虫唾が走る、大嫌いだと言ってもいい言葉です。

「ソロゲーなんだから好きなようにプレーすればいいじゃん」

という達観したように見える発言をされた方もいらっしゃいます。
ですが、今回の制圧戦はマルチという他のプレイヤーと共同して進めるコンテンツです。
しかも、それがプレイヤー自身の報酬に繋がるシステムなのですからその言い分は通りません。
もちろんそのスタイルは間違っていませんが、不満の声を上げる人に対する回答としては不適格です。


一番の失敗は制圧戦の序盤で気絶周回が可能な拠点を置いた事。
雷電IIでバルカンの威力を弱体化させたくらい大きな調整ミスだったと思います。
気絶周回ができない事に不満を持ったプレイヤーの声に負けて設定したのでしょう。
そんな事をすれば最前線へ回らなくなる方が少なくなるのは自明の理。
このような簡単な事を読めなかったとは思いませんが、ここまで最前線に回る人数が減ったのは
恐らく予想外だったのではないでしょうか?

「制圧する時間が延びれば、仕事をしているプレイヤーの方も絵馬が取りやすくなる」

といった擁護の声もありました。
ただ、最前線で周回を行うのは単に絵馬が欲しいからだけではありません。
私のように『みんなで力を合わせて進行度100%を目指す』という一体感を味わいたい方もいます。
と言いますか、むしろ、それがマルチの制圧戦での一番の醍醐味であったはずです。
今回は足並みがバラバラであったためその高揚感が全くありませんでした。
イベントの供給過多で制圧戦に手が回らないという事情もあるでしょう。


今後の制圧戦の改善点としては、

1. 気絶周回が可能な拠点は、最後の最後(レイドボスの直前)に設定する

2. 制圧戦の開始時間を日勤の方に合わせて17時にする

3. 全制圧完了前までは能力値の最前線以外の能力限界値を低くする

でしょうか。
気絶周回が可能な拠点は絵馬の回収のために必要でしょう。
ですが、今回のようなタイミングで配置すれば最前線を周回しているプレイヤーが
損をするのは誰が見ても明らかです。

2に関しては夜勤の方には大変申し訳ないですが、昼間にプレーできない日勤の方や就学者に
合わせるべきだと思っています。
『家に帰ってきて制圧戦を開いたら全ての拠点が制圧されていた』というのは、
絵馬のドロップ以上に『参加できなくて面白くない』という感情の方が大きいです。
終わったお祭り会場を眺める事ほど虚しい事はありません。

3に関してはできるだけ最前線を回るメリットを増やすという意味で。
もちろん、その日に解放された全拠点の制圧後は、全拠点で最前線と同じ限界値に戻ります。
正直、プレースタイルを強制するのは私も嫌ですが、現状で不公平なシステムになっている以上、
このような形で無理矢理縛るのもやむを得ません。


今回の制圧戦について長々と書きましたが、私が一番言いたいのは、

「プレイヤーに媚びるな!Twitterに書き込んでいる方が全てではない!」

という事です。
そもそも、今回の対立を生みだした一番の原因は運営に他なりません。
このゲームをプレーしている方の中には、私や友人のようにTwitterをしていない人も大勢いるはずです。
そうした、声なき声に対しても運営の方はより一層真摯に受け止めて欲しいと感じます。

次回、感動の最終回!という所で足払い

1/5(火)から始まった年末年始休み明け最初の一週間が終わりました。
今週の職場は平和な状態でしたがどうなるでしょうか。
今日の定時間際に仕事が一気に入ってきたため来週は忙しくなりそうな気がします。
勤務日が4日間しかない影響で慌ただしく業務をこなす日々になりそうです。


今週のヒットマン、次回はいよいよ感動の最終回!
と思いきや、2週連続で休載かよ!
今までも、作者のやる気が無くなり最終回近くにも関わらず休載する作品はありました。
しかし、今まで休載した事が無かった(ですよね?)ので、こういう形で休載になるとは思いもよりませんでした。
ヒロイン様が死にそうな気がして少し不安ですが果たしてどうなるか。

私は決して作者のファンではなく、あくまでこの作品のファンです。
そのため、新作に関しては過去作品と同じような傾向でしたら、恐らく連載を追う事は無いでしょう。
最終回でジャンヌの出番は間違いなくあると思いますが、この雰囲気ですと若葉ちゃんは
話題にさえ出ないような気がします。
頑張れF県民、私はあなたがいたからヒットマンを応援してきたのです。
1コマくらいは顔出しをしてくれる事を祈っています。


2ヶ月前の日記で話題にしたSSジャンヌ(ロマサガRS基準)の性能。
あの記事を書いた当時は開幕グランクロスの事しか頭にありませんでした。
しかし、超感謝戦を経験した今では『こんな性能だったら絶対に復刻希望のスタイルになる』と強く思います。
百花繚乱を開幕3連発できる人材が気絶周回に駆り出されない訳がありません。
ひたすら虚無の周回を続け、私のSSディアナのようにHPが1400近くになる方が続出しそうです。

同時にラインナップされたヒロイン様の性能はきっとSSアルドラのような感じだったのでしょう。
ここ数週間は自分の身を削る展開が続いていたのでそうなるに違いありません。
やっとヒロイン様に使えるスタイルが来ても、今度は知力補正と素ステの限界値が高く
ピアスプリズム所持のSジャンヌが実装されるという。
純粋なヒットマンのファンと性能だけしか見ないプレイヤーによる煽り合いが凄まじい事になりそうです(爆)。

こんな修羅場になるような事をロマサガRSの運営は…やりますね、きっと。
あのゲームの運営の方は色々な意味でかなりおかしいですから。
個人的には特定のキャラだけではなく幅広いキャラのSSスタイルを出して欲しいです。
SSどころかSスタイルさえ存在しないキャラもいますし。
商売との兼ね合いが難しいと思いますがもっと頑張って欲しいです。
私のような

「SSジャンヌとSSカチュア・ラストルグエヴァ(サタノファニ)が出たら絶対天井まで引く!」

という人気キャラにしか目を向けないプレイヤーの責任もあるのですけれどね…

今年は波乱の年か、ロマサガRS

せっかく新年になったのですからお正月のガチャを引かないともったいない!
という事で、謹賀新年祭Romancing祭を回しました。
手に入るスタイルは特別優秀では無いのが気がかりですが、ここは景気よく。

それっ、えいやっと!

続きを読む

総戦闘力が400万を突破

この1ヶ月間、ロマンシング超感謝戦を周回し続けた結果、私の総戦闘力がようやく400万に到達しました。

 

年が明ける前に大台に乗せられて良かったです。
周回の成果もありますが新しいスタイルを獲得できたのも大きかったと思います。
サラとブッチャーなんてこの前の2周年Romancing祭まではキャラ自体持っていませんでした。

やり込んでいる方の中には既に500万を超えている方もいらっしゃるようです。
ただ、私が課金しているのは着せ替え衣装セットだけ。
その上、仕事中に周回をするなんてとてもできません。
このような状態ですので、私のような微課金勢・エンジョイ勢としては十分でしょう。
世界塔は130階で詰まっている腕ですが来年もまったりやっていきます。


振り返ってみると、先月初めに開催されたボストンの遠征特訓からインフレの加速度が増し、
それが今回の超感謝戦でこれまでとは比較にならない速さで一気に上昇したと感じました。
年末にこれまでの戦略を覆すほどの強力なスタイルが実装されていないにも関わらずこれです。
遠征特訓前の総戦闘力が、うろ覚えですが確か250~280万程度でしたので、
この2ヶ月間で一気に120~150万近く上がりました。

SS装備が大量に配布され、通常時のオーラムも配布量も一気に増えたのも大きいと思います。
確かにプレーしやすくなって嬉しい事は嬉しいのです。
ですが、去年クリアできなかったサンタ合戦(復刻イベント)のRomancingを
あっけなくクリアできた時には少し怖くもなりました。

果たして、この調子で来年は大丈夫でしょうか。
FFRKのようなインフレを起こさないように運営の方には十分気を付けて欲しいです。
そうならない事を祈りつつ、今年のロマサガRSの日記はこの画像で締めます。
2021年も周回を頑張りましょう。

ページ移動

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

過去ログ

Feed