エントリー

カテゴリー「国会図書館」の検索結果は以下のとおりです。

はじめての遠隔複写サービス

もはやライフワークになりつつある須賀京太郎が登場する同人誌の調査。
現在は駿河屋のサイトで検索をかけて新しい作品がないか定期的に調べています。

その中には駿河屋では在庫切れであるものの、国会図書館には既に登録されている作品もあります。
しかし、首都圏にいた頃ならともかく、F県に住んでいる現状では現地に向かい
直接資料を確認するのは容易ではありません。
そのためだけに安くはない交通費を払って東京に行くのも気が引けます。



ですが、少し前に

「それなら遠隔複写サービスを利用すればいいのでは?」

という考えが思いつきました。
図書の複写範囲は『著作物の半分まで』という制約はありますが、それだけでも十分です。

実は遠隔複写サービスについては以前から興味はありました。
ただ、中身が分からない資料でサービスを利用するのは少し不安であったため及び腰になっていました。
失敗して無駄な費用が発生するのも嫌でしたし。


それでも、色々悩んだ結果、

「ダメならダメで日記のネタにすればいい。とりあえずやってみよう」

という結論になり遠隔複写サービスの利用を決めました。

そして今回依頼したのは下記の同人誌です。


1. のどっち脱衣雀(ぷれあDeath/むつらすばる)

2. 和-Nodoka- でうふふ(きゃっきゃうふふ/秋津しの)

3. のどっちの麻雀日和(Twinkle star chocolate/高野りんね)

4. 一気通貫(推定部員/明音そーいち、苺大福/白咲深雪)


この中で京太郎の登場が確定している作品は1だけです。
2と3の作品に関しては中身が全く分からないためギャンブルになります。
なお、4は以前に私が寄贈した作品で京太郎は出てきませんが、
個人的に欲しいページがあったのでついでに依頼しました。

ちなみに思いっきり話が脱線してしまいますが、のどっち脱衣雀については
5月上旬にヤフオクで出品されていました。
当然私も狙っていていつも通り終了時間の20秒前に入札を試みる。

「これで落札できただろう」と思いきや、数秒後に高値更新の連絡が入ってしまう。
ウォッチリストでもう1人いたのは知っていましたが競合するのは完全に予想外でした。
相手は一歩も引かない入札者で商品金額が高くなる一方に。

結局、現在価格が\1,100になった所でここまでは出せないと諦め手を引きました。
相手の入札者はこの作品に対して並々ならぬ強い情熱を持っていらっしゃったのでしょうか、謎です。
熱くなって相場を考慮しなかった可能性もありますが。


閑話休題。
早速、依頼を掛けようと作品の書誌詳細を開きましたが、
ページの右上に『[複写用]記事掲載箇所調査』というボタンがある事に気が付く。
まずは本文が始まるページを調べて頂いてからの方がいいという事で、はやる気持ちを抑え依頼しました。

しかし、翌日の午前中、

「タイトル名と記事名等が判明していますので、掲載箇所確認を行わずに、直接複写をお申し込みください。
 ページ番号を指定しなくても、複写をお申し込みいただけます」

というメールが届きページの調査を謝絶されてしまう。
仕方がないのでそのまま4件の資料の遠隔複写を依頼する事に。


そして依頼してから8日後、国会図書館より下記のような連絡が入りました。

続きを読む

『互いの好き』がぶつかり合ったらどうすればいいのか

「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」マナーガイドライン

昨年、プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク(以下プロセカ)というゲームで
運営から上記のようなガイドラインが出されました。

正直に申し上げますと、原神同様このゲームをプレーした事はありません。
二次創作のイラストを見てキャラの性格を何となく把握している程度です。
この作品について知ったのも、全く関係がない単語の検索をかけた際、
アンチスレと愚痴スレが引っ掛かってしまったからという非常に後ろ向きな理由でした。

余談になりますが、初音ミクやボーカロイド自体に対して私自身、
ニコニコ動画での全盛期からあまり良い目では見ていませんでした。
アンチという訳ではありませんでしたが、無関心で遠くから眺めていたという感じです。
個人的には音声合成でしたらAquesTalk(ゆっくりボイス)の方が馴染み深いですし。


このマナーガイドラインを知った切っ掛けはTwitterの書き込みでした。
中身はゲームをプレーする以前の内容で、私も最初に読んだ時は何とも言えない気持ちになりました。
多くの方々から『道徳の教科書』と揶揄され、このゲームのプレイヤーの質の悪さが
公的に証明された形になったと思います。

とはいえ、大昔のネパワ(死語)時代でも有志によってこうしたマナー講座は作成されていました。
運営が公に発表したのは驚きましたが、ガイドラインの作成は決して悪い事ではありません。
このゲームのプレイヤー層は小中学生が多いという噂を聞きますし。

ガイドラインの作成自体が恥だという方もいらっしゃるかもしれません。
確かに自分がプレーしているゲームでこのようなものが作られたら
非常に情けないと感じますし凄く落ち込むでしょう。
しかし、こうしたガイドラインが必要な状況になってしまった以上、これは仕方ありません。
嘆いているだけではゲームの評判は良くはなりませんし。



さて、このガイドラインには

『誰かの好きを否定せず、お互いの好きを受け止められるようにしましょう』

という項目があります。
これを読んだ際、私は下記のような疑問が頭に浮かびました。

続きを読む

あの掲示板には思い入れはないけれど

最近は記事の頻度が減っていますが、相変わらず国会図書館への寄贈品を地道に集めています。
特に先週は長い間探し求めていた資料を入手する事ができました。
あれを発見した時は思わず商品ページで何度もF5ボタンを押してしまったほどです。
少し値が張りましたが購入できて嬉しかったです。

しかし、中には「この時に注文しておけばよかったのに!」と買いそびれてしまったものもありました。
このブログの中の人曰く

「まさかこれを買う人が現れるなんて全く思わなかった」

だそうです。
完全に油断していました、いつもの事ですね。
何度も同じような目に遭っているのですから少しは反省して欲しいのですが…



今日もいつも通り寄贈品を探すためにメルカリを見ているとトップページにこんな商品が。

続きを読む

久樹輝幸様より頂いた図書を寄贈

諸事情で記事にするのが遅くなってしまいましたが、
年明けに国会図書館へ寄贈した資料についての報告を致します。


 

・阿求日記 第百二十三季 第百二十四季之総集篇
・阿求日記 第百二十五季十二月篇
・阿求日記 第百二十五季二月篇
・阿求日記 第百二十五季三月篇
・東方シリーズ人気投票を2倍くらい楽しむ本
・東方コミュニティ白書
・東方コミュニティ白書・2011

今回は12年久樹輝幸様より頂いた図書を寄贈しました。
こちらは求代目の紅茶会科学世紀のカフェテラス)と博麗神社例大祭8で
久樹様と直接お会いした際に頂いたものです。
表表紙と裏表紙、小口に汚れがありましたが7冊とも無事に登録されました


 

・PARALLEL DREAMERS - the fantastic memorial fan books -

同時に求代目の紅茶会・科学世紀のカフェテラス(2011年2月20日開催)の記念合同誌と
イベントのカタログも送りました。
記念合同誌も汚れがあり心配でしたが無事に登録されました
未開封の音楽CDが付属されていたので担当書庫は音楽・映像資料室になります。

しかし、同人イベントのカタログはスーパーヒロインタイム2016秋のものと同様、
残念ながら今回も受け入れ不可となってしまいました。
コミケのカタログは登録されているのにこの差は何でしょうか?

小出しではなく一度に数回分まとめて納本しないとダメなのでしょうか?
もしかしてイベントに規模によって差別されている?
あまりにも酷すぎるのでそれはないと信じたいのですが…
いずれにせよ登録するためには主催者が納本受付の窓口に直接足を運び、
担当者を説得するくらいでないと厳しそうです。

続きを読む

雑多なジャンルの同人誌寄贈

須賀京太郎関係の同人誌寄贈の番外編です。
今回は今まで集めてきた同人誌(京太郎関係以外)の国会図書館への寄贈について報告致します。

なお、この時に咲-Saki-関係以外の成人向け同人誌も寄贈していますが、
諸事情によりそちらには触れませんのでご了承願います。

続きを読む

企画開始から7年、須賀京太郎関係の同人誌寄贈を開始

長かった国会図書館への寄贈の報告も遂に最終回。
前々回前回の続きで、今回は咲-Saki-の須賀京太郎関係の同人誌の寄贈について報告致します。
といっても、この時に寄贈したのはこれまで私が集めてきた作品のほんの一部です。

今回発送した作品はこちらです。

続きを読む

自分語りが中心となってしまった寄贈の報告

昨日の続きです。
本日は東方Project以外の寄贈について報告致します。
今回国会図書館へ送った資料はこちらです。

続きを読む

ページ移動

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

過去ログ

Feed