エントリー

カテゴリー「その他」の検索結果は以下のとおりです。

隣接する恐慌と憤怒

  • 2018/11/06 23:27
  • カテゴリー:その他
女性客と運転手が殴り合い、バス転落13人死亡


数日前に中国で先月発生した悲惨な事故。
YouTubeにはテレビ朝日による動画もあります。
原因が原因だけに本当にやりきれないです。
発端となった当事者は既に他界しているため怒りのやり場もありません。


この映像を見てからどうすれば良かったのか自分なりに考えました。

1.乗り過ごした乗客が次のバス停で降りた後、目的地に着けるルートを再度考える

2.乗客が信号などでの停止中に低姿勢で運転手に降ろしてもらえないかお願いする

3.殴られた運転手は恥を忍んでその場で乗客を降ろす

これらの事ができれば無関係な乗客を巻き込んだ事故は発生しなかったと思います。
4番目の選択肢として『他の乗客が喧嘩を止める』というのも考えました。
ただ、喧嘩が始まった時点で止めようとしても恐らく間に合わなかったでしょう。

全ては乗り過ごした乗客がパニックになり冷静な判断ができなくなった事が始まりです。
そして、殴られた運転手もブレーキを踏むどころか片手で応戦し、
挙句の果てにはハンドルを思いっきり回すほどヒートアップ。
ハンドルを極端に回したのは殴った乗客を威嚇するためだと思います。
実際、運転手が回した時は何の妨害も受けていません。

私はTwitterやヤフコメ連中のように中国人の気質から事故が発生したとは微塵も思いません。
このようなショッキングでありえない原因だったがゆえに世界的に報じられるのではないでしょうか。
実際、私が政治や経済、スポーツ以外のニュースを数日間考え続けるなんて非常に珍しいです。


今回の事故の教訓は『パニックって怖いな』という事。
また『パニックと怒りという感情は隣り合わせなのだな』という事です。
パニックに陥ると、第三者から見れば全く大したことのない問題でさえ冷静な判断ができなくなります。
そこに怒りという感情が加わればもはや収集がつきません。
自分だけではなく周りも巻き込んでしまいます。

私の好きなマリア様がみてるの9巻(チェリーブロッサム)にこんな話があります。
登場人物の一人である藤堂志摩子の実家はお寺。
通学している高校であるリリアン女学園はカトリック系。
その矛盾した信仰心を志摩子さんは深刻そうに抱えていました。
そんな志摩子さんの肩の荷を下ろすため、みんなはグルになり志摩子さんをヤラセ演劇に誘い出します。
そこでその事実を打ち明けさせるというドッキリ。

BGN(バックグラウンドノイズ)ですね。
当然みんなにとってそれは周知の事実であり、作者のあとがきの言葉を借りるならば

何だ、そんなこと悩んでいたの?

という落ちになる訳です。
しかし、あとがきでも書かれているようにこうした思い込みというのは決してオーバーではありません。
志摩子さんに限らず人間というものは知らない間に深い穴を掘るようにドツボにはまっていきます。

今回の事故で殴った乗客の怒りの原因も他の人から見れば些細な問題でしょう。
次のバス停で降りてそこで考えればいいじゃん、と。
ところが、その乗客が冷静な判断ができなくなった結果、運転手に怒りの感情をぶつけてしまいました。
その運転手も怒りの感情に巻き込まれ一緒になって深い穴を掘ってしまう事態に。
その結末は皆さんご存知の通りごらんの有様です。
無関係の乗客を道連れにして物理的にも深い河へと飲み込まれてしまいました。

交通事故に限らず、事故というのは複数の要因が重なって発生する場合もあるとはよく言われています。
今回の中国の事故はまさにその典型例でしょう。
繰り返しになってしまいますが、私が最初に上げた3つの内の1つでも実行できていれば
あのような大惨事には至りませんでした。
事故が起きても単なる物損事故で済んだと思います。
今回のように対向車や並行車を巻き添えにする可能性も当然ありますが。
(殴ってきた乗客に罪を着せるため、運転手がわざと事故を起こそうとした可能性がありますがそれは置いておきます)


人間の誰もが恐慌と憤怒の感情を持ち合わせています。
『私もこうならないように気を付けよう』と思っても実際に当事者になるとそれは難しいです。
だからこそ、自分という存在から一歩離れて客観的に見る・考える能力が重要なのだと思います。
そうすれば負の感情を爆発させるギリギリの所で踏ん張れるのではないでしょうか。
爆発させて気持ち良くなるのはその瞬間だけ、後にはマイナスの現実しか残らない現実が分かるはずですから。

どのようにすれば防げるようになれるのかは私にも分かりません。
私ができるのは、日常生活のちょっとした事でも自分の頭の中で考え、客観的・冷静に物事を見る力を
養っていく事くらい。
せめて自分で鍛えられる能力は少しでも高めていきたいと思います。

私のスマホもいよいよ推奨端末外に

私が現在使用しているスマートフォンのSH-03G
このスマホが来月からとうとうFFRKの非推奨端末になってしまいます。



推奨という単語を辞書で調べると『すぐれている点をあげて、人にすすめること』とありますが、
この場合は動作保証対象外という意味が正しいでしょう。
現在も非推奨端末のBNT-791W(2G)を多少問題を抱えながらも使用しています。
ですので、こうなった所で何か変わる訳ではありません。
ただ、公式から『おめーのスマホなんてもう知らね~よ』と言われるのは少しショックです。
これに『ああ、発売当時は\88,000強も払ったのに今では古い機種なのだな』
というダブルパンチも加わってなおさら。


購入してから3年と5ヶ月
赤い色に引かれたという理由だけで初めて買ったスマホがこの機種でした。
決して性能が悪い訳ではありませんが、本体上部が熱くなる事が多かったり
付属ソフトが邪魔だったりと不便な面が多々あります。
それでも、ネットやFFRKなどが正常に動作しているので買い替えるほどの不満は現在ありません。
FFRKに関してはロード時間がネオジオCDを笑えない時になる事がたまにありますが(汗)。

と言いますか買い替えたいと思えるほどのデザインの機種が無いのですよね。
キャリア別のものは悪い意味で無難になってきましたし、SIMフリー対応のものもいまいちパッとしません。
新機種の情報を細かく追っていけば見つかるのでしょうが、そこまでする気力もなく。

個人的にはなんでXperiaはラベンダーをやめてしまったのかと思っています。
数年前のガラケーだった頃でさえ『あのデザインと色はいいなあ』と感じました。
一向にこの色が復活しないのを見るとやっぱり人気がなかったのでしょうか。
Xperiaの新モデルを見るたびにこの色が無いかチェックしている程です。
別にアンチソニーではありませんしこの色が復活したら機種変も考えています。
可能性は限りなく低そうですが。

『はじめての三国志』に関する事柄

  • 2018/10/21 17:12
  • カテゴリー:その他

はじめての三国志というサイト。
記事の出典すらない典型的なアフィリエイトサイトで、私にとっては極めて有害なサイトです。
最近は三国志と全く関係ない、中国どころか日本の西郷どんの記事まで存在していますから
本当に金稼ぎに関しては節操がありません。

そんなサイトですから、検索候補にも『剽窃』という言葉が存在しているほど。


まともな歴史系サイトと全く繋がりがない点で信憑性はお察しという感じです。
研究心の欠けた低質なライターばかりが集まっているのでしょう。
まあ、低賃金・短納期で雇った人に学術書を探したり調べさせるのは土台無理な話です。
どこかの個人サイトからのコピーになってしまうのは必然とも言えます。
そんな仕事を請け負う倫理観・プライドの無さには反吐が出ますが。


以前にはニコニコ大百科Togetterでこのサイトの問題点をしている記事があったのですが
いつの間にか削除されたようです。
最近検索に引っかからなかったので不思議に思ったのですがこういう事でしたか。

しかし、今は記事を消されたとしてもアーカイブで見れる時代です。

ニコニコ大百科の『はじめての三国志』の記事

【剽窃】続・「はじめての三国志」の問題点について

ちなみに、2番目のアーカイブは『はじめての三国志 剽窃』でGoogle検索すると、
アーカイブサイトにURLを入力しなくても直接アクセスできてしまいます。

赤い四角で囲んであるリンクがそうです。
都合の悪い意見をWeb上から完全に排除しようとしてもそれはできないという事ですか。
お天道様は見ている、とはまさにその通りで。
私も悪事を働かぬよう気を付けなければいけないと常々思いました。

※Googleで検索しても出てこなかったのでこの記事のリンクを張ります(2020年3月30日追記)


余談ですが『○○警察』というネット用語。
私はとっては虫唾が走る、大嫌いだと言ってもいい言葉です。
確かに場の雰囲気を読まずに厳しく忠告するのはまずいかもしれません。
ただ、明らかに間違っている事を指摘するのは間違った事でしょうか。
それでこんな蔑称で煽られるのは不愉快極まりありません。
指摘側と受け手側の両方が意見を受け止められる度量の大きさも重要でしょう。

上記の事(お天道様が~)同様、私も謙虚に受け止められるように気を付けます。
気が短いほうですのでなおさら。

総理の椅子は今でも許さない

  • 2018/09/28 22:29
  • カテゴリー:その他
「100億の男」国友やすゆきが65歳で死去

ご冥福をお祈り致します。
が、総理の椅子の件は今でも許さねーからな!


最終回当時、メタルブラックと比較した日記を書くほど怒っていました。
さすがに5年も経ち、この時ほどの怒りはありませんがこの漫画と作者への評価は今も変わっていません。

この作者の代表作を見る限り、狭い世界のドロドロした人間関係しか描けない作風なのでしょう。
総理の椅子の連載終了後、ゴラクでの新連載を見た時は、

ああ、この作者に期待していた私が間違っていたのだな

とため息が漏れました。
斑鳩やシルバーガン、オウガ系のゲーム(伝説・TO・FFT)のようなテーマ性がある作品が描けるはずもなく。

せめて日本が戦争で滅亡した描写、戦争が阻止された描写があれば大目に見ていました。
意味ありげながら投げっぱなしにされた伏線や動機のしょぼさもチャラにしましょう。
ほぼ隔週の雑誌にもかかわらず、予告なしで休載になって何度もガッカリした事も加えますか。
その上で頑張って最後まで読んだ結末がアレでしたから、そりゃもう、ね。
マイナー雑誌のスペリオールでしたから騒がれませんでしたが、メジャー雑誌でしたら
今とは比較にならない程の叩かれ具合だったでしょう。


作者の死の直前まで、Wikipedia

ストーリー上の特徴として、「打ち切り決定による物語の急展開」が挙げられる。
サブキャラクターが突如として主人公に大きな影響を与える行動に出たり、
突然、特異な才能を発揮し出して物語が急展開し、物語が無事収束するといったものである。

とありますが、それって打ち切り漫画では普通の事ではないでしょうか。
このような事をわざわざ書かなくてもいいと思っていましたが、
頻繁に打ち切りに遭っていたから書いてあったのですね。
長年漫画家を続けていたこと自体は凄いと思いますよ、皮肉でもなんでもなく。


■2018年10月3日訂正
改めて調べた所、私が好きな漫画家は国友氏より年下だという事が分かりました。
私はてっきり高齢で父よりも年上だと思っていたのですが違っていました。
思い込みで記事を書くのはダメですね。
今回は反省します。

ほろ苦かったホールデビュー

世間では祝日ですが私は出勤日でした(しかも3時間弱の残業)。
ただ、昨日一昨日の連休で友人とゴルフに行ってきました。
しかも私が主催でホテルやコースのセッティングをして。

実はゴルフを始めたのは2ヶ月ほど前。
家でゴロゴロしていた昼頃、いきなりLINEでF県ゴルフ遠征(実際にプレーしたのはT県でしたが)の指令が入ります。
最初は乗り気ではありませんでしたが、断れる雰囲気ではなさそうだなと感じ急いで練習を始めました。
父が持っていたゴルフクラブは既に処分されてしまったため、指令の翌日にはクラブセットを購入。
(購入したのはワールドイーグル F-01αクロスモデル、ヨドバシで\29,700でした)
その後、週一回プロの方のレッスンを受け本番に向けて頑張りました。


そして迎えたプレー当日。
さあ頑張って打つぞ!

と意気込んだものは良いものの本当にボールが飛ばない&当たらないですね。
練習場では100ヤード弱は飛んでいたのでショックでした。
初めてのコースは悲惨な事になる、という話は父や周りの人から聞いていましたが
ここまで当たらないと正直凹みます。
練習で習った事が通用しないのではどうしようもありません。
というか傾いた状態でのショットなんて練習していませんよ(汗)。

それでも、終盤の16ホールあたりからはボールも少しずつ上がるようになりました。
ほろ苦いホールデビューとなりましたが、今後もゴルフをする機会はありますしもっと練習するようにします。
というか私がゴルフを始めて喜んだのは母でした。
普段体を動かさない私が運動するようになって良かったと。
思えば、実家に戻ってからは自動車中心な上不摂生な生活が続いていましたから、
こういう形で体を動かすのは良い事でしょう。

※前日に宿泊したホテルの話などはまた後日


そして全く関係ない話に飛ぶ。

続きを読む

見えないコメントを解決したい

今日は2年ぶりに3時間近くの残業でした。
なぜか次々と仕事が入ってきて定時内ではとても終わらせられなかったので。
とはいえ時給でしっかり残業代が出ると思えば仕事も苦にはなりません。
時給が高いとは言えませんので、せめてこういう所で稼がないと。

帰り道で昨日の日記に書きこまれたコメントをスマホから読んだのですが、その際に気になる事が。



このように長い文章の場合、こまめに改行しないと途中で読めなくなってしまいます。
タブレットで見た場合は下の画像のような感じになります。



スマホからよりはマシとはいえ、やはり途中から読めなくなります。
PCで閲覧する際のCSSファイルと異なり、スマホでの閲覧時のテンプレートはほとんど弄っていません。
やったのはなぞなぞ認証を追加しただけです。
だとするとこれはfreoの仕様なのでしょうか。
ブラウザをPC版サイトで見るようにすれば見られるようになりますが、
いちいちそうするのも面倒くさいです。


何かいい方法はないかとfreoの公式サイトを見ると、freoのファイルがVer 1.20.2まで
バージョンアップしていた事に気が付きました。
ちなみに私が現在使用しているのはVer 1.19.3、5年も前の物ですね。
Web Diary Professionalから移行して以来、公式サイトをほとんど見ていなかったので
全く気が付きませんでした(汗)。
ああ、作者はfreoを見捨てていなかったのだな、と少し安心しました。

今回の問題の解決に直接結びつくかは分かりませんが、時間があったら明日にでも
ダウンロードした差分ファイルをアップロードします。
解決しない可能性が高そうですがやらないよりは、という事で。


■2020年3月30日追記
重い腰を上げてこの不具合を解決しました。
方法はこちらの記事をご覧ください。

ゼブラ、健闘むなしく?

  • 2018/09/17 23:45
  • カテゴリー:その他
今週のキン肉マン、ああ、ゼブラ…



五王子(厳密には四王子ですか)のうち誰かは負けるのではないかと思っていたので、
ゼブラが負けそうになる事自体に驚きはありません。
旧版でも火事場のクソ力を封印されたスグルに負けた超人ですし。

ただ、マッスルインフェルノってステカセ版を含め誰もKOできていない技なのだなと思いました。
威力を発揮したのが愛馬のキッドだけというのは悲しすぎます。
(これをKOというのはさすがに無理があるでしょう)
シルバーマンは何でこんな技を三大奥義にしたのでしょうか(汗)。
この件についてはちょっと反省して欲しいです。
ビッグボディの偽マッスルリベンジャー(SFCのゲームで使える技)の方がよっぽど強そう。

と言いますか、マリキータマンってかつて批判した時間超人並になんでもありですね。
持ち技を列挙したTwitterの書き込みを見た時は思わず笑ってしまいましたよ(全19技)。
特に今週も繰り出した天道羽根抜刀の性能は卑怯すぎ。
この漫画で安易な刃物系の技はちょっと萎えてしまいます。
それでもルックスが良ければ支持もあるのでしょうが、この外見ではそれも期待できません。


画像のフェイバリットホールドが恥ずかし固めな事は置いておきます。
恥ずかし固めと言えば対戦ホットギミック、懐かしいですね(ゲーム中の表記は辱め固め)。
少し調べたらホットギミックシリーズの最新作?がSwitch版も出ているようで。
さすがにエロはもちろん新声社爆発も無いみたいですが。
それで\2,700という価格は強気どころの騒ぎではありませんね。
ストライカーズ1945(初代)IIは\864というお手頃価格ですのに。

最近はもうシューティング・アーケード熱はありません。
もう一度斑鳩のハイスコアに挑戦してみようかな、と思うくらいで。
まあ、やり込むゲームはふとした切っ掛けでできるものなので、今はその時を待つ事にします。

ページ移動

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

過去ログ

Feed