エントリー

カテゴリー「ゲーム」の検索結果は以下のとおりです。

究極的な難易度は本当だった

  • 2022/10/31 19:30
  • カテゴリー:ゲーム
一昨日(10/29)、某所の究極タイガーの配信を見ていました。
まさか、あのような有名なゲーセンで1周クリア者さえ現れないとは…
最高到達地点は9面で最終面を拝む事さえ叶いませんでした。

続きを読む

不吉な予感があったヤフオク!の出品

  • 2022/10/24 19:37
  • カテゴリー:ゲーム
本日ヤフオク!で下の画面を見て感じた事。


続きを読む

イメージファイトについて感じた事

  • 2022/07/17 21:28
  • カテゴリー:ゲーム
某所のイメージファイトの配信を見て感じた事。
まず後ろから出てくる敵が多くて開発者の性格は非常に陰湿だなあという事。
次に連射装置があってもこのゲームは決して簡単ではないという事。
そして、ネットの動画などで感覚が麻痺しがちですが、1周目からこのゲームは十分難しいという事です。


改めてこのゲームのプレーを見ましたが既に4面の時点で敵の猛攻が激しいですね。
上下から敵と弾が向かってきて更に地形まであるというのですから。
覚えたら楽勝という訳ではなく覚えても辛そうです。

その他のステージを見ても、3面ボスのように覚えていなければどうしようもないシーンもあります。
また、連射装置があっても敵がすぐに倒せず「このゲームってここまで敵が硬かったっけ?」と思いました。
ボスの瞬殺が印象に残っていただけにこの硬さには少し驚きました。
なにせアイテムキャリアーでさえショットですぐには壊れてくれませんから。
連付きでこれですから連無しで2周クリアをされた方は本当に偉大だとしか言えません。


アイテムの仕様や敵の破壊率(と補修ステージ)などマニアックな要素が多いこのゲーム。
高威力の波動砲や弾を防ぐフォースなど比較的キャッチーだった初代R-TYPEとは対称的です。
難易度の話を置いておくと全体的に地味な印象はぬぐえません。

ただ、味のある要素があるのも事実で、ハマる人はとことんハマるゲームなのかなと思います。
敵を倒した時の効果音が気持ちいいですし少しずつ攻略していく楽しさがあるのではないでしょうか。
私もそうしたゲームをプレーしてきたのでその気持ちはよく分かります。
それでもこのゲームは少し難しすぎると思いますが(汗)。
1周クリアできればその方はシューティングが上手い方であると言っていいでしょう。

KOF NEOWAVEのサントラを購入

  • 2022/05/07 20:44
  • カテゴリー:ゲーム
以前にも話題にしましたがKOF NEOWAVEのサウンドトラックを購入しました。

 

BEEPで送料込みの\2,500で購入しました。
表面は若ギースと京のツーショット。
裏面はなぜか曲名の表示が時計回りに90度回転しています。
ケースを回転させないと収録曲が分かりにくいです。

余談ですが、若ギースはアレンジサントラではピンで表紙を飾っています。
人気キャラとはいえ、主人公ではなくラスボス単独で表紙を務めるのは結構珍しいです。
世間ではこのキャラへの印象が相当強かったのでしょう。
龍虎の拳2以来の出場である事と課金キャラというインパクト、ゲーム内の性能などから、
このゲームを代表するキャラである事には間違いありません。
NEOWAVEのマスコットキャラと言ってしまってもいいと思います。

続きを読む

KOFついて色々と語る

少し前にKOF15が発売された影響か、私の中でKOF熱が高まっています。
といっても、過去作のBGMを聞いたり対戦動画を見たりしているだけで、
ゲーム自体をやり始めた訳ではありません。
筆者のようなおっさんが今からプレーを始めるのは無理とまでは言いませんが非常にしんどいです。

続きを読む

11年ぶり?ネオジオ関係の謎の雑誌を購入

  • 2021/06/13 14:11
  • カテゴリー:ゲーム
ヤフオクでゲームチャージの1994年8月号(VOL.5)を落札しました。

 

価格はクーポン使用の送料・落札手数料込みで\2,610也。
定価(\680)の約3.84倍の金額です。

11年前のネオジオコミックの時のように、これまた変なものを買ったなあ」

と我ながら思います。
中身は比較的綺麗ですが、表表紙と裏表紙はボロボロでコンディションが良いとは決して言えません。

続きを読む

ネオジオCD(フロントローディングタイプ)の分解記

  • 2021/05/07 05:32
  • カテゴリー:ゲーム
前置きとして、今回、私はネオジオCD(フロントローディングタイプ)から
システムROM(いわゆるBIOSの事)の吸い出しを試みましたが、それに失敗しました
その失敗の原因は、ICチップを強引に外そうとした際の破損という非常に情けないものです。
吸い出しの『す』の字にさえ到達していません(汗)。


本来でしたら、新しいネオジオCDの本体を購入して吸い出しが完了するまで、日記は書かないつもりでした。
しかし、この事をいつも楽しんでいる配信者の方に伝えた所、

「作業中は誰でもムキになるから失敗は仕方ないです。分解の内容だけでも記事があれば見てみたい」

という旨のお言葉を頂きました。

実はフロントローディングタイプのメイン基板はこちらのサイトで公開されています。
実際、私も上記サイトの情報があったからこそシステムROMの吸い出しをしようと決意しました。
それでも、上記の配信者の方からのご要望もあり、

「これは日記に書かないといけないな」

と感じ、分解の内容だけでも記事にする事にしました。
自分の備忘録も踏まえて。

続きを読む

ページ移動

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

過去ログ

Feed