エントリー

2020年03月の記事は以下のとおりです。

2020年度に向けて

  • 2020/03/31 20:03
  • カテゴリー:日記
今日で2019年度が終わりです。
COVID-19の影響で年度の区切りを感じる余裕がありませんが明日からは2020年度がスタートします。

昨年末も語りましたが、2019年度で一番大きかったのは昨年6月のゴルフ遠征での体調不良でしょう。
年度単位で考えると開始直後にいきなり躓いた格好になりました。
それを秋頃までズルズル引っ張ってしまったのはまずかったです。

それでも下半期の後半は落ち着きを取り戻せたと思います。
会社の仕事も順調ですし良い流れで2020年度に入れるのではないでしょうか。
一時期は完全にサボっていたゴルフの練習も再開していますし。

2020年度になったからといっていきなり世界が変わる訳ではありません。
これまで以上に気を引き締めて1日を大切に過ごすようにしていきます。

これでAndroid端末から閲覧しても安心

  • 2020/03/30 20:48
  • カテゴリー:その他
重い腰を上げて、スマホ(というかAndroid)で閲覧した際にコメントが途中で切れてしまう
という不具合を修正しました。



修正前と比較すると少し文字の大きさが大きくなり見栄えが悪くなってしまいました。
それでも、これで問題なくコメントが読める状態にできたのでホッとしています。

試行錯誤をした結果、修正方法は意外と単純である事が判明。
『\freo\templates\iphones\internals\view』に入っている『default.html』の
143行目を下記の通り修正するだけです。

{$comment.text|nl2p|autolink} → {$comment.text|nl2br}

これで上の画像の様にコメント欄の全ての文章を表示させる事が可能になります。


個人的には前述したフォントなどもう少し手を加えたかったです。
しかし、freoで使用しているSmartyの機能では私のやりたい事ができないと感じ、
コメントの表示だけで妥協しました。
疲れてそれ以上手が回らなかったという事情もありますが(汗)。

autolinkの機能はこれを残しているとコメント欄に不具合が発生するので削除しました。
ただ、Android端末の方でしたらURLをコピー&ペーストするのも容易です。
お手数ではございますが手動でブラウザにURLを張り付けて頂くようお願いします。
(パソコンで閲覧されている方は引き続きこの機能は有効になっています)

これでスマートフォンなどでご覧頂いている方に対して少しだけ優しいサイトになりました。
修正できたのは良かったですが1年半近く放置していたのはいただけません。
今度サイト内の不具合が発生した場合は素早く対応したいです。

2回連続でゴルフの中止が決定

  • 2020/03/28 20:26
  • カテゴリー:日記
本当でしたら、明日は友人達と茨城県へゴルフをする予定でした。
しかし、今日の遅くから明日の朝にかけて関東地方で雪が降るとの予報が出たため、
今回もゴルフが中止となってしまいました。

幸い前日にもかかわらずキャンセル料は発生しませんでした。
それでも、2回連続で天気の影響で中止になるなんてついていません。
今回はクラブケースを購入してゴルフへ行く気満々の状態だっただけに辛いです。

雪が逆に雨になったり3月なのに寒い中でプレーしたりするのは嫌ですので仕方ありません。
首都圏ではCOVID-19の影響で外出自粛要請が出ているので、天からゴルフへ行くなというお達しが出たのでしょう。
今日と明日でゆっくり体を休めるようにします。

明日は天気が回復すればゴルフの練習に行きたいです。
今週からウッドの練習を始めましたがなかなか思うように飛んで行ってくれません。
せめて今のアイアン並に飛ぶようにして形だけでもラウンドできるようにしたいです。

私とビッグ・ザ・武道は何も間違っていない

  • 2020/03/27 21:50
  • カテゴリー:その他
『キン肉マンの突っ込み所』としてTwitter上に挙がっていたこの場面。

この画像のおかしいところって…
※キン肉マン 21巻 覆面の理由!!の巻 128ページより引用(ちなみに2010年8月25日発行版)

正直に言います、本当に正直に言います。

続きを読む

何も原作をなぞらなくても

  • 2020/03/25 22:34
  • カテゴリー:その他
先週も日記に書きましたが、今日から咲-Saki- re:KING'S TILE DRAWの配信が始まります。
しかし某所の書き込みを見て読む前から嫌な雰囲気が漂う事態に。
とは言え、読まない事には何も始まりませんので勇気を振り絞ってこの作品に手を取りました。

あー、須賀京太郎くんは男の子のままなのですね。
あの世界の全員の性別が反転すると思っていたので女の子になるものとばかり思っていました。

内容は清澄高校の部員を男体化しただけで原作の第1話とほとんど同じです。
演出が多少変わっているかなと思う程度で。
せっかく企画したのですからもっと大胆に構成を変えて欲しかったと感じました。
キャラの名前も無理矢理変えた感じがして窮屈な印象を受けます。

あと、絵柄が今年で37歳になるおっさんにはキツイです。

 

アプリ版ガンガンONLINE掲載の『咲-Saki- re:KING’S TILE DRAW』第1話より引用

アプリではスマホから直接スクリーンショットが撮れません。
そのため、デジカメでスマホごと撮影しその写真を加工して引用しました。
私のスマホが傷だらけである事は見逃して下さい(汗)。

それにしても、スクリーンショットの件はともかくこのアプリの使いにくい事と言ったら。
このソフトウェアの出来で他社の漫画アプリと戦うのは少々無謀ではないでしょうか。
読者にとって漫画の内容が重要であるのは当然ですがアプリの使い勝手という面も無視できません。

話が反れてしまいました。
月1回の更新という事もあり私はここで脱落。
画風の問題もありますが、掴みである第1話で原作をなぞったようなものを見せられると期待が持てなくて。
京ちゃん関連で大きな動きがありましたらアプリを再インストールしましょう。


白状します。
実は、この作品が掲載されるのはビッグガンガンであるとスーパーブックス新白河店
レジ前まで思っていました。
今月号の表紙でこの作品に全く触れていなくておかしいな、と思い私がリンクを張った記事を再確認。
そこで初めてWeb(しかもアプリ)限定である事に気が付きました。
私の一方的な勘違いで\620(税込)を無駄にする所でした、危ない危ない。
同時に「無料で読めるんだ、ラッキー!」とも思いました(笑)。
ダメですよ、記事の文章はしっかり読みましょうね。

最近は仕事でもそうですが集中力が欠けているのでしょうか?
当然手を抜いている訳ではありませんが凡ミスが目立っています。
集中するにも余裕が必要です。
もうすこし肩の力を抜いて取り組んでいきたいと思います。

一点狙いで推しキャラ大当たり

やったー!
復刻ロマンシングフェス(セルマ)で推しキャラであるヴァンパイアレディの限定SSスタイルが当たりました。

 

しかも、使用したジュエルの数は9,000個(30連目)での引きです。



ちなみにガチャの結果画面から現在のメダル枚数を確認する方法はるうとさんTwitterでの呟きで知りました。
今までは何連回したのか交換所に行っていたので確認作業が非常に楽です。
貴重な情報をありがとうございます。

今回は完全に天井覚悟で臨んでいました。
ジュエルも丁度45,000個貯まったので全部使って出なかったら仕方ないと割り切っていたので。
そうしたら何とこの結果です。
所持していない水着セルマではなく、去年当てた花嫁エミリアを当てる展開を
予想していたので良い意味で裏切ってくれました。
SSスタイルはヴァンパイアレディだけでしたが十分でしょう。
前回のUltra DXガチャで運が悪かった分を取り戻せました。

10~20連目の間は演出もショボくて『今回もダメか』というオーラが漂っていました。
実際、30連目の演出も微妙で『どうせ当たらないのだろう』と思っていただけに本当に予想外でした。
攻略サイトには微妙と書かれていますが、良いのです、好きなキャラを入手する事に意味があるのです。
このスタイルはイベント限定で次にいつ手に入るか分かりません。

もちろん戦力的には突アタッカーが補強される水着セルマの方が良いのでしょう。
年末年始にクリスマスコーデリアと正月スービエを当てたとはいえ突アタッカーはまだ不足気味ですし。
とは言えスマホゲーは常にインフレしていくもの。
数ヶ月後には今までより強い突属性キャラが登場するでしょう。


今日は枕を高くして眠れそうです。
残りのガチャに関しては明日以降にどうするか考えます。

とりあえずダルシム三昧

  • 2020/03/21 20:06
  • カテゴリー:ゲーム
試しにゲーセンでXダルシムを触りましたがやっぱり難しいです。
個人的には中距離戦が苦手であると感じました。
この間合いで飛び込まれると近距離中パンチや弱パンチの対空も効果が薄いです。
ですので強制的にこの間合いになる開幕が厄介です。

手っ取り早いのはズームパンチなどで間合いを離す事でしょう。
ですが、相手に相打ち上等で強パンチや強キックを出されるとますます弱気になってしまいます。
実際にCPUのザンギエフにこれをやられてゲームオーバーになってしまいました。

他にもスライディングの使い分けができていないなど散々でした。
分かったのは飛び道具を抜けられるのは隙が大きい強だけである事。
遠距離で抜けても硬直時間中に反撃される可能性があるので近距離での読みですね。
ダウンした後はこちらのペースになりますから大きいです。


1コイン2クレジットでしたので2回目はNダルシムでプレー。
こちらは数回負けましたが何とかクリアできました。

このプレーで分かったのは四天王戦はバルログとベガが課題である事。
バルログは角度のあって判定が強いジャンプ攻撃を安定して返せる技が分からない。
ベガはふんわりしたジャンプのせいで遠距離からの対空が安定しない、といった感じです。
両者とも近づかれると怒涛のラッシュが始まるので防戦一方になってしまいます。
画面端に追いつめられるともうお通夜です。


両バージョンで感じた事ですが、ヨガファイヤーが画面端に消えた後、
再度コマンド入力をしても出ない事がありました。
私の入力が下手なだけならいいのですが、まだ画面上に残っている判定で入力している可能性もあります。
その辺りも見極めないといけません。
こうした事もプレーしていくうちに追々分かってくるでしょう。
今は練習あるのみです。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

過去ログ

Feed