エントリー

カテゴリー「ゲーム」の検索結果は以下のとおりです。

『黄色い端子』を終わらせたHDMIの功績

  • 2013/08/12 19:33
  • カテゴリー:ゲーム

仕方が無いので、amazonでゲームキューブ用S端子ケーブルを購入。
料金は送料無料で\380也。

仕方なかった・・・仕方なかったんですよ。
最初は、

「さすがにS端子のケーブルならすぐに見つかるだろう」

と高をくくっていました。
しかし、地元の中古ゲーム屋で探しても
置いてあるのは黄色の端子のビデオケーブルばかり。
D端子やコンポーネントはおろかS端子さえ満足にありません。
どうしようもないのでamazonを頼る事に。
今日の朝一で注文したので明日には届くでしょう。
明後日からはお盆休みですので思いっきり斑鳩を楽しむ事にします。
・・・ゲームをするだけですのに何でこんな苦労をする必要が(汗)。


さすがにwiiやPS3用のビデオケーブルは中古でも種類が豊富にあります。
しかし、ゲームキューブやPS2(あとドリームキャスト)以前の時代のゲーム機では、
全くと言って良いほど見掛けませんでした。
この事はこの時期まではいかにコンポジットが多かったかという証左だと思います。
S端子のビデオケーブルの出回りもそこまでではなかったのでしょう。
実際に、私も当時はテレビが14インチのモノラルしかなかったのもありますが、
ゲームキューブにはコンポジットを使っていましたし。
コンポーネントは使うには手間が掛かるので(PC用モニタにXSELECT-D4を使用)
ほとんど使っていませんでした。

そう考えると、『黄色の端子』から取って代わったHDMIの功績は大きいと思います。
画質を向上はもちろんですが、1本のケーブルだけで簡単に繋げるようになった事。
そして、画質の悪いコンポジットを『駆逐』し標準化させたのは革命的です。


出た当初は、BDと同様理解されにくく普及するまでは大変でした。
『画像なんて今のままでも十分。新しい規格なんて必要ない』
という意見も多かったです。
そのような中でここまで広まったのは、
(国の意向もありましたが)多くのメーカーの企業努力があってこそ。
技術者や生産者、営業マンの方々のおかげです。
新しい規格を広めるにはパワーがいるなあ、と改めて感じました。

ビデオケーブルにプレミアが付くご時世

  • 2013/08/11 17:47
  • カテゴリー:ゲーム

という訳で、GCで斑鳩をプレーするために中古ゲーム屋に行く事に。
自分の部屋にはPC用で使っていたW240Dしかないため、
これに繋げられるコンポーネントビデオケーブルを探します。
せっかくですから縦画面でプレーしたいですし。
さすがにこの時代に黄色の端子はないでしょう(汗)。

さっそく近所の中古ゲーム屋を回りましたが・・・見つかりません。
話によると、ゲームキューブ用のD端子ビデオケーブルと
コンポーネントビデオケーブルはプレミアになっているようです。
Amazonで見てみると両方とも\10,000を超えています。
どうしてこうなっているのかというと、
ゲームキューブの値下げ時にデジタルAV出力端子を削除してしまったため。
ゲームキューブでしか使えず出荷数も多くなかった事から、出回りが悪いようです。

こんな事になるのでしたら
コンポーネントビデオケーブルを捨てるんじゃなかったです。
当時は『wiiも出始めたしGCなんてもう動かさないだろう』と思っていたので。
そういえば、ゲームボーイプレイヤーもその時一緒に捨てましたっけ。
今は大丈夫ですがそのうち困りそうな雰囲気が。

ビデオケーブルここまでにお金を払うくらいなら素直にwiiを買いますよ。
手元にはWii専用コンポーネントAVケーブルがありますし。
ただ、この時期に斑鳩のためだけに\10,000に払うのは辛いです。
将来的には色々なゲームをやるとはいえ。
W240Dで動かす事はひとまず置いておいて、
他の液晶テレビにS端子ケーブルを繋いでプレーするのもありでしょう。
せっかく縦画面でプレーしようとしたのに・・・少し凹みます。

NESiCAxLiveに超大物が出現

  • 2013/08/10 23:19
  • カテゴリー:ゲーム

いつも通り雷電IVをやりにゲーセンに行ってみると
NESiCAxLiveの筐体に見覚えのあるゲームが。
白と黒を基調としたシューティング、そう斑鳩です(カラスじゃない)。

まさか斑鳩がNESiCAxLiveに入るとは思いませんでした。
斑鳩を入れてくれたNESiCAxLiveとこのゲームを入れてくれたゲーセンに感謝感謝。
インカムが取れないゲームですが、
こういう形で稼働されるのでしたらゲーセン側に迷惑はかからないでしょう。
MVSのようにカートリッジの事を考えずに済みますし。

最初は少し戸惑いましたが、せっかくだからという事でコインを入れる。
このゲームをプレーしたのは実に10年ぶりでしょう。
当時はゲーセンで頑張ったりGC版を購入したりしましたが、
どう頑張っても3面までが限界でした。
2面から急に難易度が上がり、
3面でまた突き放す形になるので着いていけませんでした。

とりあえず、好きなステージを3回プレーできるCHAPTER SELECTを選択。
難易度はEASY、面は1・1・2の順番でやりました。
結果は、覚えていないと話にならないゲームでしたので察して下さい。
1面の稼ぎなんてほとんど覚えていませんでした。
2面の中盤以降もボロボロで生き残るだけで精一杯でしたし。
ただ、2面ボスだけは意外とあっさり倒せました。
こいつには何度も辛酸をなめられただけに体が忘れていなかったようです。


あー、でも名作だけにやっぱり面白かったです。
地元のゲーセンでこうした名作がプレーできるのは大きい。
せっかくですからもう少し頑張ってみましょうか。
幸い手元にはGC版が残っていますし。
ただ、家にはGC本体がありますがビデオケーブルが行方不明です。
XBOX360版もありますがわざわざ同じゲームを買うのも微妙です。
GCのビデオケーブルを買うのも良いですが、
それでしたらいっその事Uじゃないwiiを買うのも1つの手。
特にwiiのバーチャルコンソールはwiiでしかできませんし(ひどい仕様だ)。
パルスターとかブレイジングスターもやりたいのですよね。
wiiに関しては先を見越してコンポーネントAVケーブル
既に購入しているので本体を購入すればOKです。
その辺りは優先順位を考えて決める事にします。

NESiCAxLiveの恩恵を受けるのは田舎

  • 2013/07/31 23:47
  • カテゴリー:ゲーム

最近はゲームセンターでNESiCAxLiveの筐体に入っている
雷電IVをボチボチプレーしています。
とはいえ、目的はほとんど1~3面のBGMを聞くためであり、
ゲーム自体はお世辞にも面白いとは言えません。
雷電I・II・DXが同時に稼働していたらお金は恐らくそちらへ入れると思います。
ただ、このNESiCAxLiveの筐体以外にはシューティングが全くないのが現状です。
多くのゲームが入っているNESiCAxLiveというサービスと、
この筐体を入荷したゲーセンには感謝すべきでしょう。

面白くないとはいえ雷電IVをやっているのは
NESiCAxLiveに入っているシューティングの中で一番遊びやすいから。
赤い刀トラブルウィッチーズはとっつきにくい感じがしますし、
雷電IIIはIVと比べると少し遊びづらいので。
IVはLIGHTを選べばヘタレな私でも3面ボスまでは十分楽しませてくれます。
オート連射なので田舎のしょぼいゲーセンでも快適に遊べるのがグッド。
尤も、敵の耐久力などはそれを考慮して設定されているので
特別楽になっている訳ではありませんが。
むしろ、過去作より敵が固くなっていてなかなか倒せず、
ピンチに陥る事も結構あります。
それでも、大音量のBGMを聞きながら適当に遊ぶには丁度良いです。
本腰を入れてプレーすると楽しめなくなりそうで(汗)。


今では家で数多くのシューティングができます。
しかし、ゲームセンターでお金を入れてプレーするのはやはり違います。
東京のゲームセンターが少し恋しいです。
行けなくなって初めてこの辛さが分かります。
向こうにいた時にもう少し通っていれば良かった・・・
と言っても仕方がありません。
NESiCAxLiveにレイフォースが入るといいなあ。

再びゲームにハマりたい!

  • 2013/06/30 02:23
  • カテゴリー:ゲーム

実家に戻ってから全くゲームをプレーしていない今日この頃。
持ってきたPS3とXBOX360、アーケードスティックは
未だにダンボール箱で眠っている状態です。
それ以前に持ってきたデスクトップPC自体開封されていないのですが。

最近はゲームに関しては動画を見るだけで満足してしまっています。
アーケードゲームに関してはゲーセンがこちらにほとんどない以上、
プレーするモチベーションが上がりません。
家庭用ゲームに関しても『これがやりたい』と思うようなゲームが無い状態です。
少し前までと比べれば、ネット対戦が容易に行えるなど
ゲームを取り巻く環境はかなり恵まれています。
しかし、やりたいゲームが無ければそれも宝の持ち腐れ。
ゲーム機本体も高価な漬物石に。

まずは現在積んでいるゲームから取りかかるべきでしょうか。
ただ、好きでもないゲームを嫌々やるのも問題です。
ゲームショップに定期的に通って興味があるゲームを探すのも手かもしれません。
ゲーセンで少しプレーしたゲームにはまっていくように。


ゲームが楽しめなくなってしまうのは歳のせいでしょうか。
私より年上の方で楽しんでいる方がいる以上それは言ってはいけませんが。
ハマれる物が無いのは精神的に辛いです。

もう武将風雲録は勘弁して下さい

  • 2013/06/25 19:24
  • カテゴリー:ゲーム

コーエーテクモ、「信長の野望」と「三國志」がニンテンドー3DSに登場!

ま た 武将風雲録か。
ま た 三國志Vか。

どちらも3じゃないDSの方で既にアレンジ移植されています。
追加要素はありますがまたこの2作品のアレンジ版を出すというのも妙な話です。
シリーズの中でも人気がある作品を出すという意図は分かりますが、
また同じ作品をベースに出されても・・・
3DSではDSのゲームができますし。
というか信長の野望はGBA版も武将風雲録ベースでした。
これで任天堂携帯機では3回連続で武将風雲録が出される事に。

どうせでしたら、信長の野望なら天翔記、
三國志ならVIIなどをアレンジして欲しかったです。
3DSになって性能も向上しましたし、
もう少し最近の作品に目を向けてもいいと思います。
PSP以上の性能を持っているのですから
近年の作品はスペック上無理と言って欲しくありません。
尤も、PSPで発売された作品は『過去に移植されたシリーズの移植』でしたが。

色々言いましたが、実は信長の野望は武将風雲録と将星録、
三國志はIVしかまともにプレーしていません。
覇王伝は少しやってみましたがあまりのシステムの複雑さに挫折しました。
前述した天翔記や三國志VIIをじっくりやってみようかなあと思ってます。

これでネオジオから解放・・・されるはずだったのに

  • 2013/03/17 21:16
  • カテゴリー:ゲーム

 

公約通り?Heyに設置されてあったミューテイションネイションをクリアしました。
今回は少し稼ぎを頑張ったので3,072,000点です。
普通にクリアをしたら3,000,000点に届くか届かないかですので
それなりに検討したといえるでしょう。
3面のボスでピンチに陥ったり、
最終面の最初のボスラッシュで必殺技を暴発させるなど
内容自体は非常にグダグダになりましたが(汗)。

スコア画面の画像でお分かりの通り、
今回は3面で1度ゲームオーバーになりました。
ただ、ゲームオーバーが1回で済んだというのはなかなか上出来だったと思います。
なぜなら、数日間特訓して通しのプレーで成功したのが1度だけだったからです。

今日秋葉原へ行く事は分かっていたので昨日は猛特訓しました。
しかし、稼ぎプレーとなると3面がなかなか安定せず、
今回ゲームオーバーになったのもその3面でした。
このゲームは残機という概念が存在せず、
またクリア後の体力回復がないので一度ピンチに陥るとジリ貧になりがちです。
また、5面は全体を通して難しく稼ぎを考えている余裕もあまりありません。
そのため、今回のスコアも危ない場面を必殺技ですませるという
安全スタイルを採ったものです。
その影響で、自己ベストからは20,000点近く落ちてしまいましたが
仕方がなかったと思います。
無茶なプレーをしていれば、
スコア画面の『K.F』の羅列がさらに増えていた事でしょう(爆)。

実は、スコア画面の撮影もなかなか上手くいかず、
人が多い中で何度もやり直していました。
もちろん、撮影が上手くいかなかった時はゲームセレクトボタンで
他のゲームのデモを飛ばします(笑)。
幸いにも、今回の撮影は3回で済みましたが
あまりに挙動不審でしたので不審者に思われた事でしょう。
携帯電話での写真撮影の下手さは、
1枚目のゲームクリア直後の画像からお察し下さい。


さて、念願のゲームセンターでミューテイションネイションのクリアができました。
マイナーゲーは『撤去』という二文字に怯えなければいけないので
数少ないチャンスをものにできたのは大きいでしょう。
これでネオジオからしばらくは離れられる・・・
と肩の荷を降ろしかけましたがHeyのMVS筐体に新たな刺客が。
バーニングファイトの代わりにあのマジシャンロードが入っていました。
マジシャンロードといえば、
7年前にタイトーステーション秋葉原店(かつてのSay)で
7回目のプレーでようやくクリアする事ができたゲームじゃないですか。
新宿にもあるバーニングファイトが降格したのは妥当ですが、
代わりにこのゲームを入れるというのはどう考えても五十歩百歩な気が。

さすがに、プレーしてから7年近く経っていますから
細かい所はもう覚えていません。
またあの死闘を繰り返せというのも年齢的に少し無茶です。
プレー動画を見返せば5~6面くらいまではいけそうですが、
クリアに必須なアドリブ能力はもう残っていません。
7面まで行けても、最初のリフト地帯で死にまくる事うけあいでしょう。

あっ、Heyには他にもパルスターやソニックウイングス3がありましたっけ。
私がネオジオから離れられるのは果たしていつの事になるでしょう。

ページ移動

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed