エントリー

カテゴリー「ゲーム」の検索結果は以下のとおりです。

マリオ3とワールド、マリオ64を振り返って

  • 2015/03/25 22:18
  • カテゴリー:ゲーム
https://twitter.com/wak6902/status/580630846203367424

https://twitter.com/wak6902/status/580632561828917248

ええっと、申し訳ありません。
3/24(火)のうそぜんらさんの配信でこの発言をしたのは私です。
別に、マリオ3が駄作であるなんて全く思いませんが
他の2Dマリオシリーズに比べて異様にバグが多かったように感じたので。
5-1の有名なバグについては子供心に

「壁を乗り越えられないように調整しろよ」

と思っていました(笑)。


それを考えるとワールドは結構バグが少なかった印象があります。
もちろん、迷いの森コース1でのカンストなど無い訳ではないですが、
画面が乱れるようなものはあまりなかった気がしました。
そこは、ファミコンの性能を限界まで引き出し、
詰め込める物は全て詰め込んだマリオ3と、
新ハードのロンチソフトで綺麗にまとめたワールドとの差でしょうか。
マップ選択制と言う事で比較されがちな2作品ですが
方向性自体は結構違うと思います。

ちなみに、私はプレー回数ではワールドの方が上ですが、
印象に残ったのはマリオ3の方でした。
おもちゃ箱をひっくり返したようなデザイン・コンセプトが好きですね。
好きなステージ嫌いなステージはありますが、
どのステージも強い個性を持っていたと思います。


バグの多さではマリオ64も話題になりますが、
正直、64に関しては製作者でさえ3Dを扱う事に手が負えなかったのだと思います。
ロンチソフトという事で納期の問題もあったでしょう。
まあ、バグに関しては3D黎明期の頃でしたから仕方が無かったのだと思います。
カメラや操作性に関しては当時から許せませんでしたけど(爆)。
以前にこのソフトに関するレビューを書きましたが、
この気持ちは今も変わっていません。
3Dマリオがダメとは言いませんが、
やっぱりマリオは面クリア型だよなあと思う人間です。
でも、任天堂が作るオープンワールド型のマリオも見てみたいのですよね。
子供の時はマリオ64でこれを期待していました
(当時はオープンワールドなんて言葉はありませんでしたが)。
もちろん、当時は技術的に無理でしたがゲームが進化した今なら、と期待してしまいます。
最近は完全3D型のマリオ自体が出ていませんが自分が死ぬ前には拝みたい所です。

ゲーセンで2600万点台に突入

  • 2014/10/27 21:36
  • カテゴリー:ゲーム

会社帰りに

「ふう疲れた。さっ、帰りに斑鳩でもやるか」

と思いゲーセンでプレーしました。
その結果がこちらです。

スコアは26,084,770点で残3(残機ボーナス150万点)でした。
前回のスコアを大幅に更新する事ができました。


ただ、序盤のプレー内容はそれはそれは酷い(略
開始1分でチェーンを切ってしまいいきなり暗雲が立ち込めました。
2面も2面で微妙な展開が続き
『もう今回はダメだな』という気持ちでプレーしていました。
ただ、そんな展開でもミスをしなかったのは大きかったと思います。
3・4面は驚くほど集中してプレーする事ができ、
両者とも自己ベストを更新しました(3面のS+は家でもありませんでした)。

そんなこんなで4面ボスまでノーミス。
肝心の4面ボスですが・・・レーザーの処理を誤り壁に激突。

「まあ、そうだよね。知ってた知ってた」

緊張していて『これはミスするだろうな』と思っていたので気にしませんでした。


しかし、5面は今までになく最悪なプレーに。
3ミスしたのですが、ミスの内訳が、


・田鳧第3形態の開幕の吸収後に『属性変更→解放→属性変更』をしたら腕に激突

・産土神黄輝ノ塊の第1波終了直前、何を思ったか属性を勘違いし弾に激突

・第3波では(ノーミスでもないのに)無駄に緊張し操作ミス


で、正直、全て防げたミスでした。
産土神黄輝ノ塊の第2波で死ぬのは仕方ないと思いますが、
第1波と第3波で死ぬのは修業が足りないとしか言いようがありません。
田鳧第3形態に関しては、
開幕の『属性変更→解放→属性変更』を止めようかと思います。
イージーをプレーしていた時にはミスをしなかったのに
どうしてノーマルになってからはミスが多発するのでしょうか。
不思議でなりません。



とは言ったものの、今回のミスは全てチェーンに絡まない場所であったため、
めでたく2500万点越えを達成。
次の目標はノーミスクリアでしょうか。
それを達成する=3000万点越えになりそうな気もしますが(汗)。

ゲーセンでも斑鳩(ノーマル)1コインクリア!

  • 2014/10/26 21:05
  • カテゴリー:ゲーム

パターンを忘れないうちに実践せねば。
と感じゲーセンでも斑鳩(ノーマル)を1コインクリアしました。

スコアは21,591,160点で残0です。

肝心のプレー内容ですがまあそれはそれは酷いものでした。
2面からポコポコ死に始め産土神黄輝ノ塊戦では残1の状態でした。
肝心の産土神黄輝ノ塊で『これは死なないで抜けられるか』と思ったら
最後の最後でフェイント(リング弾を出さない時)の
レーザーに当たってしまいましたし。
家では2500万前後でクリアできるのにこれはどういう事でしょうか。
これだけプレーしているのですから
『スティックに慣れていないから』という言い訳もできません。
やはりコインを投入する重みに負けてしまっているのでしょうか。
まだまだ修行が足りませんね。


個人的に2面と3面の練習がまだまだ足りないように感じます。
2面テロップ後の歌鶫囲まれ地帯は未だに成功率が50%程度ですし、
3面の中ボス後の歌鶫ビリヤード地帯に至ってはパターンさえできていません。
中ボス直前のシャッター地帯も全く安定していませんし。
解放合戦での稼ぎなどやりたい事はありますが
まずはこの辺りを安定させないといけないでしょう。
3000万の道のりは遠いですね・・・

祝 斑鳩(ノーマル)1コインクリア!

  • 2014/10/18 23:13
  • カテゴリー:ゲーム
 

遂に長年の目標だった斑鳩(ノーマル)をクリアしました。
スコアは26,458,060点で残4(残機ボーナス200万点)でした。

3面の交喙交差地帯でミスをしてしまい『今回もダメか』と思いましたが、
プレッシャーから解放されたのが功を奏したのだと思います。
4面は珍しくノーミスでしたし。
ただ、解放合戦で1ミスしたのは仕方なかったとしても、
その直後に慌ててミスしてしまったのは頂けません。
その時に冷静になっていれば+50万点(+α)で2700万点台に届いたのに。
ただ、その場合は産土神黄輝ノ塊で1ミスしていた可能性も高いですが(汗)。
まあ、全体的にそこそこの点数でまとまったので良しとしましょう。


初めてこのゲームに出会ったのは2002年。
12年の時を経てようやく1コインクリアを達成する事ができました。
大学時代にやり始めた時は、

「このゲームをクリアするなんて人間では無理!」

と思っていましたが努力すれば手に届く物だったのですね。
少し感慨深くなりました。
というか、前回も書きましたが今までシューティングをほとんどやった事が無く、
いきなり手を出したのがこれだったのがまずかったのだと思います。
確かに、他の弾幕シューと比較して弾避けのシーンは少ないです。
イージー・ノーマルでしたら4面の列車砲台と5面ボスくらいですし。
ただ、狭い部分を通るシーンは山のようにあるので、
ある程度のシューティング経験が無ければ全く太刀打ちできないゲーム
である事は確かでしょう。
事実、このゲームの後にプレーしたグラディウスやパロディウス、
パルスター・ブレイジングスターなどの経験が無ければ、
とてもクリアには覚束なかったと思います。
ですので、シューティング初心者にはおすすめしにくいゲームではあります。
MAX CHAINを繋げていくのは他のゲームにはない快感なのですが。


さて、後はゲーセン(NESiCAxLive版)をクリアするだけです。
しかし、最近ずっと家で練習したせいで
スティックとボタンですとなかなかうまく操作できません。
今日久々に近くのゲーセンでプレーしましたら、
属性変更と力の解放のボタンがスムーズに押せなくなっていました(爆)。
これは面倒がらずにスティックを作った方が良いのでしょうか。
その手間を省くのでしたら、
Steam版を購入するのもありでしょう。
リプレイが撮れるので動画作成もできそうですから。
ただ、今のGC版も結構気に入っているので
GC用のスティックも作りたいかなと思います。
天板作成に失敗して以来ずっと止まっていましたから。
まあ、そこは時間を考えて、という事で。

大事となってしまったボタンの交換

  • 2014/07/13 21:51
  • カテゴリー:ゲーム
ヤフオク!で落札したデススマイルズ対応スティックですが、
「やっぱりボタンとレバーボールの色が納得いかない」 と感じたので交換する事にしました。

続きを読む

斑鳩(GC版)で遭遇したバグ

  • 2014/06/24 21:00
  • カテゴリー:ゲーム
最近はあまり斑鳩をやっていませんでしたが、
家で久々にGC版をプレーしてみる。
するとPRACTICEモードで4面をプレーしているとこんな症状が発生しました。



これはボスを倒した後の大爆発の画面です。
爆発の際、真っ白な画面のまま止まりゲームが進行しなくなりました。
スタートボタンも何も反応してくれませんのでこうなりましたらWiiの電源ボタンを切るしかありません。
Wiiでプレーしていた時には、他にも3面の音楽のテンポが極端に速くなったという事がありました。

こうしたバグはGC版特有の物でしょうか。
アーケード版(NAOMI版)でもバグが発生したという噂は耳にしましたが
私が遭遇したようなバグは聞いた事がありませんでした。
Wiiを長時間起動させているからこうなるのでしょうか。
もしそうでしたら、少し休ませる必要があるかもしれないですね。
W240Dの電源が落ちた事もありましたし。

デススマイルズ対応スティックレビュー(ただし中古)

  • 2014/03/07 00:50
  • カテゴリー:ゲーム
 

遂にスティックを自作する手間に耐えきれず買ってしまいました、RAPを。
購入したのはデススマイルズ対応スティック(通称:デスマ棒)
ヤフオクで落札した中古の物です。
かかった金額は、
\4,100(落札金額)+ \700(送料)+ \210(UFJ手数料)の計\5,010。
UFJ銀行の手数料が痛かったですがそれ以外は妥当な金額でしょう。 実はXBOX360もスティックを自作しようとしたのですが、
このスティックが\3,000で出品されているのを見て、 「この金額なら買った方が早くて良いんじゃね」 と魔が差し購入を決意しました。
私が作りたかったのもデスマ棒似の物でしたし、
この金額でしたらガワやアクリル板、塗料を購入するより安く済むと思ったので。
スティックは標準三和レバーではありませんが別にかまいません。
どうせ後でセイミツレバーのLS-32-01に交換しますから。
まとめWikiでも基板を外せば交換可能とありますし大丈夫でしょう、多分。
ボタン配置は人気のあるノアール配置ではありませんがこの配置でしたら十分。
VXシリーズの配置よりは好みですし、
少なくとも初代RAPの配置と比べたら遙かにマシだと思います。
続編のデススマイルズIIX対応スティックはノアール配置ですが、
肝心のゲームにいい思い出が無いのと絵柄が気に入らないので脚下。

天板の方はさすがに中古だけに傷が目立ちます。
この傷を見た時は

「ケチらず同時に出品されていた高い奴を買えば良かったかな」

と少し後悔しました。
ただ、中古スティックに後\2,000~3,000払うのは
かなり抵抗があったのでこれで妥協する事にします。
それにしても、Amazonのレビュー通り、
見事に天板の印刷面がむき出しになっていますね。
このような傷が付くのも十分頷ける話です。
印刷を傷をつけたくないのでしたら
カッティングシートなど保護シートを貼るのが必須だと思います。
この状態で天板を保護する意味があるのか微妙な所ですが
後でカッティングシートを貼る事にします。

多分大丈夫だと思いますが、
ジャンク品と書かれていたので念のため動作確認を行います。
箱にしまってあるXBOX360を出すのは面倒くさいのでPCのUSBに繋いで確認・・・
と思いましたが上手くいきません。
調べてみると、どうやらPCで動かすには非公式ドライバが必要なようで。
早速ダウンロードしてドライバをインストールしました。
そして、ドライバと一緒に付いてきた
x360csai.exeを起動してI/O チェックをする事に。

ボタンを押して赤丸で囲んである部分の数値が変わればOKでしたが、
無事にボタンが反応してくれました。
中の基板も目的なだけに反応が無かったら泣けてきます。
スティックの自作や改造をしていると、
アーケードゲームのテストモードのI/Oテストの必要性を痛感しますね。
家庭用ゲームをプレーしているだけですとほとんど感じないのですが。


さて、一番上の写真を見て頂くと分かるのですが、
落札したデスマ棒はボタンとレバーボールが標準品とは異なります。
出品者に詳しい事を聞こうとしても
『頂き物なので私ではわかりません』と返されただけ。
ただ、三和かセイミツのボタンである事は間違いなく、
それが今回この商品を落札した理由でもあります。
HORIボタンは押し心地が(耐えられないほどではありませんが)良くありませんし、
ボタン代も1個につき\200程度かかります。
デスマ棒(というかRAP)はボタン穴が8ヶ所ありますから
その費用も意外と馬鹿になりません。

ただ、業務用のボタンである事だけは確信しましたが、
型式に関しては中身を開けるまで全く分かりませんでした。
ボタンの押し心地で『HORIボタンでは無いな』という事は分かりましたが。
昔キャリバースティックを使っていたので分かりますが、
あのボタンは何か安っぽい感じがするのですよね。
言葉で表現するのは難しいですが
使った事がある方でしたらきっと分かるはず(爆)。

何はともあれ、開けてみない事には何も分かりません。
早速開けてみる事にしましょう。
こちらのブログで予習しましたから準備はOK!


続きを読む

ページ移動

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

Re:CPU戦から冷めた雀魂への熱
2022/11/28 from N党K.F
Re:CPU戦から冷めた雀魂への熱
2022/11/28 from こんばんは
Re:月食翌日の満月
2022/11/15 from こんばんは
Re:月食翌日の満月
2022/11/13 from N党K.F
Re:月食翌日の満月
2022/11/11 from T3-よかいち

過去ログ

Feed