エントリー

2019年09月の記事は以下のとおりです。

令和元年の上半期が終了

  • 2019/09/30 20:30
  • カテゴリー:日記
今日で令和の上半期が終わります。
振り返ってみると年号が変わった頃までは調子が良かったと思います。
しかし、6月のゴルフをしなかったゴルフ遠征から流れが崩れ始めました。
8月はいつも頼りにしていたアルバイトの仕事が無くなり虚無の1週間を過ごした事も。
ロマサガRSのやり過ぎも生活リズムの乱れに拍車をかけていました。

下半期は適度に趣味を楽しみ体調を整えて過ごしていきます。
そして仕事のやる気やゴルフへの熱意も取り戻せたらなと。
年末年始のアルバイトは…もう今までの所でやる気はありません。
かと言って新しく働ける場所があるかというと、そうではなく。
ただ、1年前に一度だけ携わったアルバイト先からは、定期的に短気アルバイト募集の封筒が
届いていますのでそこに頼るのもありです。
なんにせよ11月付近にまた考えましょう。


明日から消費税が2%上乗せされます。
とりあえず、必ず必要で値段が下がらないであろうものは確保しました。
大まかに言えば、Office Home & Business 2019や各種PCパーツなど。
Windows 10のOS本体は新PCに10のProがインストールされていたので購入しませんでした。
新PCはヤフオク経由で購入したので、起動ディスクやバックアップを取っていても
SSDをフォーマットした際に再インストールできない可能性もありそうですが。
困った時には素直に購入します、値段もProでさえOffice H&Bより安いですし。

液晶モニタは9月に入って一気に新製品の情報が入ってきたので見送りました。
最初はAD27QDにしようかと思いましたがここに来て、あれこれといった対抗馬が出始める。
挙句の果てには同じギガバイトからFI27Q-Pという新商品が出る始末(日本での発売時期は未定ですが)。
AD27QD自体が全く値下がりしていませんしひとまず様子見します。
今となっては対抗商品と比較すると割高ですし。


上半期が終わりましたが下半期もまた色々あるでしょう。
体調を崩さず、しっかり仕事に励むよう頑張ります。

まつざか先生は今も戦っている

  • 2019/09/29 07:51
【巨人】引退の阿部が決意のスピーチ「チーム一丸となって、必ず日本一になります」

阿部慎之助選手はユニフォームを脱いだ。
野原しんのすけは既に引退している(声優降板)。
嘉神慎之介の想いが正しく伝わってきたのかどうかは分からない。
けれど、まつざか先生は今も帝国華撃団の総司令官として休む間もなく戦っている。


クレヨンしんちゃんは大ヒットアニメになりましたが、しんちゃんの声優の
矢島晶子氏にとっては気の毒な面もあります。
Wikipediaにも記載があるように、もともと放送開始前はあまり期待されていなかったアニメです。
テレビ朝日の新アニメ特集で、セーラームーンは大々的に宣伝されていたのに、
クレヨンしんちゃんは1枚絵のみでの告知で済まされていたのは今でも覚えています。

ところが、蓋を開けたら思わぬ大ヒット―内容の面白さからすれば必然ですが―で現在までも続く長寿アニメに。
矢島氏も長期間本来の声質とは異なる発声をしていたのですから、その苦労は想像を絶していたでしょう。
ひろしも諸事情により引退しました。
残されたみさえとひまわり、シロの心中やいかに。

帝国華撃団の総司令官として引っ張られてきたまつざか先生と横山智佐氏の新?キャラ。
このような形で旧キャラが出てくるのは、かつての一部ファンにとっては耐え難いかもしれません。
ですが、この事を一番羨ましがっているしんちゃん(矢島氏)でしょう。
上記2人は矢島氏と近い年代であるにも関わらず今も過去のキャラを演じられるのですから。
そもそも、阿部選手や嘉神のように納得のいく舞台の降り方ではありませんでした。


阿部慎之助、野原しんのすけ、嘉神慎之介。
設定だけ見れば全員強キャラですな(実際のゲームの性能は置いておきます)。
阿部選手は日本一に辿り着けるよう頑張って下さい。
しんちゃん(矢島氏)は後進に道を譲ったのですから自分の得意とするキャラを演じて下さい。
エンディングは虚しい描写でしたが嘉神の想いは無駄ではないと信じています。

世界2位のチームを撃破

  • 2019/09/28 18:40
  • カテゴリー:その他
日本、世界2位のアイルランドに歴史的初勝利 故障明けの福岡堅樹が逆転トライ

まさか日本がアイルランドに勝つとは思いませんでした。
ラグビーファンの父なんか『大差で負けなければいい』とまで言っていましたが、
終わってみればこの結果です。

私は後半60分程度から見ましたが、全体的に守備がしっかりしていたと思います。
相手チームの前進を許さないという意思を強く感じました。
アイルランドは先週のスコットランド戦では相手守備の穴を突いて
大差で勝利していたので尚更その印象が強かったです。

勝利を決定づけたのは、やはり終了直前に福岡選手が相手陣地に一気に駆け抜けた事でしょう。
トライには持っていけませんでしたが、あのプレーでアイルランド選手の心をへし折りました。
やはり守るにしても相手陣地に深く攻めるというのは大切なのですね。
ラグビーのルールはよく分かりませんが、そうすれば『相手の得点までに時間がかかる=その分点数効率が悪くなる』
というのは私でも分かりますので。


この勢いでベスト8まで、と進んでいきたい所ですが、ラグビーに問わず
肝心なところでやらかすのが日本スポーツなので(汗)。
慢心せず、一戦一戦気を引き締めて試合に臨んでほしいです。

ロマサガRS自粛のお知らせ

突然ですが、しばらくロマサガRSを自粛します。
理由は簡単。
面白過ぎて日常生活や仕事に悪影響が出てきたからです。
FFRKの場合はつまらなくなってやめた訳ですが、今回は全く正反対の理由でやめる事に。

この1ヶ月の間に多くのSSスタイルを獲得しましたが育成に手を付けられていません。
時間が足りないと言いますか、いくらあっても足りない感じがして。
9/20(金)から始まったメインストーリークエストのスタミナ半減キャンペーンからは
それこそ日常生活を犠牲にしていたと思います。

そして仕事が全く手につかなくなった昨日一昨日。
生活リズムの乱れはロマサガRSのせいだと断定し、しばらくこのゲームと距離を置く事を決めました。
いざやめてみると、せめてログインだけはしたいなと思いましたが、
時間に追われずに済んで逆に落ち着きもしました。
天井分のジュエルが残っていますがこれは1周年用にでも残しておきましょう。


よく『スト2のせいで人生が狂った』という話を聞きますが、実際に自分の身に同じような事が
降りかかってみるとそれは怖い怖い。
他にもやりたい事がありますし1つのゲームで生活を壊してはいけません。
バランスよく、適度にやれば良いのでしょうが、なにぶん私はそれができない人間ですので。

ただ、そういう人間でなければ斑鳩(イージーとノーマル)の1コインクリアはできなかったと思うので、
それを単純に悪いと決めつける事もできません。
少し変だなと思ったら距離を置く。
それがどのくらいの時間になるかは分かりませんが大切ですね。

和田アキ子のプレゼンから

  • 2019/09/24 23:03
  • カテゴリー:日記
珍しく家族全員で見ていたテレビ番組『トリニクって何の肉』。
今日のスペシャル番組中、和田アキ子氏がベテランであるにも関わらず
プレゼンで終始緊張をしていた事が印象に残りました。
確かに、他の番組ではフリップはスタッフの方がめくりますし、
そもそもアキ子氏が持っている番組は観客への説明を目的としていません。
ですので、本人にとっては今まであまりやった事のない体験であり、緊張するのも無理はないでしょう。

それでも、あらゆるステージで歌い、数々のバラエティ番組をこなされてきた方がここまでグダグダになるとは。
たった30人+αとはいえ『特定の人への説明』となると求められる能力は普段とは違うのですね。
父曰く、

「プレゼン一番良くないのはで立ち止まる事。だからとっとと話を進めなきゃ。
 事前に伝えたい内容なんて観客は分からないから、話すべき内容を忘れたらそれを飛ばしていけ」

と。
重要な役職で何回もプレゼンをしてきた父らしい言葉です。
実際、語り手が話を止めてしまうと一番困るのは観客ですので尤もな発言ではあります。
 

私も新卒で入った会社に所属していた際、展示会の最中にいきなりプレゼンを頼まれた事がありました。
依頼人曰く、

「PowerPointの内容に沿って話していけば誰でもできるから大丈夫」

と。
そんな中迎えた本番。
大ホールには興味があるのか仕事で嫌々ながら座っているのか分からない観客が50人程度。
緊張とともにノートPCの画面を舞台上のスクリーンに映してプレゼンが始まりました。
最初の数ページは良かったのですよ、数ページ目までは。

続きを読む

満身創痍の中で上げた勝ち鬨

  • 2019/09/21 22:19
  • カテゴリー:その他
【巨人】2014年以来5年ぶりの優勝!原監督復帰1年目で自身8度目、坂本勇主将就任5年目で初V達成!

読売ジャイアンツ、5年ぶりのリーグ優勝おめでとう!

今日は早めに寝ましたが、途中で試合が気になり目覚めて試合速報を確認すると1-2で負けていていました。
9回裏で1・2塁とはいえ2アウトで相手投手はセリーグのセーブ王の山崎選手。
ですので『これはもうダメだろうな』と思いましたが、その矢先に小林選手がまさかのタイムリーを放つ。

その後はYouTubeのLive配信で試合を見続け、10回表に増田選手が貴重な勝ち越しタイムリー。
直前の亀井選手の3塁への進塁も大きかったですね。
10回裏は途中加入ながらも大活躍してきたデラロサ選手が3者連続三振に抑えてゲームセット。
私の予想通り、胴上げでは原監督が8回宙に舞いました。
(現役時代の背番号が8番のため。ちなみに監督時のリーグ優勝もこれで8回目)
選手の皆さんもそこを分かっていらっしゃいますね。


今シーズンは決して順風満帆ではありませんでした。
それどころか危ない状況も数多く、私としては『何とか優勝させてもらった』という感じです。
2009年や2012年の時のような圧倒的な強さはありません。
むしろ組織の老朽化が見えてきた2014年に近い感じです。

エースの菅野選手は昨シーズンまでとは別人のように打ち込まれ、
ストッパー候補として獲得したクック選手も思ったように活躍できませんでした。
(個人的には9/10の試合だけでも十分元を取ったと思いますが)
他にもケガ人も相次ぎ原監督も胃が痛い日が続いたでしょう。
万全な状態でシーズンを終えるチームなんて無い事は十分理解しています。
それでも今シーズンは先発陣が離脱しすぎです。


正直、ベイスターズに0.5ゲーム差に迫られた時や9/3~5のドラゴンズ戦3の時は
『ああ、ここまでか。悪運も尽きたな』と思っていました。
昨日と今日の2連戦ももし連敗していれば、2008年のタイガースのように最後の最後で捲られたかもしれません。

それでも優勝できたのは、運が良かったのもありますが、2軍から上がってきた選手が
何らかの形で勝利に貢献してきたというのもあったでしょう。
若手・ベテラン・中堅問わず。
絶対に落としてはいけない試合で負けなかったのも今シーズンの特徴です。
まさに全員野球で勝ち取ったリーグ優勝といえます。

逆に言うと今シーズン1軍に上がれなかった、上がっても貢献できなかった選手は戦力外の有力候補でしょう。
森福選手や藤岡選手、岩隈選手…
ただ、ドラフト会議で選手を多く取らない感じがするので、意外と戦力外の選手は少ないかもしれません。
何名か育成枠に落とされる選手はいそうですが。


さて、次の目標は日本一です。
しかし、先発陣がボロボロな状況でCSを勝ち上がれるビジョンが見えません。
今年に限っては日本シリーズに行けなくても仕方ないかな、と思っています。
もちろん日本一はシーズン前から掲げていた目標ですので負ける訳にはいきません。

どこかの祐巳のように『ええい、ままよ!』の精神で行くしかないのでしょうか。
交流戦の成績は悪くありませんでしたし目の前の試合を勝っていくしかありません。
もちろんそれが一番難しいのは分かってはいますが。

またメルカリで取引キャンセルに

  • 2019/09/16 20:43
  • カテゴリー:その他
またメルカリで取引キャンセルになるなんて思いもよりませんでした。



今回は支払後にきちんと商品は発送される所までは問題ありませんでした。
しかし、到着した商品の中身があまりに酷かったです。

続きを読む

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed