エントリー

カテゴリー「ゲーム」の検索結果は以下のとおりです。

危険な所を減らしていきたい

  • 2007/01/16 22:53
  • カテゴリー:ゲーム

もはや日課になっているライデンファイターズ2。
前日の猛特訓の甲斐があったのか6900万点叩き出せました。
7面ボス前で終わってしまいましたが良い感じにはなっているとは思います。
ゲーム前、レバー入力を間違え湿地地帯から始める羽目になりましたが
落ち着いてリカバリできたのも大きかった。
地力が付いてきたのでしょうか、単に調子に乗っているだけと言う話も(汗)。
ただ、効率の良い・安全なパターン構築が終わっておらず
プレー中も多少戸惑いが目立ちましたので、その完成度を上げるのが課題です。
7面は横から現れる戦車に気を付けないと無駄にボムを撃つ事になりますから。
4面(空中面)もスマートにいきたい所です。

新宿家電量販店歩き その2

  • 2007/01/11 23:53
  • カテゴリー:ゲーム

新宿ビックカメラのゲームコーナーに行くと長い長い行列が。
年齢層も老若男女幅広く存在していました。
何かと思い見てみるとやはり任天堂のWii。
もちろん爆発的に売れているのは知っていましたがここまで人気があるとは。
改めて任天堂の凄さを感じました。
DSLiteと違いこれだけの人がいても在庫があるというのが凄いです。
今日が出荷日だったのかもしれませんしすぐに品切れになるとは思いますが。
この光景は3・4年前の任天堂では考えられない事でした。
これがあるからゲーム業界は面白いし且つ恐ろしいともいえます。
私個人としては苦戦していた時代の
四苦八苦・右往左往していた任天堂の方が好きだったのですけど(汗)。

しばしばソニーのPS3と対比して報道されていますが
こちらはこちらでそこそこにはやっているのではないでしょうか。
ただ、Wiiと比較しない訳にはいきませんし
PS2当時も含めて考えるとやはり厳しいでしょう。
ゲーム機の普及は勢いが重要ですから。
値段の割りに欲しいと思わせるソフトが無いのも欠点。
良さそうだと思えるのはガンダム無双くらいでしょうか。
コナミが撤退すると言う噂もありますし先行きが不透明な状況ですが
破綻しない程度に頑張って欲しい所ではあります。
特に最近はマスコミ・一般人を含めてソニーバッシングが激しいですので。
兄の親友がソニーで働いているだけに人事とは思えない。

続きを読む

いつの間にやら新シリーズ

  • 2006/12/26 22:41
  • カテゴリー:ゲーム

少し前から太鼓の達人9が稼動していたのですが
どういう変化(というか新曲が入ったか)気になったのでプレーしました。
脇にあるポップではマジレンジャーとかハレ晴レユカイ
といった曲が入っているようですが一通り見てみる事に。

う~ん、まさか愛をとりもどせが無くなっているとは。
結構好きな曲だっただけにこれは予想外でした。
北斗の拳ブームが終わった?からでしょうか。
個人的には定番曲としてずっと入れておいて欲しかったです。
ダライアスが消えたのはまあ仕方ないです。
良い曲ではありますが太鼓と合っていなかったのは事実ですから。
DUDDY MULKがこのゲームとピッタリ合致していただけに尚更。
今回は特にめぼしい曲は無し。
前回のスーパーマリオが強烈過ぎましたか。
個人的には宙船が叩きたかった。
曲の使用料を考えると厳しいものがあるとは思いますが。
マジレンジャーはあと1・2ヶ月で新シリーズになってしまいますよ。
発売時期の関係上仕方ないのですが正直遅すぎ。

やる曲も無いのでひとまずドラゴンセイバーをやってみる事に。
アレンジせずにそのままの音質なのですね、これは。
正直1面のBGMだけでは寂しいです。
スピリッツメドレーは名曲である1面と3面を使っていましたので。
個人的にはセイバーは4面と6面のBGMが好きなのですが。
とりあえず、もうこれを選ぶ事は無いでしょう。

もう一曲は前作からの引き続きでDUDDY MULK。
やはり三味線パートなどはやっていて気持ち良いですね。
ただ、「可」の判定が前作より厳しくなっているような。
店のメンテナンスが悪いだけ?
曲の選択画面でもなかなか選べず苦労しましたし。

システム的な面で気になったのは
曲を選んでから難易度を決める事が出来なくなっている点でしょうか。
前作ではいつもこれを使っていただけに非常に不便です。
私のように適当に遊んでいる人間にとっては。
何でこれを無くしたのかちょっと理解に苦しみます。


ぶっちゃけた結論としては。
「新曲に魅力がなかった。愛をとりもどせを返せ。」
という所でしょうか(汗)。
8が稼動していても7のままの店もありましたからこういう所を探しますか。

役に立たない?ゲームレビュー 第二回

  • 2006/12/25 19:55
  • カテゴリー:ゲーム

任天堂の転換点はポケモンであるという人もいますが
私はマリオカート64がそれに当たると思っています。
スマブラを始めとする大人数で楽しめるゲームを作る
という任天堂の方向性を決定付けました。
マリオカート64はその原点として優れた完成度を誇っていました。
ただ発売前は
「4人対戦か、凄いな。」とか「64はマルチタップを使わなくてもいいから便利だな。」
程度にしか思っていませんでした。
蓋を開けてみれば大人数で楽しむ面白さというものに多くの人がハマる事に。
現在でも接客ゲームの定番として稼動している人もいるのではないでしょうか。

続きを読む

役に立たない?ゲームレビュー

  • 2006/12/25 06:10
  • カテゴリー:ゲーム

唐突にゲームのレビューをしてみます。
お題は「ゲームが変わる。64が変える。」のスーパーマリオ64で。

最初にあらかじめ言います。

自分はこのゲームに対してキツイ事を言っているので

「マリオ64は神ゲー。それを否定するのは絶対許さん。」

という方は見ない方が懸命です。
一方的に貶したりはしませんし言葉も選んでいますが
主張したい事ははっきり言っているので。

脱線しますが「神ゲー」という言葉も個人的には使いたくは無いです。
神という単語に馴染めないというか簡単に使うものではないという気持ちが。

続きを読む

ここまでいい加減だとは

  • 2006/12/22 23:04
  • カテゴリー:ゲーム

はあ・・・
まさかマジシャンロードが永久パターン可能なゲームだったなんて。
せっかくこのハイスコアを抜いてやろうと頑張っていましたのに。

いえ、何となくは勘付いていました。
ゲーメストのハイスコアが見つからなかったり
ここでも「INFINITE SCORE PROBLEM」という怪しい一文がありましたし。
実際、自分でも残機潰しの練習をしていて
「下手したらこれ永久パターンになるのではないか」という場面はありました。
そこで実験しましたが・・・やはり。
しかも一回で成功してしまうほどでした。
凄く簡単とは言えませんが
ゲームクリアできる腕がある人なら誰でもできる程度のものです。
内容だけでなくこういう所の調整も適当過ぎます。

ベーマガのハイスコアを越える理論値を出して
後は実際に出すだけだと意気込んでいた矢先にこれですか。
自分もいよいよこの境地に進むのか、と思っていましたから結構凹んでいます。
まあ、永久パターン無しで出せばいいのかもしれませんが。
見栄えが良いノーミス&宝箱全回収を目指すのもありかもしれません。

せめてこの半分のスコアは

  • 2006/12/21 23:40
  • カテゴリー:ゲーム

ライデンファイターズ2のDVDムービーを見てみましたが世界が違い過ぎ。
道中の敵弾すらかすりに行って稼いでいるのは声も出ませんでした。
自分が出来そうな所はせいぜいボスの直線弾程度ですから
この執念はある意味恐ろしいです。
最終的にはかすりで差が付きますから
極限に進むためには当然なのかもしれません。
このプレーはラスボスまでそれに拘っているのが凄いと思います。
目標点数(1億2000万)を達成したらすぐにクリアしそうなものなのに。
商品として見せるにはここまでしないとダメなのですね。
確かに、面白くない・美しくないものにお金を出す人はいないです。

個人的にはムービーよりも10倍面白くする本の方がためになります(汗)。
中には簡単に出せるミクラスもありましたし今度から狙ってみます。
今まで取りこぼしていたのが勿体無かった位で。

ページ移動

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed