エントリー

輸血のために入院する事態に

  • 2019/05/27 20:24
  • カテゴリー:日記
母の状態が心配でしたので今日のお昼休みに母に電話をしてみる。
(本当なら父に電話をするのがベストなのですが出てくれませんでした)
すると、開口一番輸血のために入院する事になったという話が出ました。

仕事後にお見舞いに行って詳しい話を聞いてみると、今回は脱水症状と血液不足が重なった影響で
症状が酷くなってしまったようです。
現在の母は自分で血液を作る事ができません。
急に暑くなりましたし様々な要因が重なってこのような事態に陥ってしまいました。
普通の人でさえ厳しい暑さですのに母のような体の人間でしたら尚更でしょう。

ちなみに輸血自体が始まったのは15時頃。
父と母は7時頃には家を出たのですが、そこから長時間待たされる事になりました。
とはいえ輸血は慎重に行わないと拒絶反応が出てしまうのでやむを得ません。
実際、輸血と経口補水液の点滴を受けた後は頭痛なども無くなり、とても楽になったと話していました。
それを聞いて私も少しホッとしました。
数日前までの悲惨な状態を見続けてきましたので、こうして落ち着いた表情を見たのは久しぶりです。

また、今回は母に合った血小板製剤(で良いのでしょうか)が必要だったのですが、
入院した病院には在庫が無いと話していました。
しかし、入院すると決まるやいなや、今日の夕方頃には県最北の福島市から届いたようです。
私の母一人のためにここまでするなんて、病院って凄いのですね。
在庫が無いと聞いた瞬間は同じ県とはいえ到着まで1~2日はかかると思っていました。
東北自動車道を飛ばして届けてくれたのでしょうか?
請求費用が怖いですが今はそれを言っている場合ではありません。


お見舞いの時の母の表情は明るかったですが何が起こるかわからないのが輸血です。
しっかり調査しても拒絶反応が起こるという事もありえます。
とにかく明日明後日が勝負。
無事に退院できる事をただただ祈ります。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/1496

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

過去ログ

Feed