エントリー

カテゴリー「その他」の検索結果は以下のとおりです。

最近?買った物 その5(パナソニック製 F-YHFX120レビュー)

  • 2010/11/28 01:28
  • カテゴリー:その他

予告通り除湿機のレビューを行いたいと思います。
機種はパナソニック製のF-YHFX120(シルバー)です。
お値段?そんなものは知らな(略
嘘です、5年保証込で\44,200です。

今は常識的に考えて加湿器のシーズンだろ?
と思われがちですが、
現実問題として油断するとカビが生えてくる環境ですので仕方ありません。
部屋にはドライペットスキットを何箇所も置いていますが効果が無いのが現状です。
実際に物が到着したのも雨の日でしたので丁度良かったでしょう。
初めて起動させた時の湿度判定が『高湿』でしたから。

購入から1ヶ月ほど経過しましたが性能には大満足です。
ナノイーの効果なのか分かりませんが、部屋の中のカビ臭さがなくなりましたし、
除湿機を導入してからはまだカビが生えていません。
これだけでも除湿機を導入して正解だったといえるでしょう。

その中で、自分が感じた良い点と悪い点はというと、


○良い点

・除湿能力に優れる、最初は不安だったが使ってからは杞憂であった

・ハイブリット式である事、オールシーズンで力を発揮する事ができる

・操作が簡単、説明書を読まなくても感覚で操作できるインターフェイスの良さ

・移動がしやすい、本体に取っ手とキャスターが付いているので動かしやすい


●悪い点

・本体が若干重い、室内の移動は楽だが持ち運ぼうとすると少し大変

・除湿音が大きい、私は気にならないが人によっては無視できない問題

・価格が高い、この機種の最大のネックがこれ、価値を見出せるかどうか


悪い点も若干ありますが購入して損は無い機種だと思います。
特に、除湿能力に関しては、
私が夜に室内干しをして機械をフルパワーで稼動させたら
大体の洗濯物が乾いていたほどでした。
ただ、市場価格\40,000~50,000は決して安いとは言えません。
空気洗浄能力が無い除湿機にそこまで出せるかが焦点となるでしょう。


購入した物の紹介はこれで終わりでしょうか?
いや、最後に1つだけあります。
国会図書館への寄贈品ですが非常にレアな物が。

ハイブリット型除湿機購入

  • 2010/10/19 23:05
  • カテゴリー:その他

遂に家の中の湿気に耐え切れず除湿機を注文。
若干季節外れではありますが、
油断するとすぐタンスやスーツにカビが生えるようなジメジメしている環境です。
それが1年中続く環境ですから衛生的にもよくありません。
窓を頻繁に開けたり換気扇を着けっぱなしにしていましたが、もう限界でした。

という訳で、注文したのはパナソニックのF-YHFX120(のシルバー)。
お値段は5年保証込みで\44,200也(送料無料)。
生活家電とはいえ\44,200は少し痛かったですが、
そこは残業代パワーで乗り越えるという事で。
身を削って稼いでいるのですからこれ位贅沢しても良いですよね(汗)。
一昔前では考えられなかった事です。
幸せといえば幸せなのかもしれません。

実は、本命は三菱のMJ-180EXでしたが、
シーズン外で値段が下がるどころか逆にどんどん上がって行きました。
それなら、もう少しお金を出して、
徐々に値下がりしているF-YHFX120を購入した方がお得感があります。
安そうな(かつシルバーが残っている)店を選んで速攻でポチりました。
単純な除湿能力はMJ-180EXに負けてしまうのですが、
こちらの機種はハイブリッド型です。
冬でも100%の力を発揮できる点はこれからのシーズンでは大きいでしょう。
それに、MJ-180EXに負けてしまうといっても全体的に見れば平均的な能力です。
使ったものの除湿できなくて困るという事はないと思います。


そして、肝心の商品は今日配達に来ました、11:07頃に。
そんな時間では受け取れるはずがありません。
佐川急便さん、無駄な労力ご苦労様でした(爆)。
今の仕事で夜間配達時間の19:00~21:00に帰れるはずがありませんから
受け取りは土曜の午前中になりそうです。
CAVE祭りの商品と一緒に受け取れれば良いですね。
CAVEからはまだ発送の連絡が来ていませんが。
まあいつものこ(略

生存報告でこういう話題をするのが私

  • 2010/10/14 01:20
  • カテゴリー:その他

久々の日記は終電逃したために入ったネカフェから。
ここまでグダグダな生活になっているともはや笑いが出てきます。
先週忙しくなかった反動がいきなりきました。
平和はいつまでも続かない、というのは本当なのですね(笑)。

さて、日記を書いていない間にまた色々購入しました。
釈迦みての新刊からコバルト(マリみて目的)や東方関係の書籍、
中にはエロ本まで(爆)。

しかし、自分で一番驚いたのは君に届けの単行本を買った事。
男が少女漫画を買うなんて、と自分でも何度も突っ込みました。
実際以前にネカフェで読んだ時は、

「こりゃ自分には合わないか」

と単行本を棚に戻してしまいましたが、
実写映画化に当たり各所で話題になっていたので
自然と物語のあらすじ程度は入ってきました。
本来、私は流行に乗るようなタイプではないのですが、
キャラの魅力にも惹かれ、

「せめて一区切りである5巻までは買うか。それで合わなかったらやめればいい」

と思い、恥ずかしさを殺しながらアニメイトで購入しました。
アニメイトという所が最後の抵抗です(笑)。
ただ、購入したのは良いもののまだ封を開けただけでろくに読んでいません。
今回は漫画ですから買ったのに積んでいたという事はないでしょう、多分(汗)。


そういえば、昨日はアニメの再放送がやっていました。
先週はしっかり録画したのですが、
昨日は何とか終電で家に帰れた状況でしたので放送がある事自体忘れていました。
チャンネルを回して少しだけ見ましたが、
能登好きの私にとってはたまらないアニメだなあとつくづく思います。

実写版マリア様がみてるの特典

  • 2010/09/15 01:19
  • カテゴリー:その他

マリア様がみてる」書き下ろし小説 実写映画の前売り特典に

知らない間に公開日も決まり製作が順調な実写映画版マリア様がみてる。
現在の進行状況はどのような感じか気になり公式サイトを見てみると、
何やら気になるキャンペーンが。

どこぞの某人気少年漫画の映画でも
同じようなキャンペーンを行っていたと思うのですが・・・
気のせいでしょうか(汗)。
まあ、こちらはあの映画には遥かに及ばない規模ですが。
ただ、最初から見に行く気満々だった私にとっては嬉しい事です。
映画を見るだけで貴重な書物が手に入るのですから。
国会図書館への寄贈は・・・今回は無しという事で(笑)。
考えてみれば、CAVE祭りの戦利品もまだ寄贈していなかったです。
さらに突っ込めば京都旅行のレポも(略


という訳で、余裕がある時に駅前のサークルKに行って予約してきます。
1万部と多いのか少ないのか微妙な量ですが、
注目作という訳ではないので多分大丈夫でしょう。
それよりも、店で注文するのが恥ずかしいというのが最大の問題。
自分に怖いものは無いと思いましたが、今回は少し不安です。
mixiのコミュニティを見る限り苦戦が予想されます。
機械を使った操作だったら楽で良いのですが。


※追記
やはり機械では無理なようで、レジで直接注文するしか無いようです。
しかし、駅前のサークルKは若いあんちゃん系の店員が多いので、
正直注文するのが気が引けます。
少し落ち着きのある店員を狙いますが、果たして、

「マリア様がみてるの前売り券をお願いします」

と言って通じるのでしょうか(汗)。
分からなかったら、携帯の公式サイトなどを見せて教える事にします。

なかなかやるな、だがお前達の快進撃もここまでだ!

  • 2010/08/20 01:08
  • カテゴリー:その他

聖光学院初のベスト4ならず…夏の甲子園第12日

私の地元はベスト8で敗戦。
まあ、現実はこんなものですよね。

休み明け初日でしたので試合は全く見れませんでしたが、
途中経過だけはちょこちょこ見ていました。
3-2で勝っていた時は、

「こりゃ優勝もいけるか!」

と興奮していましたが後はお察しの通りです。

とはいえ、ベスト8に来れただけでも良かったのではないでしょうか。
今までも優勝候補に打ち勝ってきたので個人的には悔いはありません。
絶対的な実力を見せられて諦めもつきます(汗)。
春の選抜も来年も頑張って欲しいですがどうなるでしょうか。
この夏が上手く行き過ぎて逆に怖いくらいです。

奇跡は続くよどこまでも?

  • 2010/08/17 00:18
  • カテゴリー:その他

夏の高校野球 聖光学院、斎藤英の一振り決める 履正社戦

奇跡は続くものですね。
仕事の関係で試合は全く見れませんでしたが、
携帯の速報を見ていたらいつの間にか勝っていたという状態でした。
2戦連続で強豪を下しましたからこれは決して偶然ではないでしょう。
それだけの力がこの高校にはあるという事です。
甲子園で数年前に大差で負けたチームとはとても思えません(汗)。

ここまで来たら目指すは優勝だ!
と思っていますがそれは正直厳しいでしょう。
ただ、どのような結果になるにせよ選手達は悔いなくプレーして欲しいです。


私は今日からお仕事です。
しかし、休み明け初日のせいかなかなか調子が上がらず、
その上喉に痛みまで発生しました。
せっかく連休明けで良いスタートを切りたかったのにこれでは。
すぐに回復するのは難しいですが徐々に落ち着きは取り戻していきたいものです。

地方自治と国

  • 2010/07/17 10:47
  • カテゴリー:その他

種牛殺処分へ、東国原知事「国の対応、最悪」

このニュースを見て思った事は、

「宗教は全員を救う。政治は全員を救わない」

という事です。
国からすれば、他の地域への感染を防ぐために根元を絶つのはもっともでしょう。
民主党政権がどうこうではなくて、
誰が国のトップであれそれは避けられません。
私は、東国原知事のこのようなコメントから、
県の地方自治の意識ってこんなものなのかという感じがあります。
自分の対応に責任を持っているのなら
このような責任転嫁に聞こえる発言はしないでしょう。
せめて自分の胸の内に隠しておく程度で。
前首相のように、農家に対して期待させるだけ期待させて、
最後に失望させたという意味では批判されるべきです。
しかし、今回はそのような動きがあまり見られない不思議さ。
まあ、この国では人気のある人の方が正しいという風潮があるから
仕方が無いのかもしれませんが。
でも、そのような傾向はある意味「宗教」とも言えます。
誰々の言っている事は絶対に間違っていない、という感じで。
別にそれをするのは人の勝手ではありますが、
指導者に対してそれを行うのは危険だと思います。

今は政府の立場も悪いですし、いくらでも悪役にできるでしょう。
元々、地方対政府でしたら心情的に地方側に付くのは自然な事です。
問題は、それにも関わらず政府と決別して自分達の力でやっていくんだ、
という姿勢が見られない事かもしれません。
地方自治の運営が国に頼らないと行えないという現実もあると思いますが。


mixiニュースは酷いです。
mixiの流れと違う日記を書いただけで非難の嵐に。
私もそれが嫌でmixiニュースの日記を書くのをやめた経緯があります。
まともな人がどんどん抜けていくのも頷けます。

ページ移動

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed