エントリー

カテゴリー「その他」の検索結果は以下のとおりです。

これでAndroid端末から閲覧しても安心

  • 2020/03/30 20:48
  • カテゴリー:その他
重い腰を上げて、スマホ(というかAndroid)で閲覧した際にコメントが途中で切れてしまう
という不具合を修正しました。



修正前と比較すると少し文字の大きさが大きくなり見栄えが悪くなってしまいました。
それでも、これで問題なくコメントが読める状態にできたのでホッとしています。

試行錯誤をした結果、修正方法は意外と単純である事が判明。
『\freo\templates\iphones\internals\view』に入っている『default.html』の
143行目を下記の通り修正するだけです。

{$comment.text|nl2p|autolink} → {$comment.text|nl2br}

これで上の画像の様にコメント欄の全ての文章を表示させる事が可能になります。


個人的には前述したフォントなどもう少し手を加えたかったです。
しかし、freoで使用しているSmartyの機能では私のやりたい事ができないと感じ、
コメントの表示だけで妥協しました。
疲れてそれ以上手が回らなかったという事情もありますが(汗)。

autolinkの機能はこれを残しているとコメント欄に不具合が発生するので削除しました。
ただ、Android端末の方でしたらURLをコピー&ペーストするのも容易です。
お手数ではございますが手動でブラウザにURLを張り付けて頂くようお願いします。
(パソコンで閲覧されている方は引き続きこの機能は有効になっています)

これでスマートフォンなどでご覧頂いている方に対して少しだけ優しいサイトになりました。
修正できたのは良かったですが1年半近く放置していたのはいただけません。
今度サイト内の不具合が発生した場合は素早く対応したいです。

私とビッグ・ザ・武道は何も間違っていない

  • 2020/03/27 21:50
  • カテゴリー:その他
『キン肉マンの突っ込み所』としてTwitter上に挙がっていたこの場面。

この画像のおかしいところって…
※キン肉マン 21巻 覆面の理由!!の巻 128ページより引用(ちなみに2010年8月25日発行版)

「ハッ!これでスクリュー・キッドとケンダマンの仇が討てました!」

正直に言います、本当に正直に言います。

続きを読む

何も原作をなぞらなくても

  • 2020/03/25 22:34
  • カテゴリー:その他
先週も日記に書きましたが、今日から咲-Saki- re:KING'S TILE DRAWの配信が始まります。
しかし某所の書き込みを見て読む前から嫌な雰囲気が漂う事態に。
とは言え、読まない事には何も始まりませんので勇気を振り絞ってこの作品に手を取りました。

あー、須賀京太郎くんは男の子のままなのですね。
あの世界の全員の性別が反転すると思っていたので女の子になるものとばかり思っていました。

内容は清澄高校の部員を男体化しただけで原作の第1話とほとんど同じです。
演出が多少変わっているかなと思う程度で。
せっかく企画したのですからもっと大胆に構成を変えて欲しかったと感じました。
キャラの名前も無理矢理変えた感じがして窮屈な印象を受けます。

あと、絵柄が今年で37歳になるおっさんにはキツイです。

 

アプリ版ガンガンONLINE掲載の『咲-Saki- re:KING’S TILE DRAW』第1話より引用

アプリではスマホから直接スクリーンショットが撮れません。
そのため、デジカメでスマホごと撮影しその写真を加工して引用しました。
私のスマホが傷だらけである事は見逃して下さい(汗)。

それにしても、スクリーンショットの件はともかくこのアプリの使いにくい事と言ったら。
このソフトウェアの出来で他社の漫画アプリと戦うのは少々無謀ではないでしょうか。
読者にとって漫画の内容が重要であるのは当然ですがアプリの使い勝手という面も無視できません。

話が反れてしまいました。
月1回の更新という事もあり私はここで脱落。
画風の問題もありますが、掴みである第1話で原作をなぞったようなものを見せられると期待が持てなくて。
京ちゃん関連で大きな動きがありましたらアプリを再インストールしましょう。


白状します。
実は、この作品が掲載されるのはビッグガンガンであるとスーパーブックス新白河店
レジ前まで思っていました。
今月号の表紙でこの作品に全く触れていなくておかしいな、と思い私がリンクを張った記事を再確認。
そこで初めてWeb(しかもアプリ)限定である事に気が付きました。
私の一方的な勘違いで\620(税込)を無駄にする所でした、危ない危ない。
同時に「無料で読めるんだ、ラッキー!」とも思いました(笑)。
ダメですよ、記事の文章はしっかり読みましょうね。

最近は仕事でもそうですが集中力が欠けているのでしょうか?
当然手を抜いている訳ではありませんが凡ミスが目立っています。
集中するにも余裕が必要です。
もうすこし肩の力を抜いて取り組んでいきたいと思います。

咲-Saki-の本編はもうどうでもいいのか

  • 2020/03/19 20:45
  • カテゴリー:その他
咲-Saki-:新スピンオフ「re:KING’S TILE DRAW」連載へ 清澄!? 5人の男性キャラが…

二次創作でおなじみのネタをまさか公式でやるとは。
これで咲-Saki-のスピンオフは6個目です(咲日和は既に連載終了)。
もう本編を何とかしようという姿勢は作者にも編集にも無さそうですね。
出版部門が旧エニックスですから、仕方ありません。

個人的に興味があるのは須賀京太郎くんの扱いがどうなるかだけ。
実写映画版のように出番をカットするような事はないですよねえ(汗)。
それが無い事をただただ祈ります。

極楽院氏についてはブレイブスター☆ロマンティクスが残念でした。
連載初期は面白そうな雰囲気がしましたが、テーマが扱いきれなくなったのか失速してしまって。
セキレイの後での連載でしたから期待しすぎた部分もあります。


阿知賀編はガンガンではなくビッグガンガンでの連載ですか。
今(というかここ数年間)のガンガンは手薄でしたからその目玉にするのかと思っていました。
正直、本誌の方が先に廃刊するような事になったら笑えません。
派生誌の方も決して順調とはありませんが。

旧エニックス時代から四半世紀を過ぎたのもかかわらずこの有様です。
いかに出版業界で生き残るのが難しいのかが分かります。
設立から1世紀を経過したあのコオダンシャでさえ現在も度々トラブルを起こしていますから。
これも作家という一癖も二癖もある人間を扱う商売であるためでしょう。
京都アニメーションもあの事件の前からKAエスマ文庫の設立によって既に衰退していました。


どんな小さな出版社でも著作権周りはしっかりして欲しいと思います。
毎日を食べていくだけの状態ではそこに考えが行くのが難しいのも分かりますが。
雑誌業界自体の先行きも見えないですしこれからどうなるでしょうか。

それでもこの世から作家がいなくなる事はありえません。
今後は彼らのコントロールや人脈の重要性がますます高まってくると思います。
今でも一生懸命やっているのにさらに厳しくしなければいけないなんて。
生活必需品ではない娯楽産業ですから頑張るしかありません。
現実はヒットマンの主人公のようにはいかないですから。

余談ですが先日発売された最新刊である8巻ままどおるの話の直前までですか。
それでしたらコミックスを買うのは9巻にします。
9巻はあの声優のキャラの出番が多そうで期待が持てますね。

なんでここに陰術士が!

昨日見た夢、私はサタノファニの羽黒のメデューサ達と一緒になって何かと戦っていた。
その時の私のファイティングスタイルは陰術士、なぜだ。
この前にロマサガRSのガチャで新SSルージュが当たったからなのか。
(当たった瞬間に携帯電話のバッテリーが落ちてスクリーンショットが撮れませんでした)

どうして女の子だけの集団の中に入って戦わなければならないのでしょうか。
私も気にしますが向こうも気にするでしょう。
小夜子さんからは間違いなく不意討ちを受けそうです。
いつ寝首をかかれるのか分からず心休まる時がありません。

陰術士なのですから戦闘中は誤射のふりをして小夜子さんに影しばりをかけておけって?
いきなり仲間割れですか、絶対に他の人から反感を買いますよ、それ。
自分からマルチプレイのメリットを捨てていくスタイル、さすがです!

そうこうしている内に敵からの魅了攻撃を受け味方への全体術の連発で全滅。
なんだ、いつも私がやっているロマサガRSじゃないですか。
これでは妹さんを守れず道隆さんに刺されてもやむなし。


きっと五菱からの報酬である秘伝書・序×10に釣られたのでしょう。
序はいくらあっても足りないですからね、仕方ありません。
むしろあのガチャのように無理矢理召喚されたのですからスタートダッシュボーナスを
要求しても文句はないと思います。

そして渡されるのは序ではなく余りがちな急の秘伝書。
確かに売れば大金が手に入りますが、う~ん。
サービスのつもりなのかそれとも最初から騙すつもりだったのか。
大量の秘伝書・急を持ってトボトボと帰るのでありましたとさ。


肝心の陰術士としての戦い方は、

「攻撃力には期待していないから、とにかく後方から敵に影しばりをかけておけ」

と全員から言われそうな気がします。
いつも敵の拘束に失敗している霧子さんからは強く言われそうです。
別れ際に「影しばりの術を教えてくれ」と迫られそう(笑)。
何の根拠もありませんが、人気バンドのヴォーカルでアニマが強そうなので普通に術が使えそうな気がします。
君は体術なんか捨ててバッファーに転向するんだ!

麻痺耐性がある敵にはスタンを付与。
それがダメならエナジースティールで自分だけ粘る。
これは完全に旧SSルージュの戦闘スタイル、新ルージュなんていらんかったんや!

とりあえずアタッカーであるあやさんや洋子さんと一緒にいれば安心です。
道隆さんには申し訳ないのですが千歌ちゃんは1人だけでも頑張れそうなので放置で。

羽黒のメデューサ達の中にはヒーラーができそうな人が誰もいないので
自分の身は自分で守るしかありません。
念のために傷薬でも携帯しておきますか?
他の人に分捕られる光景が容易に想像できますが…

キン肉マンビッグボディはF県で戦った事がある

  • 2020/02/09 20:12
  • カテゴリー:その他
YouTubeに上がっていたキン肉マンビッグボディの動画を見て思い出した事。

「フェニックスチームとの戦いは会津若松城(鶴ヶ城)で行われていたのか」

瞬殺っぷりばかりが目に付いて試合会場なんてすっかり忘れていました。
近くはありませんが甲子トンネルを使えば簡単に行ける場所です。

しかし、鶴ヶ城はこれで町おこしをする事はありませんでした。
元々有名なお城ですしロビンマスクやラーメンマンならともかく、ビッグボディでは仕方ありませんか。
惨敗した場所ですし(笑)。

今なら、

「見ているか、ベンチマン、レオパルドン、ゴーレムマン、キャノン・ボーラー」

と現地で呟きながら観光したいです。
キャノン・ボーラーは死んでいないという突っ込みはやめましょう。

聖地巡礼で会津若松城に行った後は中国の紫禁城に行こうぜ!
と言いたい所ですが中国は新型肺炎の影響で閉館中です。
そもそも中国への渡航自体に渡航中止勧告(レベル3)が出ています。
こればかりは時間が解決してくれるのを待つしかないですね。
アメリカでもインフルエンザが流行っていますしもう何が何やら。


動画内にもありましたが「オレにもよくわからないんだ~」のセリフは間違っていない
という点については同意。
強力の神は本当に何がしたかったのでしょうか。
残虐の神も『最初からアタルを推しておけば良かった』という雰囲気がありますし、
神のガバガバさが目立っています。
本当に不公平ですね、神ってヤツは。

狂信的に野党叩きを行うDappiという輩

  • 2020/01/29 21:08
  • カテゴリー:その他
昼休みにYahoo!を見ているとトップでたまに目に付く野党叩きのトレンド。
誰が発信源かと調べた所、Dappiという輩という事が分かりました。

https://twitter.com/dappi2019

今回のコロナウイルスの件で初めてこの輩を知りました。
それはそれ、これはこれ、桜を見る会への追及も同じくらい大切です。
と言いますか、ウイルスの件は現場の方が一生懸命対応されております。
人一人ができる事には限度がありますしそもそも役割が違います。
これで蓮舫氏を叩くのは筋違いというものです。


調べるとどうやらカタギの人間ではない、非常に危ない人物である事が分かりました。
そりゃあそうでしょうねえ、まじめに働いている一般人が平日の正午前後に
こんな愚かな事に精を出す余裕なんてありません。
夜勤の方でもこの時間帯は睡眠中だと思います(経験者談)。

プロフィールの『日本が大好きです』は『お金が大好きです』の間違いだと思います。
このような輩に日本を良くしようという思想なんてありません。
自分の利益になる事ならば立場を簡単に変えてしまう事でしょう。
こうした輩には確固たるイデオロギーがありませんから。


こんな書き込みをしている奴も奴ですが、それに同調する人も同調する人です。
プロフィールや過去の書き込みなどを見て『何か怪しいな』と感じなければならないでしょう。
触らぬ神に祟りなし、私も変な人間に接触して自分の評価を下げないように気を付けたいです。

ページ移動

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

過去ログ

Feed