エントリー

そろそろプロレスリング・ノアを語ってみる

  • 2009/08/26 22:17
  • カテゴリー:その他

三沢光晴氏が亡くなった日、私は大慌てでこの日記を書きました。
何で自分は今までノアの中継も見なくなり
会場にも足を運ばなかったのか、と責めながら。

しかし、その後の状況や亡くなられる前の状況を振り返ってみると、
ノアという団体が非常に問題だらけだったという事が分かります。
三沢光晴という「選手」が偉大だった事には変わりありません。
しかし、「経営者」としては疑問符の付く所もありますし、
「人格者」かどうかと言われるとお世辞にもそういえない部分はあります。
そこで、自分の状況も含めてノアについて色々書きたい事を書いてみます。

続きを読む

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/636

コメント

まさぽん

私は90年代初頭の三沢氏が鶴田からギブアップ勝ちを
収めてからのファンだったので、ここ最近のノアの現状は悲しいですね。
世代交代は進まない、森嶋は恵まれた体躯が有りながら
成長しない等々・・・
川田問題も同意します。
あの一件以降、三沢、仲田の(特に仲田ですか)
度量の無さとは・・空いた口が塞がらないとは正にこのことですよね
川田自身も最近はハッスル主体で殆どプロレスでは
活躍してないし(ハブられたらしいですけど)

棚橋&中邑は棚はそれなりに成長しましたけど
中邑は正直う~ん(笑)というのが感想ですか
アメリカ修行の効果はあまりなかったと(笑)

  • 2009/08/27 19:20:00

N党K.F

私はプロレスファンになるのは遅かったですが、
ファンになってからは昔の試合も見ました。
全日本系では鶴田やハンセン、ウィリアムスが好きです。

川田の問題は(試合内容は過去に比べれば劣っていますが)あれだけ熱狂した試合の後に
こういう事が起きてしまい一気にしらけてしまいました。
せっかくストーリー的に盛り上がっていた矢先にあれでしたから。

>中邑
いえ、かつてのすぐに丸め込みに行こうとしていた時代に比べればはるかに成長していると思います(時代古すぎ)。
ただ、最近は新日本全体が「棚橋!棚橋!」の雰囲気があるので、
微妙にブレイクできない点が歯がゆいというか。
メインを棚橋から奪うようになって欲しいというのが正直な気持ちです。
ただ、来月のIWGPは真壁にも取って欲しいですから結構複雑。

  • 2009/08/27 22:52:00

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

過去ログ

Feed