エントリー

この結果に駿河屋はどう動くのか

  • 2023/12/02 18:03
  • カテゴリー:その他
東京Vが劇的ドラマで16年ぶりのJ1昇格…96分の同点ゴールでオリジナル10対決を制す

東京ヴェルディの関係者及びファンの方々、本当におめでとうございます。
あまりサッカーに詳しくありませんが、公式サイトで過去の順位表を見ると
最後にJ2へ降格してからはなかなかチームが上手くいかず、歯がゆい状態が続いていたと想像できます。
代表や他のチームで活躍する選手を輩出している育成力があるだけに尚更です。

そんな私でもこのチームでは2008年に再降格以降、何回かJ1への昇格のチャンスがあったのは知っています。
少し詳細を調べましたが、2018年のJ1参入プレーオフは酷いレギュレーションだなあと感じました。
今年と同じ条件でしたら既にこの年で昇格していましたし。
個人的にはJ1のチームを甘やかす必要はないと感じているので、
やはり今年のレギュレーションは妥当であると思います。
(今後どうなるかは分かりませんが)


残念ながら清水エスパルスは昇格を逃してしまいました。
個人的に気になっているのはこのチームのスポンサーである駿河屋。
本来でしたら最終節で自動昇格を果たし『J1昇格おめでとうセール』を行う予定だったと思います。
しかし、昇格はプレーオフにもつれ込み、そして今日の結果はこのようになってしまいました。
この日記を書いている現在ではエスパルス関係の動きはまだ何もありません。

仕方がないので『感動をありがとうセール』をやるのでしょうか?
現在はXmasセール(この時期にクリスマスセールを実施するのも妙な話ですが)が開催中ですので
行うとしたらそれが終わってからでしょう。
プレーオフ決定時には応援セールをやりましたし、さすがにこの件について全く触れないとは思えません。


今年のJリーグはヴィッセル神戸のJ1リーグ優勝やアビスパ福岡のルヴァンカップ初優勝など
非常に話題が多かったシーズンでした。
F県のいわきFCもギリギリとはいえJ2に残留出来て何よりです。

果たして来年はどうなるでしょうか?
日本代表も好調ですし今はサッカーが熱いです。



■2023年12月13日追記

あの熱戦から早10日。
まさか駿河屋が全くセールを行わないとは思いもよりませんでした。
公式ブログでも昇格プレーオフ後にエスパルスについて触れているのはこの記事だけ。
直前まであれほど応援セールを行っていただけに寂しさが感じられます。

『感動をありがとうセール』を行えないほど昇格できなかった事がショックだったのでしょうか?
それともエスパルス側からそうしたセールを行わないように通達されている?
いずれにしてもあれほど応援しておいてこれはちょっと酷いなあと感じました。

きっと駿河屋の社員の方のPCには『J1昇格おめでとう』の画像が保存されているのでしょう。
その画像が使われる事は叶いませんでした…

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/2049

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

過去ログ

Feed