エントリー

母の旅立ち

  • 2022/02/05 17:33
  • カテゴリー:日記
本日、私の母が亡くなりました。
癌を発見してから8年弱もの間闘病を続けましたが遂に力尽きてしまいました。
無念ではありますが仕方ありません。
これまで心身共に頑張っていましたが完治する事は叶いませんでした。

今日、病院から連絡が入り病室に到着した時には既に心拍数は0。
体も硬直している状態で全てを察しました。
医師の先生によると、最後は苦しい状態が続き「楽にさせて欲しい」という事で、
自らの人生を終わらせたそうです。
最後の最後に声をかけたかったですが間に合いませんでした。

それだけに、昨日面会(と兄とのテレビ電話)ができたのは本当に幸運でした。
一昨日に容体が急変し、その際は会話すらできない状況だっただけにタイミングが良かったです。
現在は、Covid-19の影響でお見舞いさえ満足にできない状況ですが、
家族全員の顔を見てから旅立てたのが救いでした。
残された私達も悔いを残す事がなく見送る事ができました。
亡くなった母の表情は非常に安らかであったと思います。


家に到着した後は家具の移動や母の亡骸のセットなどでドタバタしました。
分かってはおりましたが本当に悲しんでいる暇がありません。
肝心の葬儀の日程も他の所で予定が入っている関係でまだ分からない状態です。
このような状態で兄から連絡が入ったり訪問客が来たりすれば悲しみも忘れてしまうのも無理はありません。

私も派遣元と派遣先には現状を伝えました。
ただ、会社を休む日程などは全てが決まってからします。
未定の情報を伝えても仕方がないと思うので。
忙しくなる状態で抜けてしまうのは非常に苦しいですがやむを得ないでしょう。
私自身も忙しい中で体調を崩さないよう注意していきます。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/1826

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed