エントリー

いまさらながらヒットマン 13巻(最終巻)の感想

 

先延ばしにしていたヒットマン 13巻(最終巻)の感想を述べたいと思います。
と言っても、語りたい事は最終話が掲載された時にも書きました。
ですので、私の内容に対する思いはそちらも読んで頂ければと幸いです。


改めて13巻を読みましたが、どうしても、

「これで連載が終わってしまったんだ」

という感情が湧いてきてしまい、素直に作品楽しむ事ができませんでした。
120話を読んだ時は「ああ、この回の最終ページで最終回の告知があったんだっけ」
という事を思い出しましたし。
全体的に悲壮感が漂う巻でページをめくるのが非常に辛いです。


そして、ジャンヌが最後までスパートをかけた小鳥遊父に勝てなかった事に対し、
まるで自分の事ように悔しがっていた私がそこにいました。
本当に悔しくて悔しくて、読み直してより一層、その感情で心が一杯になりました。

それだけ、ジャンヌ=ルイーゼ・ミシェルというキャラが好きだったのでしょう。
SSスタイルで登場したら天井になっても手に入れたいという気持ちに偽りはありません。
終盤はほぼこのキャラ(とたまに若葉ちゃん)目的で読んでいたと思います。
もちろんストーリーとしてはこれが正解だと頭では理解しています。
それでも、ジャンヌには小鳥遊父の最終回を超えて欲しかったというのが正直な想いです。
小鳥遊父に勝ち逃げされた感じがして未だに気持ちの整理がついていません。


余談ですが129ページにヒロイン様の乳首が出ています。
他の巻でもよくある事なので今回が特別という訳ではありません。
ただ、あまりに唐突でしたので頭の理解が追いつかず、最初に見た時は、

「あれっ、雑誌掲載時にも出していたっけ?」

と少し混乱しました。
シリアスなシーンが続いていただけに意表を突かれた感じです
こういう場面はさすがヒロイン様の面目躍如といったところでしょう。


複雑な気持ちはありますが最終話は文句なしでした。
しかし、それは雑誌掲載時と同じ内容についてだけです。
『ヒットマン 13巻(最終巻)』という商品としてみると非常に不満があります。

まず、毎号表紙側のカバー裏についているおまけの4コマ漫画がありません。

 

新連載の準備で忙しくここまで手が回らなかった事情があったのでしょう。
それでも、好きな漫画だっただけに最後まで締めるべき所は締めて欲しかったです。

また、単行本内のおまけがこの漫画についてではなく、新連載である女神のカフェテラスの試し読みです。



いえ、マガポケで1話分全て読めてしまいます。
正直ここに試し読みを載せられても…という感じです。
ハードスケジュールで作者はヒットマンの最終回の余韻に浸る余裕すらなかったのだなあと痛感しました。
瀬尾氏がこの作品を軽く見ているとは思いたくありませんが、最終巻でこのような仕打ちを受けてしまうと
こちらとしても勘繰りたくなってしまいます。

唯一おまけと言っていいのはカバー内側のこの部分でしょうか。



まあ、他の巻でもここにはキャラ絵が描かれているのですけどね。
剣崎の顔とポーズがクロマティ高校を思い出させて妙なシュールさを感じます。
累計が1億部に届いていないのが何ともこのキャラらしいです。



色々と文句も書きましたが、なんだかんだで最終巻まで楽しませて頂きました。
自分の人生にとって大きな存在になるのは疑いようがないでしょう。
懸賞のポスターまで当たったほど縁があった作品ですから。
この漫画をリアルタイムで読めた事は幸せでした。

少し前にヒットマンのカテゴリーを作りました。
しかし、今後、この作品について取り上げる事はほとんどないと思います。
作者のイベントなどで動きがあると嬉しいのですが果たしてどうなる事でしょうか。
剣崎やヒロイン様、ジャンヌ達は私達の見えない所で今日も頑張っています。
少しくらいは久々にその姿を見せても、というのはワガママですね。

13巻以降の活躍を見る事ができない彼らの活躍を祈ってこの日記を締めたいと思います。
またいつか、逢える事を願いつつ。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/1759

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed