エントリー

2018年11月の記事は以下のとおりです。

本日の雑感

Twitterのトレンドにエスプレイドの文字があったのでクリックしてみる。



稼働開始から20年越しでようやく移植が決まったみたいですね。

今から新ハード買う気はあまりないのでSteam版で出てくれるとありがたいかな、と。
倉庫にはガレッガプレミアムエディションを積んでいるので、対応ハードがPS4だったら本体ごと買うかもしれません。
DLコードの期限は5年でまだまだ余裕があるとはいえ、下手すると忘れそうな気がするので。
おまけメインで購入しましたがゲームができないとやはり勿体ない。


今日は晴天で風もなかったので車のタイヤ交換を行いました。
先月の天気予報では『11月はタイヤ交換しなくても大丈夫』と言われていましたが、
今週になって『タイヤ交換は早めにやっておいたほうがいい』と変わりました。

所要時間は1時間弱。
軽自動車にしては時間をかけすぎかな、と思いましたが雑な仕事をして怪我や事故になるよりはマシでしょう。
今週末のノルマが終わって少し落ち着けました。

例年ですと今月の下旬に降る事があるのでこれでいつ雪が降っても安心できます。
とはいえ、私の地方はその後に雪が続く事はほとんどありませんので、
実際に効果を発揮するのは来月下旬からでしょう。
この前の冬はアイスバーンでハンドルを思いっきり取られた事もあるので安全運転を心掛けたいと思います。
下手したら事故でしたね、あの時は(汗)。

今週の調子はいまひとつ

  • 2018/11/16 20:26
  • カテゴリー:日記
今週の仕事は全体的に調子が悪かったです。
ミスが目立ち失敗が多かった気がします。

特に、優先順位が低いゆえに溜めてしまっている仕事が気になって
目の前の仕事に集中できないのは良くありませんでした。
個人的に早く終わらせたい仕事と優先度が高い仕事が違うという事はままあります。
時間があれば確実に終わるのですが、どんどん納期が短い仕事が回ってきて手が付けられないという。
少し残業させてくれれば楽になるのですがそれが封じられると結構辛いです。

『私はどうせ派遣だから』と割り切ってあまり気にしないようにはしています。
しかし、せっかく仕事をやるからにはやはりうまくやりたいもの。
派遣会社を通して入る私の評判も悪くはないみたいですし、
ミスを毎回反省しながら地道に取り組んでいけば良いのではないでしょうか。
貰える自給分だけはしっかり働きます。

実家付近のそば屋と施設の話

今週は母だけではなく私も体調を崩し仕事もうまく進められませんでした。
こんな状態でしたから退社後のゴルフも今週は1回だけ。
この週末も練習に行けませんでした。
それでもFFRKのクリスタルタワーだけはクリアしておく。

 

クリアの所要時間は1時間半程度。
今回は理不尽なボスはおらず極端な苦戦こそしませんでしたが長期戦が多かったです。

4層のハリカルナッソスは久々の全属性軽減持ち。
1枚目の写真の一番上で寝ているファリスは全く必殺技がありませんでしたが
デバフ要因として連れて行きました。
8割ほどダメージを与えた付近でやられてしまいましたが仕事としては十分です。
1層のギザマルークも難易度:220と高をくくっていましたが、防御バフが鉄壁だけでは倒せませんでした。
『プロテガとシェルガ無しでもいけるだろ?』と思っていましたが甘かったです。
雷属性のガチパーティーで組んでこれは少し恥ずかしい。

ちなみに今回のクリスタルタワーの期限は明日の14:59。
だから早めにくれしておけとあれほど(汗)。


そんな中、今日は母の要望でそば屋に行きました。
自身の体調も良くなり新そばの季節という事でどうしても行きたかったというので付き合う事に。

今回向かったのは南湖公園近くのそば処 茶園
到着したのは11:30頃でした。
どうせそばだしラーメンほどは待たないだろうと思っていましたが甘かったです。
店に入ると既に人が並んでいて20分程度待つ羽目に。
中にはあらかじめ予約していた客もいました。
他のそば屋でも同じようなシステムがありましたし『その手があったか』と思いました。
兄の一家が帰ってきた時にお約束になっている回転寿司(回転しない)
いつも予約してから向かっていましたしそれに気が付くべきでした。

肝心の味の方は…新そばの季節だけあってそばに風味がありました。
入り口にも『新そば』と書かれた張り紙があったのでそれは間違いないでしょう。
しかし、母はセットに付いてきたミニ天丼のご飯がグジュグジュでそこが残念だったと言っていました。
忙しい時期で炊飯の加減を誤ったのでしょうか。
どちらにしても、そのせいで母は『もうここには行きたくない』と言いました。

とは言っても、実家付近にそば屋ってそんなに無いのですよね。
有名なのはせいぜい4号線のそば処 きんしょうじ程度です。
会社の人が言うには『4号線の裏にある大清水食堂がおいしい』との事ですがどうでしょうか。
いきなり家族で一緒に行くのははばかられる外観ですので、人柱としてまずは一人で行ってみる事にします。

余談ですが、きんしょうじは子供の頃はその名の通り金勝寺という地域に存在していましたが、
7~8年前くらい(でしたっけ?)に4号線の道路拡張のため今の場所に移転されました。
当時は当時で趣があって風情がある店だったのですが利便性には変えられません。
金勝寺から郡山方面(北)に進むと総合病院が2件存在しています。
もしこの付近が2車線になっていなかったら通院客の車で大混雑していたでしょう。
実際、朝の時間帯は今でも他の地域よりも混んでいます。


実家付近にはラーメン屋とコンビニ、歯医者は腐るほどあります(笑)。
ゲームセンターはここでレトロなゲームができるので十分でしょう。
地方で東京のような贅沢を言ってはいけません。
最近はアーケードゲームをほとんどやっていないのですけどね。
レトロゲーム界隈も怪しい雰囲気が漂っていますし。
友人(だと個人的にはまだ思っている)のketさんが距離を置いたのも分かる気がします。

個人的には皮膚科の量が絶対的に足りないので誰か開業してほしいです。
内科も数はあるもののここはという絶対的な病院がありません。
考えてみると内科にも様々な種類の診療科目があります。
そのため、自分で今の症状をある程度把握してそれに合った病院に行かなければいけません。
何でも人任せにしていてはダメという事ですね。
風邪程度ならどこでも対応してくれますから大丈夫なのではないでしょうか(適当)。

隣接する恐慌と憤怒

  • 2018/11/06 23:27
  • カテゴリー:その他
女性客と運転手が殴り合い、バス転落13人死亡


数日前に中国で先月発生した悲惨な事故。
YouTubeにはテレビ朝日による動画もあります。
原因が原因だけに本当にやりきれないです。
発端となった当事者は既に他界しているため怒りのやり場もありません。


この映像を見てからどうすれば良かったのか自分なりに考えました。

1.乗り過ごした乗客が次のバス停で降りた後、目的地に着けるルートを再度考える

2.乗客が信号などでの停止中に低姿勢で運転手に降ろしてもらえないかお願いする

3.殴られた運転手は恥を忍んでその場で乗客を降ろす

これらの事ができれば無関係な乗客を巻き込んだ事故は発生しなかったと思います。
4番目の選択肢として『他の乗客が喧嘩を止める』というのも考えました。
ただ、喧嘩が始まった時点で止めようとしても恐らく間に合わなかったでしょう。

全ては乗り過ごした乗客がパニックになり冷静な判断ができなくなった事が始まりです。
そして、殴られた運転手もブレーキを踏むどころか片手で応戦し、
挙句の果てにはハンドルを思いっきり回すほどヒートアップ。
ハンドルを極端に回したのは殴った乗客を威嚇するためだと思います。
実際、運転手が回した時は何の妨害も受けていません。

私はTwitterやヤフコメ連中のように中国人の気質から事故が発生したとは微塵も思いません。
このようなショッキングでありえない原因だったがゆえに世界的に報じられるのではないでしょうか。
実際、私が政治や経済、スポーツ以外のニュースを数日間考え続けるなんて非常に珍しいです。


今回の事故の教訓は『パニックって怖いな』という事。
また『パニックと怒りという感情は隣り合わせなのだな』という事です。
パニックに陥ると、第三者から見れば全く大したことのない問題でさえ冷静な判断ができなくなります。
そこに怒りという感情が加わればもはや収集がつきません。
自分だけではなく周りも巻き込んでしまいます。

私の好きなマリア様がみてるの9巻(チェリーブロッサム)にこんな話があります。
登場人物の一人である藤堂志摩子の実家はお寺。
通学している高校であるリリアン女学園はカトリック系。
その矛盾した信仰心を志摩子さんは深刻そうに抱えていました。
そんな志摩子さんの肩の荷を下ろすため、みんなはグルになり志摩子さんをヤラセ演劇に誘い出します。
そこでその事実を打ち明けさせるというドッキリ。

BGN(バックグラウンドノイズ)ですね。
当然みんなにとってそれは周知の事実であり、作者のあとがきの言葉を借りるならば

何だ、そんなこと悩んでいたの?

という落ちになる訳です。
しかし、あとがきでも書かれているようにこうした思い込みというのは決してオーバーではありません。
志摩子さんに限らず人間というものは知らない間に深い穴を掘るようにドツボにはまっていきます。

今回の事故で殴った乗客の怒りの原因も他の人から見れば些細な問題でしょう。
次のバス停で降りてそこで考えればいいじゃん、と。
ところが、その乗客が冷静な判断ができなくなった結果、運転手に怒りの感情をぶつけてしまいました。
その運転手も怒りの感情に巻き込まれ一緒になって深い穴を掘ってしまう事態に。
その結末は皆さんご存知の通りごらんの有様です。
無関係の乗客を道連れにして物理的にも深い河へと飲み込まれてしまいました。

交通事故に限らず、事故というのは複数の要因が重なって発生する場合もあるとはよく言われています。
今回の中国の事故はまさにその典型例でしょう。
繰り返しになってしまいますが、私が最初に上げた3つの内の1つでも実行できていれば
あのような大惨事には至りませんでした。
事故が起きても単なる物損事故で済んだと思います。
今回のように対向車や並行車を巻き添えにする可能性も当然ありますが。
(殴ってきた乗客に罪を着せるため、運転手がわざと事故を起こそうとした可能性がありますがそれは置いておきます)


人間の誰もが恐慌と憤怒の感情を持ち合わせています。
『私もこうならないように気を付けよう』と思っても実際に当事者になるとそれは難しいです。
だからこそ、自分という存在から一歩離れて客観的に見る・考える能力が重要なのだと思います。
そうすれば負の感情を爆発させるギリギリの所で踏ん張れるのではないでしょうか。
爆発させて気持ち良くなるのはその瞬間だけ、後にはマイナスの現実しか残らない現実が分かるはずですから。

どのようにすれば防げるようになれるのかは私にも分かりません。
私ができるのは、日常生活のちょっとした事でも自分の頭の中で考え、客観的・冷静に物事を見る力を
養っていく事くらい。
せめて自分で鍛えられる能力は少しでも高めていきたいと思います。

体がついてこない21時過ぎ退社

  • 2018/11/01 22:58
  • カテゴリー:日記
今日の退社は正社員の時以来の21時超えになりました。
先月から突発で3時間近い残業がありましたが、派遣社員でここまで仕事をしたのは初めてです。

『正社員の時はこれが普通だったし別に大丈夫だろ』と思っていましたが、
体が定時生活に慣れてしまったのかグッタリしてしまいました。
体を使うわけでもないデスクワークで、です。
ただ、書類を凝視してチェックしたりExcelで作成したりするので首から上は結構疲れます。
19時過ぎ頃には完全に集中力が切れていました。

少し前まではその時間でしたらハイテンションで逆に効率が上がっていたのにおかしいですね。
きっと正社員の時は営業でしたから客先対応からの解放感があったのでしょう(笑)。
夜になればひっきりなしにかかってくる客先や仕入先からの電話もなくなりますし。
残業は落ち着いて仕事ができる唯一の時間帯でした。


かつてはこの時間帯での退社が当たり前でしたしそれを普通にこなしていました。
ですから、今後は残業でも集中力が落ちないようにしないとダメですね。
時給制で残業にはやりがいがあるのでそれを雰囲気で見せないといけません。
今日は母の具合が悪かったのに逆に心配させてしまいました。
退社時と帰宅時の挨拶だけは大きな声を出しましたが、それでは空元気は隠せません。
残業に慣れていけば体もついてくるでしょうから少しずつ感覚を取り戻していきましょう。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed