エントリー

国会図書館に関するQ&A その2

寄贈に関して疑問が残っていたので、前回に続き、
再度国会図書館へ質問をしてみました。


Q1.空のフロッピーディスクなどの媒体でも、他に無い形状で内装が特殊な物は納品対象内か?

A1.あくまで中のデータに価値があるので、空の媒体は納品対象の範囲外になります。


Q2.PCゲームソフトのような箱はビニールから開封されていても中のCDが未開封の物は納品可能か?

A2.箱のビニールを破ってしまうと、『何が全て付属されているのか』を国会図書館側で判断できないため、
  納品対象の範囲外になります。


Q3.それでは、最初からシュリンクされていない電子資料はどうなるのか?

A3.個人様で寄贈される場合ですと、Q2の理由のため納品できません。
  ただ、出版者(企業)様から納品された場合は登録可能になります。


Q1の回答に関しては、まあ予想通りです。
そもそも、電子『資料』と謳っている訳ですから、その資料が無ければ納品する意味がありません。

Q2に関しても予想通りでした。
寄贈する時はしっかり未開封品を買いましょう、という事ですね。
電子資料の寄贈に関しては非常にシビアだという事を改めて感じました。

Q3に関しては・・・プロジェクトTでSFC版とGBC版のときメモを寄贈しているだけに少し怖いです。
システム変更のドサクサに紛れて登録されていると良いのですが(汗)。
だめでしたら、コナミに事情を説明し納品していただく事にします。
しっかり説明すればコナミ側も納得するでしょう、多分。
『御社の製品を日本国として保存したい』と伝えて嫌がる人はいないと信じたいです。
コミックギアのように表に見せたくないようなものでない限りは。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/969

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed