エントリー

そこは1つの町の企業であった

  • 2008/08/26 23:27
  • カテゴリー:日記

静岡に面接遠征してきました。
その会社に辿り着いた第一印象は「自分には不釣合いな企業だなあ」という事です。
自分のスペックを軽く超えている規模の会社でした。
それに圧倒されながら面接と適性検査を受ける事に。

まずは面接。
結果としてはまあまあだったのではないでしょうか。
会話も盛り上がりましたし自分の伝えたい事はしっかり伝えられたと思います。
事前に用意した質問事項もバッチリ。
これで落ちたとしたら恐らく転職理由が不十分だと考えられます。
ここで少しだけ詰まったので。

次に適性検査。
私は最初SPIを予想していましたが今回はなんとクレペリン検査。
やる事は単純ですが量が多いのでひたすら体力勝負です。
作業量にばらつきがあるといけないのは知っていましたので
常に一定の量を計算できるように頑張りました。
しかし、これで何のデータが得られる事やら。
これが原因で落とされたら泣くに泣けません。


正直、競争率も高いようですしあまり期待はしていません。
自分で「上手くいった!」と思った先週土曜の面接も落とされたので自信が無いです。
まあ、今の私はやれる事をやるだけです。
そのためにハローワーク通いがしばらく続きそうですねえ。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/478

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

Re:徐々に冬に入っていく
2022/09/30 from N党K.F
Re:徐々に冬に入っていく
2022/09/30 from こんばんは
Re:駿河屋ガチャでまさかの大当たり
2022/09/07 from こんばんは
Re:駿河屋ガチャでまさかの大当たり
2022/09/07 from N党K.F
Re:駿河屋ガチャでまさかの大当たり
2022/09/06 from こんばんは

過去ログ

Feed