エントリー

はっきり言って、対抗制圧戦の調整は失敗

対抗制圧戦、皆様お疲れさまでした!

 


しかし、Twitterを見ると、制圧戦の進め方でいざこざが発生しました。
『制圧戦警察』なんて呆れた単語が出てくるほどでした。
以前にも日記に書きましたが、『○○警察』というネット用語は虫唾が走る、大嫌いだと言ってもいい言葉です。

「ソロゲーなんだから好きなようにプレーすればいいじゃん」

という達観したように見える発言をされた方もいらっしゃいます。
ですが、今回の制圧戦はマルチという他のプレイヤーと共同して進めるコンテンツです。
しかも、それがプレイヤー自身の報酬に繋がるシステムなのですからその言い分は通りません。
もちろんそのスタイルは間違っていませんが、不満の声を上げる人に対する回答としては不適格です。


一番の失敗は制圧戦の序盤で気絶周回が可能な拠点を置いた事。
雷電IIでバルカンの威力を弱体化させたくらい大きな調整ミスだったと思います。
気絶周回ができない事に不満を持ったプレイヤーの声に負けて設定したのでしょう。
そんな事をすれば最前線へ回らなくなる方が少なくなるのは自明の理。
このような簡単な事を読めなかったとは思いませんが、ここまで最前線に回る人数が減ったのは
恐らく予想外だったのではないでしょうか?

「制圧する時間が延びれば、仕事をしているプレイヤーの方も絵馬が取りやすくなる」

といった擁護の声もありました。
ただ、最前線で周回を行うのは単に絵馬が欲しいからだけではありません。
私のように『みんなで力を合わせて進行度100%を目指す』という一体感を味わいたい方もいます。
と言いますか、むしろ、それがマルチの制圧戦での一番の醍醐味であったはずです。
今回は足並みがバラバラであったためその高揚感が全くありませんでした。
イベントの供給過多で制圧戦に手が回らないという事情もあるでしょう。


今後の制圧戦の改善点としては、

1. 気絶周回が可能な拠点は、最後の最後(レイドボスの直前)に設定する

2. 制圧戦の開始時間を日勤の方に合わせて17時にする

3. 全制圧完了前までは能力値の最前線以外の能力限界値を低くする

でしょうか。
気絶周回が可能な拠点は絵馬の回収のために必要でしょう。
ですが、今回のようなタイミングで配置すれば最前線を周回しているプレイヤーが
損をするのは誰が見ても明らかです。

2に関しては夜勤の方には大変申し訳ないですが、昼間にプレーできない日勤の方や就学者に
合わせるべきだと思っています。
『家に帰ってきて制圧戦を開いたら全ての拠点が制圧されていた』というのは、
絵馬のドロップ以上に『参加できなくて面白くない』という感情の方が大きいです。
終わったお祭り会場を眺める事ほど虚しい事はありません。

3に関してはできるだけ最前線を回るメリットを増やすという意味で。
もちろん、その日に解放された全拠点の制圧後は、全拠点で最前線と同じ限界値に戻ります。
正直、プレースタイルを強制するのは私も嫌ですが、現状で不公平なシステムになっている以上、
このような形で無理矢理縛るのもやむを得ません。


今回の制圧戦について長々と書きましたが、私が一番言いたいのは、

「プレイヤーに媚びるな!Twitterに書き込んでいる方が全てではない!」

という事です。
そもそも、今回の対立を生みだした一番の原因は運営に他なりません。
このゲームをプレーしている方の中には、私や友人のようにTwitterをしていない人も大勢いるはずです。
そうした、声なき声に対しても運営の方はより一層真摯に受け止めて欲しいと感じます。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/1724

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed