エントリー

命が無事で本当に良かったゴルフラウンド

  • 2020/12/21 19:24
  • カテゴリー:日記
1週間更新していませんでしたが、大丈夫です。
元気ではありませんが普段通り仕事をこなしていました。


ただ、12/13(日)のゴルフは非常に調子が悪かったです。
あれだけ事前に練習したにもかかわらずアイアンが全く上がりませんでした。
これではせっかく新調した6番アイアンも意味がありません。
また、ドライバーもしっかり飛んだのに距離が足りずにOBになってしまった時もありました。
コース自体が難しく、友人達のスコアも全体的に悪かったですが、それを言い訳にできない程酷かったです。

今回に関してはキン肉マンのバイコーン以上の醜態を晒したのではないでしょうか?
開始前、私の日記をチェックしていた友人からは、

バイコーンよりマシってなんだよ!意味わかんねぇよ!」

という至極もっともな正論を言われました。
後半からはそれに触れる余裕が無いほどボロボロになってしまう事態に。
もっと練習しましょう。
先週は忙しさと寒さを理由に全くゴルフ場に行っていませんでしたが(汗)。


ゴルフの帰りも散々で、実家近くのインターチェンジに降りた後、危うく事故に遭いかけてしまいました。
地元に戻った影響で緊張の糸が切れ、集中力が欠けていたという理由もあったと思います。

夕食をとろうと目的の松屋に到着したのはいいものの、いきなり目の前で大勢の家族連れが入り、
混雑してしまったためイライラしてしまう事態に。
それなら近くの幸楽苑に行こうとした矢先にその出来事は起こりました。

普通の状態でしたら、交差点が近い場所で無理して一気に一番奥の右折レーンに
入るなんて無謀な事はしません。
手前に止まっていたトラックに道を譲られた焦りもあったかもしれません。
それにゴルフや運転による疲れと、家族連れが松屋に入ったというイライラも加わったのでしょう。
奥のレーンにも車が無い事を確認して一気に左折して右折レーンに行った途端、いきなり後続車から
クラクションを鳴らされその車は私を避けるように左折。
その瞬間は「さっきまで車の気配が無かったのにどうして?」と感じました。


結局、事故に遭いかけたショックが尾を引き、その後にどこにも寄らないどころか
帰宅しても食べ物を全く口に入れずに就寝しました。
一晩経ってもショックは消えず、翌々日までその事が頭をよぎって仕事に身が入らなかったほどでした。

今回の事で、ゴルフの帰りではどこかに寄って食事をとるのは危険であると学びました。
土日は家族が夕食を用意しなくなったので、次回は冷凍のチャーハンなど
すぐに食べられるものをあらかじめ準備しましょう。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/1714

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed