エントリー

F県民としてヒットマンを応援します

今週のマガジンに掲載されているヒットマンを読んで非常に驚きました。

 

F県銘菓、三万石ままどおるじゃないですか!
あまりの出来事に最初は1文字だけ変えたパチ物かと思っていました。
しかし、次のページではしっかり『ままどおる』というセリフがあります。
この前のゴルフで友人に差し入れしたのでタイムリーな話題です。
その時に渡したままどおるは普通のままどおるではなく、期間限定のチョコままどおるでした。
私はこちらの方が好きなのですが秋から冬にかけてしか食べられないのが難点です。

ちなみにこの漫画の2ページ後で若葉(ままどおるで主人公をもてなした人物)が
いわき市出身である事が分かります。
昨日のいわき市は大雨でしたが彼女の実家は大丈夫なのでしょうか。
連載とドンピシャのタイミングで降ってきましたからフィクションのキャラとはいえ心配してしまいます(汗)。


一通り読んで思った事。

「作者とコオダンシャは三万石に使用許可を取っているのだろうか?」

どこぞのエニックスじゃないのですからさすがに無許可で使用する事はありえないでしょう。

ただ、掲載ページ内や巻末の作者のコメントでは使用許可について全く言及されていません。
作者のTwitterでままどおる自体について触れられている程度です。
普通は枠外に協賛表示などがあると思うのですが。

念のため三万石にメールをすると次のような回答が来ました。



さすが講談社、ハイスコアガールのような事をしでかす会社とは違います。
あの一流出版社がそんなイージーミスを犯すわけが無いじゃないですか。
これで私は心置きなくF県民としてこの漫画を応援できます。
このキャラが登場する巻だけは買う事に決めました(微妙にケチ臭い)。

余談ですが、瀬尾公治氏の作品で一番好きなのはマガジン作品ではなく、
コミックブレイドに掲載されていたプリンセスルシアです。
とある事情から読む事になったのですが、最初読んだ時はてっきり読み切り作品だと思っていました。
まさかマガジンの連載と同時並行で連載していたとは、真島ヒロ氏と同じくらい
漫画を描くのが好きなのですね。
今のヒットマンもあまり休載していないイメージがありますし。


という訳で、先程も述べましたが私はこの作品をF県民として応援する事に決めました。
エキソンパイとチョコままどおるもぜってぇくってくれよな!
あと私の地元の白河ラーメンもぜってぇくってくれよな!

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/1594

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed