エントリー

今の任天堂に対する想い

  • 2018/02/01 19:34
  • カテゴリー:ゲーム
実は任天堂のスプラトゥーン2のレベルデザイナー募集に応募していました。
で、今日それについてのメールが届いたのですが。



そりゃあこうなりますよね、知っていました。
まあ、任天堂からの課題に白紙(要求内容に回答せず個人的な持論を展開)で提出しましたから、
『ようやく落としたのか、こんなの速攻でお祈りメール送れよ、任天堂さん』と思ったほどです。
回答の中には現状の企業体制に対して嫌味っぽく釘を刺した文面もありました。
無意味に任天堂へ喧嘩を売っていくスタンス(爆)。

正直に申し上げますと、スプラトゥーンのルールについては全く知りません。
知識としてあるのは塗料でガンシューっぽい事をやるという事だけです。
また、この歳で地元を離れ京都本社で働くというのも現実的ではありません。
そのため、今回は完全に冷やかし(というと語弊があるかもしれませんが)で応募しました。


これで実技試験まで行ければ面白かったのですが、さすがに任天堂もそこまで甘くはなかったようで。
『N党』という事で任天堂は好き『でした』。
NINTENDO64 ~ Wiiの初期頃までは。
今はこのゲームメーカーに対する思い入れはありません。
Wii後期以降、嗜好するゲームとは全く異なる方向に進んでしまい、その頃から自分の心は離れていったと思います。

決定的だったのは3DSの値下げとバーチャルコンソールの頓挫でした。
それ以降もニコニコ動画に媚びたり、挙句の果てには生放送の配信者と癒着していたり
しているという話まである位です。
(私の個人でのゲーム配信に対するスタンスは以前の日記の通りです)
プライドも何もない、売上を上げるためには何でもありですか。

昔の質実剛健な任天堂はもはや存在していないのですね。
時代の流れとはいえ少し寂しいです。 私の方向性に合致するゲームメーカーは恐らくトレジャーでしょう。
レイディアントシルバーガンや斑鳩、コナミ時代を含めれば魂斗羅スピリッツとか。
実直でゲームゲームしているゲームを作るメーカーですね。
そう考えると今の任天堂に興味がないのもさもありなん。


果たしてスプラトゥーン2のレベルデザイナーはどうなるのでしょうか。
ゲームには興味ありませんが、採用された方がどのようなバランス調整をするのかは気になります。
やっぱり採用されるのはこのゲームに精通した方なのでしょうか。
個人的には全く知識がない第三者の方の意見を取り入れて欲しいものですが。

えっ、この日記を任天堂の社員の方が見たらまずくないかって?
多数の応募があったとはいえ、氏名にFが付く方なんてしっかり調査すれば特定できるでしょうし。
まあ、公式サイトに書かれている内容以上の事は書いていないので大丈夫ではないでしょうか。
それでも問題が発生しましたらその時はその時です。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/1310

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed