エントリー

中華ヘッドホンアンプ S.M.S.L製 sApII PRO レビュー

  • 2015/09/22 19:33
  • カテゴリー:その他

巷で話題の中華アンプを購入しました。
懐に余裕がありますし国産でも良かったのですが、入門用として失敗しても痛くない物を選びたかったので。
中華アンプの実力は周知の事実ですし何より面白そうだと感じたのが決め手でした。


今回私が購入したのはこちらです。

 

S.M.S.L製ヘッドホンアンプ sApII PRO(ブラック)。
購入したのはAmazonのマーケットプレイスで金額は\6,987(送料込)也。
入力2ch?、出力1chのシンプルな商品です。
他にも様々な種類の商品がありましたが通常のアンプ機能は不要でしたのでこれにしました。

当初はまさか中国から直接取り寄せるとは思ってもいませんでした。
てっきり日本で在庫があるものとばかり思っていたので。
購入前には気が付かず、発送後の納期の極端な長さでようやく気が付いた位です。
別に急ぎの物ではありませんでしたので気にはしませんでしたが。
それにしても\688の送料で中国から輸入できるなんて凄い時代ですね。

元々の導入目的は、W240DでGC版斑鳩をプレーする際に
貧弱なMediaMateIIのヘッドホン端子を使わず良い音質でプレーするためでした。
使ってみると確かに音の広がりが全然違います。
後述しますが内部のOPAMPはOPA2604APが使われておりその他の部品もしっかりしています。
OPAMPを交換できる事は事前に調査していましたが、
標準で使われているのがOPA2604APだとは思いもよりませんでした。
このOPAMPでしたら別に無理して交換する必要もないと思います。
唯一耐久性が不安ですがこればっかりは使ってみないと何とも言えません。
中国製でこの金額ですから壊れた時には割り切る事にします。

多少お金はかかりましたが導入した効果は十分ありました。
ただ、Wiiは今は母のWii Sports専用機になっており居間に置かれています。
私も斑鳩はSteam版を購入したためヘッドホンアンプはお役御免・・・となるはずでした。

しかし、ヘッドホンアンプには出力を大きくする別の使い道があります。
今まではPCに直接ヘッドホンを繋いでいましたが
『もう少し音を大きくしたい』という所で音量が最大になってしまい不満に感じる事がありました。
そこでヘッドホンアンプを用いれば音量を更に上げる事が出来ます。
音量の幅が広がって快適になりました。
まあ、その分ノイズも目立ってしまうのですがそこは甘受します。
私のような似非オーディオファンにできるノイズ対策なんてたかがしれていますから。


さて、ここからは商品の梱包状態や内部写真を見ていく事にします。

続きを読む

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/1181

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed