エントリー

2012年04月の記事は以下のとおりです。

やはりフラグでした

  • 2012/04/08 21:51
  • カテゴリー:日記

今日、一昨日の面接結果の書類が届きました。
結果はやはり、想像していた通りのお祈り書類。
しかも、書類の日付が面接した当日でしたから速攻です。

やはり『結果は書面を郵送して~』というのはお祈りフラグでした。
某外資系企業よ、少しでもいい夢を見させてもらいました。
これで迷う事無く他の面接の選考に望めます。

自分の中で考えられる反省点は、

・他の営業所の募集でお祈りを喰らったのに応募をした事

・そして、それを面接中にうっかり話してしまった事

・緊張しているのに『リラックスしています』と嘘をついてしまった事

でしょうか。
特に、他の営業所の募集でお祈りを喰らった件は、
決して話すまいと思ったのですがつい口に出てしまいました。
変な所で正直になって変な所で嘘をつくというのがよくなかったです。
まあ、自分の力がこの会社では発揮できない(ついていけない)と
感じられたのですから仕方ありません。
大変そうではありますが働きたかったのですが・・・


また暗い話ばかりになってしまうので明るい話も。
先日プロジェクトTの番外編と第十三回お馬鹿ショーの品を
国会図書館へ寄贈しました。
詳細は後日改めて報告します。
本当なら東方求聞口授の発売まで待ちたかったのですが、
度重なる延期でいつになるか分からないと感じたので早めに寄贈しました。
その上、東方三月精は角川書店自らが寄贈するので、
グズグズしていると先を越されてしまう事情もあります。

このままですと東方求聞口授は第十四回まで持越しでしょうか。
本編のシリーズよろしく『十三・五回』という名称で行う事も考えています。
ただ、例大祭で何か動きがあるかもしれませんからしばらくは様子を見ましょう。

相手が求めている回答にしっかり答えたい

  • 2012/04/07 18:12
  • カテゴリー:日記

で、散々勉強したその翌日の筆記試験だったのですが・・・
PATタナベ式性格テストという非常にマイナーな物でした。
内容は知識力よりも、むしろその場での判断力が問われるものでした。
せっかく必死になってSPIの勉強をしたのに(汗)。

それでも、多少SPIと被っていた部分があったのが救いでした。
全くの無駄骨という訳ではなかったので。
ただ、計算問題で解答欄を間違えてしまったという大きなミスが発生。
慌てて修正して事なきを得ましたが、少し時間が勿体無かったです。

また、面接自体も無難には終わりましたが、

「ああ、あの時注意すればもっと良い印象が与えられたのに!」

という不完全燃焼な内容でした。
内容はは上手くいったと思うのですが、後になって考えると不安な点が一杯です。
面接で緊張してしまうのはいつもの事なのですが、
今日はその欠点がもろに出てしまいました。
もう少し、質問に対して適切な返答をすべきだったと思います。
話が脱線してしまう部分があったので。


しかし、悔やんでばかりもいられません。
来週は面接が3件もあります。
しかもそのうち1件は私の実家にある企業です。
今後は、今日の反省点を修正して面接官が要求する回答を発言したいと思います。

『書面で連絡』という言葉は重い

  • 2012/04/06 16:44
  • カテゴリー:日記

今日もまた面接でした。
台詞を噛んだ部分は多々あったものの、会社に対する情熱は伝えられ、
仕事内容も私が想像した通りでした(医療機器業界なので厳しいという事)。
話も終始良いペースで進んで希望年収の話まで出た位でした。

しかし、面接の最後に面接官から、

「結果はなるべく早く書面を郵送してお伝えしますので」

という言葉が。
私の中では『書面で連絡=お祈り』という印象があるので少しガックリしました。
本当に書面で次へのステップ(もしくは内定)に繋がれば良いのですが、
いままでそんな体験は一回もありませんでした。
逆(電話でお祈り)のパターンは何回か合ったのですが。
まあ、明日も面接ですし落ち込んだままでは仕方がありません。
気持ちを切り替えて明日に望む事にします。


ただ、明日の面接での筆記試験がSPIだという事を今日になって気がつきました。
ネットの情報と筆記試験の時間での推測ですが、ほぼ間違いありません。
ですので、ブックオフで専門書を買って必死になっていますが・・・
どうなることでしょう。
『何もやらないよりはまし。せめて簡単な問題は解けるようにしよう』
と自分を安心させているだけにしか思えません。
今はただ、面接重視の選考である事を願います。

改良された?新お礼状

最近は暗い話ばかりでしたのでたまには明るい話も。
プロジェクトTのお礼状を長い間公開していなかったので
改めて紹介したいと思います。

続きを読む

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

過去ログ

Feed