エントリー

2009年10月の記事は以下のとおりです。

群馬ドライブ1日目

  • 2009/10/22 22:52
  • カテゴリー:日記

憂鬱な群馬ドライブの1日目が終了。
土曜までこれを行うので後2日これがあります。
別に作業を行う事自体は別に良いのですが、
朝早起きして出発しなければいけないのが辛いです。
他の人は新幹線で現地まで行けていいなあ。
まあ、私には他の先輩方を車でお連れするという役割があります。
それさえなければ、実家に直接帰って現地へ直行する荒業ができるのですが。

それに駅から車で40分位かかる場所ですし、
最初から車で行かないとお金がかかって仕方がありません。
タクシーで往復10,000円、レンタカーで6,000円追加で払わなければ行けません。
そう考えると、車で直行するのは理に適っていると言えます。
高速代(とガソリン代)だけですみますし。
運転する疲労でそれらの経費を削減します(爆)。


実は他に書きたい事があるのですが、
頭の中でまとまらないためそれは調子の良い時に。
あまり長引かせるのもまずいのかもしれませんが。

楽しくない群馬へのドライブ

  • 2009/10/21 23:08
  • カテゴリー:日記

明日は某大手メーカーに出した製品でクレームが起こり、
その検査のためわざわざ群馬の山の工場へ行く事になりました。
ちなみにそれが発覚したのは今日の18時過ぎ。
いきなりと言えばいきなりですが、
納入した700個が異常である可能性があるのですから仕方ありません。
検査自体は私ができる程度のものなので大丈夫っぽいですが、
数が数だけにとにかくマンパワーです。
それが予定によると三日間(土曜含む)あるのですから。

ただ、私は午前中に東洋町の客の下へ行く必要があるため、
合流は午後からになります。
自動車運転する体力は大丈夫でしょうか。
都心は交通量が多くて時間が予測しにくいのが嫌です。
ああ、これだから部品メーカーは苦労します。
前の会社(完成品メーカー)ではなかった事ですね。
いい勉強だと思って諦めて行ってきます。
クレーム先は結構な売り上げのある所ですし、
ここで人を集めて誠意を見せないと。

果たしてどんな「0巻」になるのでしょう

  • 2009/10/19 22:47
  • カテゴリー:その他

<ワンピース>劇場版アニメ入場者に「0巻」をプレゼント 20年前の世界を描き下ろし

寄贈マニアとしては久しぶりに面白いニュースが来ました。
ワンピースも一時期は面白くなくなって読むのをやめていましたが、
最近はちょくちょく立ち読みで読んでいたりします。
というかジャンプでまともに読めるのがこの漫画位しかなくて。
アイシールド21も終わりましたしNARUTOは元から見ていません。
なので、今週はジャンプを立ち読みすらしていません。
まあ、どちらかといえば私はマガジン派なのかもしれません。

さて、この0巻ですがどうやら先着順にプレゼントされるそうですが、
どうやらジャンプの記事によると150万部らしいです。
さすが国民的漫画作品はレベルが違いました(笑)。
どれだけ用意しているんだよ、普通に売れるだろ、という感じです。
しかも、作者の新規書き下ろしという力の入りっぷり。
そりゃあ、東方とかの特典とはレベルが全然違いますね(汗)。
ファンにとっても魅力的ですし、
大々的にニュースにされては駆け込む人も結構いる事でしょう。
ファンが注目している過去の話となれば尚更。
ただ、この部数があれば「貰えなかった」という悲劇も少なくなるはず。
なるべく、多くの人の手元に渡って欲しいものです。
もっとも、この数を用意してもこうした杞憂な心配をしなければいけないのが
ワンピースという作品の恐ろしい所ではあります。


個人的な話になりますが、
こうした付属の書籍って国会図書館は扱うのでしょうか。
個人が作った同人誌でさえ納本してくれる位ですから、
大丈夫だとは思いますがその辺りが少し不安。
貴重な資料として残して欲しいだけにその時は通って欲しいものです。
後、この歳でワンピースの映画を見に行くという行為自体が。
まあ、プリキュアの映画を見に行くよりはまだマシでしょうけれど(笑)。

すれ違う思想

  • 2009/10/18 13:14
  • カテゴリー:その他

かじゅさんからなんでニコ生で撮影を行うかの返答がありました。
ああ、私がずっと抱えていた違和感がやっとわかりました。
「アイドル願望」これが大きいのかなあ、と思いました。

他の方の配信はketさんのガレ研配信を見ていましたが、
かじゅさんの所からはそれとは異質な物を感じていました。
私自身、自分や周りが楽しめればいい、
というあの人のスタンスに大きく賛同していました。
私がゲーム・ブログをやっている理由もそうですし、
それはガレッガ仲間の方の間では共通事項となっています。
「つまらなくなったらやめればいいんだよ」というのも(笑)。

また、私自身が「ネットで人気者になっても意味が無い」
という考えが強いからかもしれません。
ゲームの動画も「見てくれる人にしっかりしたものを見せたい」
というスタンスがありますし。
閲覧者の数だけを求めればニコニコ動画に上げればいいのですが、
それをせずzoomeに上げているのはそういった理由からです。
後は、会員制で無いので全世界の方が見られるという事もあります。
せっかくWWWの利点を生かせないのは非常に勿体無いしつまらないですから。
ガレ研の配信でたまに外国の方が来ますが、
拙い英語で対応するのがまた楽しかったりします。


「身内だけに相手をしても仕方ない」とありますが
私は逆に「日本人だけを相手にしていても仕方がないのでは」という気持ちです。
かじゅさんのスタンスを否定はしませんが、私とは相容れないのかなあと思います。
楽しみ方は個人の自由ですしかじゅさんのやり方もありだとは思います。
第一それは私がどうこう言う事ではありません。

第七回で一区切りか

先週、東方儚月抄の底巻(下巻の事)が出たので購入しました。
購入は特典が豪華なとらのあなとメロンブックスに。
湯呑のためにわざわざ秋葉原まで行ったのは秘密です(爆)。

一緒に東方の新作も購入。
左にあるのはとらのあなの特典のカードらしいです(よく分からない)。
日記を書いている最中に、
今月のREXには東方儚月抄収納BOXが付録にある事に気が付く。
明日買ってこよう。

例に漏れず、メロンブックスで購入したまっさらな単行本は
すぐに郵送されて国会図書館へ。
とらのあなで購入した単行本はそのまま保存ルートです。
中身は実家の本屋で立ち読みしましたし(というかよくこの本が置いてあった)
読んでもそれほど面白いものではないので別に良いでしょう。
下巻を「底」という表現にしたのは以外でしたが、
「底」という文字がこの漫画自体を暗示しているような気がして仕方ありません(汗)。
出るのが遅れたのは作者が加筆しまくった影響もあると思いますが、
それよりも早く出して欲しかったというのが正直な気持ちでした。
マスタースパークが餅でなくなっても、
話の中身自体が変わるわけでもありませんから(おいおい)。

さて、去年から続いたお馬鹿ショーもこれで一区切り付きました。
後は4コマの外伝が残っていますが残りはその位だと思います。
これで私の寄贈ラッシュも終わりでしょう。
やっと終わったと思う反面、好きでやっていただけに少し寂しい気もします。
もはや、国会図書館への寄贈はライフワークになっていますから、
また何か送りたいという気持ちが強いです。
一応あるにはあるのですが・・・これはまた次回のネタとして取っておきます。


■おまけ

国会図書館で月のイナバと地上の因幡が閲覧可能になりました。

ファイル 652-1.png

「付属資料:フィギュア1体」って(笑)。
燃えるごみに出されるのを覚悟で同封しましたが、まさかこんな事になるとは。
一応、公式の付属物は保管されるみたいですね。
国会図書館の倉庫でたたずむ鈴仙フィギュアを想像すると笑えます。

8回5失点で降板した投手みたい

  • 2009/10/09 22:52
  • カテゴリー:日記

何とか連休に漕ぎ着けました・・・
今週は週半ばから担当先からも上司からも叱られる場面が続出でした。
そのせいで体調の方もグダグダになってしまって。
今現在でさえ固形物が食べられません。
ここ数日はミニッツメイド(朝バナナ)と野菜ジュースだけで過ごしています。
下手に固形物なんて食べたら下痢が止まらなくなります。
幸いにも食欲はあまりないので、
食べられない苦痛というのはありませんが物が自由に食べられないって辛い。
連休を使って早く元気になりたいなあ。

とは言いつつもこの連休は家の都合で実家に帰らなければいけない悲劇。
せっかく上京してメールにも連絡してくれたY.Kさん、本当に申し訳ありません。
私としても何年もお会いしていなかっただけに非常に残念です。
次の機会があれば参加したいのですが・・・いつになるでしょう。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

過去ログ

Feed