エントリー

2008年11月の記事は以下のとおりです。

再び営業を目指す

  • 2008/11/14 20:18
  • カテゴリー:日記

このご時世では事務職を狙うのも容易ではないので
営業の転職活動もやり始めました。
もうそろそろ金銭的にもピンチになってきましたしまずは働く事を考えないと。
ずっとダラダラした生活をして何の役にも立てない人間になるのは嫌ですから。


それで、今日は営業募集でIT関係の会社へ面接に行きました。
場所は県内なので面接という名のドライブとも言えます(爆)。
面接の前に一般教養テストと作文がありましたが出来はまあまあといった所。
まさかこれが原因で落とされるとは思えませんが・・・

面接ではいきなり所長の人と1対1の対談。
特に意地悪な質問も無くスムーズに会話が進みました。
思ったほど緊張しなかったのも大きかったです。
元が営業だからか転職理由でもあまり突っ込まれる事も無し(笑)。
しっかりと私の事を見てくれたという感じでした。
応募が何人なのかは分かりませんが2次(最終)面接には進みたいですね。
会社自体の雰囲気も良さそうなので。

悲惨散々

  • 2008/11/10 16:20
  • カテゴリー:日記

今日も面接に行きましたが手ごたえは散々。
おまけに帰ってきたらお祈りの封筒が2通も。
この際もう営業でもいいかな。
そんな気持ちも出始めてきました。

最近不幸な事ばかりで本当にやってられないですね。
何をしても楽しくありませんし。
何ですかねえ、この気持ちは。

上に従わない軍隊が存在していた

  • 2008/11/01 17:10
  • カテゴリー:その他

<田母神・空幕長更迭>制服組「確信の暴走」、問われる文民統制

氏の論文を読んでみましたが・・・ただの作文じゃないですか。
「論文というより論文(笑)」
「中学生までならまだ許されたかもね~」という感じです。
こんなので最優秀賞になるなんてグルになっているとしか思えません。
渡部昇一が審査委員長になっている事からも強く感じます。
個人的には嫌いではないのですがこういう論文を評価されては擁護できないです。
そうした事からも企画したアパグループの浅はかさが見られました。
これでアパマンショップを使うのはやだなあ、
と思いましたがアパグループはアパマンショップとは無関係のようで。
良かった良かった、と思いましたが個人的にはエイブル派なので(汗)。

内容も歴史修正主義者丸出しで時代錯誤も甚だしい。
参考資料も一次・2次史料をほとんど使用しておらず都合の良い資料ばかり。
櫻井よしこの書物を持ってきている辺りでそれが分かります。
途中の「朝鮮総督府統計年鑑」にしても
自分の理論を固めるだけの手段にしか使っていません。
単位目当ての私の大学のレポートじゃないんだからそんな事すんな(笑)。


重職の人がこんな事をするというのも失笑物です。
ただ、今回はそれが航空幕僚長という
自衛隊の軍政、部隊の管理・運営を行う長という問題が。
麻生内閣は村山談話を(直接の表現ではないですが)踏襲していますから
この論文(笑)はそれに従わず抵抗している事になります。
もしそんな状態で有事が起こったら・・・果たして国が守れるかどうか。
シビリアンコントロールも何もあったものではないですね。
自衛隊の意思統一がされていない脆弱な現状が垣間見えます。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed