エントリー

プロジェクトTの内訳 その1

昨日、国会図書館へ寄贈した物の内訳と金額を報告します。

 

・ときめきメモリアル 対戦ぱずるだま

・ときめきメモリアル 対戦とっかえだま

・ときめきメモリアルドラマシリーズ Vol.1 虹色の青春

・ときめきメモリアルドラマシリーズ Vol.2 彩のラブソング

・ときめきメモリアルドラマシリーズ Vol.3 旅立ちの詩

・ときめきの放課後 ねっ☆クイズしよ

・ときめきメモリアル プライベートコレクション

・ときめきメモリアル Selection 藤崎詩織

・To Heart

計9作品。
ソフトに対するハードは、
当時最もメジャーであったプレイステーション版を採用しました。
掛かった費用は\24,208也(送料&手数料込)。

新品でこの9作品を揃えるのは結構苦労しました。
ヤフオクやamazonで安価に購入できる物もあれば、
旅立ちの詩のように\10,000近くする物までありました。
しかし、ヤフオクで『セット出品の物をバラで落札したい』
と連絡した所、親切に対応して頂き\2,210でゲット。
その他の作品も、最安値とまではいきませんでしたが、
相場よりは多少安く購入できたのでよしとします。
後から『この時に落札しておけば』と思っても仕方が無いので。
ただ、ヤフオクでさえ出品されなかったSelection 藤崎詩織は、
amazonで\5,000で購入する事になってしまいました。
ヤフオクを3ヶ月チェックしても、
出品される気配が全く無かったのでやむを得ませんでした。

さて、プロジェクトTを立ち上げた時の作品は無事に寄贈する事ができました。
プライベートコレクションが見本版なのが少し気がかりですが、
まあ大丈夫なんじゃないでしょうか(汗)。
当然、この企画もこれで終わり・・・のはずだったのですが。

 

セガサターンで発売された限定版。
外箱が高価なスペシャル版と通常版に毛が生えた感じ?のデラックス版です。
掛かった費用は\3,720也(送料&手数料込)。
本当ならセガサターン版は寄贈する気はありませんでしたが、
限定版が出ているという事で視野に入れました。
価格が安価なのもそれに拍車をかけました。
全体的に見ても、セガサターン版は同じタイトルでも
プレイステーション版に比べると安価な物が非常に多いです。
特に、先ほど例に挙げたときめきメモリアルSelection藤崎詩織は内容が一緒なのに\4,700もの差があります。
これが、1番手ハードと2番手ハードの違いですか。
一時は、To Heartはセガサターンで発売されるとの噂も聞きましたが、結果はご覧の通り。
まあ、3番手ハード(ニンテンドウ64)の信者だった私には関係ない事です(爆)。

 

・元祖ときめきメモリアル

・ときめきメモリアル 伝説の樹の下で

・ときめきメモリアル POCKET スポーツ編 ~校庭のフォトグラフ~

・ときめきメモリアル POCKET カルチャー編 ~木漏れ日のメロディ~

PCエンジン版の元祖と多機種でのアレンジ版です。

PCエンジン版はまごうことなき未開封品ですが、
スーパーファミコン版とゲームボーイカラー版は実は開封された物です。
以前の日記に書いたとおり、本来でしたら寄贈できず高価な新品を購入しなければいけません。
しかし、正直にamazonで購入しようとしたら\20,000近く掛かってしまいます。
そのため、この2機種のソフトは元々シュリンクされていない事を逆手にとって、今回は少し細工をしました。

と言っても、それほど大掛かりな事ではありません。
単にヤフオクで投げ売りされているソフトを購入し、中身のケースをそのまま寄贈品と入れ替えるだけ。
もっとも、これが必要なのはPOCKETのスポーツ編だけでした。
スーパーファミコン版とPOCKETのカルチャー編は外箱に傷があるものの、中身は非常に綺麗。
スーパーファミコン版はおまけのCDまでしっかり付属されています。
不安になって、もう1セットスーパーファミコン版を購入してしまったのは失敗でした。

そして、ジャンクのゲームボーイも購入し、ソフトのデータを消去する事も忘れません。
国会図書館に全所有者のデータが入ったまま保管されるのは
色々な意味で可哀想ですし酷でしょう。
まさに晒し首。
とはいえ、こうなったのは落札前に『データを消して欲しい』と伝える事を忘れていただけです(汗)。
事前に連絡しておけば無駄な出費も抑えれたのに。
スーパーファミコン版はこの教訓を生かし、
あらかじめソフトのデータを消して欲しいという連絡をしました。
そのおかげで、ジャンクの本体を購入し、自分でデータを消去する手間が省けました。
わざわざ実機を購入してデータ消去をするのは金銭的にも時間的にも面倒です。

紆余曲折ありましたが、掛かった費用は\7,686。
通常のルートよりも安く購入できて良かった・・・
と思いましたが、ゲームボーイ版は両者ともアンケートはがきが入っていません。
確かに、他のメーカーのゲームボーイのソフトには
アンケートはがきが入っていないソフトもありました。
しかし、その理屈がコナミから出たゲームで通用するかどうか。
その上、スポーツ編に至っては外箱の状態が少しボロボロです。
この状態で国会図書館の審査を通過してくれるでしょうか。
あらゆる手は尽くしましたが非常に不安です。

 

・ときめきメモリアル 限定版

・ときめきメモリアル2 限定版

遂に来ました、限定版です。
しかも、今度はときめきメモリアル2まで巻き込んでしまいました。

写真にある予備①は前述したスーパーファミコン版のセット。
そして、予備②はプロジェクトTを立ち上げて間もない頃に買った開封品(ソフトは未開封)ものです。
その頃は、箱型の限定版にも未開封品があるとは知らずに早合点して、
ソフトが未開封という理由だけで落札してしまいました。
金額的には未開封品の物と\100しか差がないだけに少し悔しかったです。

また、開封品にはメモリーカード用オリジナルシールが入っていません。
泣く泣く、シール付きのソフトを落札し開封品の中へ入れました。
ただ、ソフトは未開封ですしそれ以外の付属品は完備しています。
その上、シール付きソフトを落札した際に、写真の予備①の下にあるおまけも入手できました。
特に使い道もないので未開封品の付属品とする事に。

余談ですが、限定版の箱にはオルゴールが接着されており、
箱を開くと告白時の音楽が流れます。
私も一瞬不思議に思ったくらいですから、
ゲームに全く関わりのない方が開ければさぞかし驚く事でしょう。
納品作業中に大慌てする作業員の方の姿が目に浮かびます(笑)。

「1に限定版があるのなら2も寄贈しないとダメでしょうに」

という悪魔の?囁きが聞こえ、ついに2にまで手を出す事に。
ただ、2の場合は2000年以降の作品が多く、コナミ側も積極的に納品しています(2自体はベスト版ですが)。
ですが、限定版は納品されていなかったので、新品を購入し寄贈する事にしました。
2もなんだかんだで名作です。
この作品に関しても後世に伝えるべきだと思っています。
『1のついでに』という衝動的な感情も無きにしも非ずですが(爆)。
これで2に関する資料は全て揃った・・・と思いました、その時は。

ちなみに掛かった費用は、細工した品も含めて\11,940に。
これだけなら十分許容範囲の費用ですが、
後から1と2の未開封限定版のセットがヤフオクで\4,000で出品されていて少し涙目。
こればかりはタイミングの問題もありますし仕方ありませんが、
やはり心の中ではやりきれない思いがあります。
逆に考えます、今まで安価で入手できた運がここで跳ね返ってきたと。
そうでも思わなければやっていられません・・・

※あまりに長くなったので続きます

ここまでの合計金額:\47,554

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/952

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed