エントリー

第十一回お馬鹿ショー、とそのお礼状

遅ればせながら、国会図書館への寄贈を報告します。
いわゆるお馬鹿ショーという奴です。
記事を書こう書こうと思っていたら、
わずか5日後(集荷日を考慮すると4日後)にお礼状が来ました。
この仕事の早さは一体・・・と思いましたがお礼状を見るとその理由が分かります。

寄贈した物は以下の通りです、

東方三月精 Oriental Sacred Place (2)

東方幻想画報参

東方絵空事

東方幻想峠最速伝説~プロジェクトDownHill Queen

アニメ店長×東方Project 設定資料集

・「怒首領蜂大復活」公式設定資料集

・「ぐわんげ/エスプレイド」公式設定資料集

・Comic REX 創刊0号

送料など考慮して改めて合計金額を計算すると\17,140に!
金欠な状況なのによくやります。

Comic REXはヤフオクで落札した、いわばオマケです(汗)。
送料を含めても\480なのでこれくらいなら良いかなと勢いで。

今回は寄贈品が多かったので、サイズが同じ物は一気に何冊がまとめてしまいました。
Comic REXの冊子は厚い本とサンドウィッチ状に挟んで変形しないようにしています。
それにしても、東方幻想画報参と東方絵空事は
袋型で丁度入るエアキャップがあって良かったです。
いつものようにピッタリな大きさに切り取る手間が省けて楽でした。

さあ、これで配送作業は終わり。
後は向こうからのお礼状待ちです。

そして5日後。
ポストの中には国会図書館からのお礼状が。
もう顔馴染みなのでしょうか、1週間もしないうちに届きました。
早速中を開けてみると・・・

いつもとは違いかなり大雑把なお礼状でした。
本来でしたらこのようなお礼状なのですが、
今回は逐次刊行物・特別資料受入課と同じフォーマットになっています。
周知の通り、国会図書館では現在一部の和図書の貸し出しができない状態であるため
納本係の方の一部も復旧作業に取り掛かっているのでしょう。
そのためこのようなお礼状になっている、と推測しています。
最初はこのお礼状を見て少しガッカリしましたが、
現場を考えて文句を言わない事にしました。

一刻も早い復旧をお祈り致します。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/882

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

過去ログ

Feed