エントリー

ジャンルがバラバラになった寄贈品の紹介

今回はマリみての画集と共に国会図書館へ送った寄贈品を紹介します。
まずはこちらから。


 

・こみっくパーティー 初回限定版
・猪名川でいこう
こみっくパーティー 限定版(ドリームキャスト版)
こみっくパーティー DC EDITION 初回限定版
AQUAPAZZA AQUAPLUS DREAM MATCH 初回限定版

こみっくパーティー、通称『こみパ』と呼ばれているゲームです。
アクアパッツァはパートナーとはいえ瑞希と由宇が登場しているので一応寄贈対象にしています。
話が逸れますが、由宇の苗字である『猪名川』って『いながわ』って読むのですね。
この歳になるまでずっと『いいながわ』って呼んでいました(汗)。

一時期、コミック版を読んでいた程度にはハマっていました。
最近、本編とPARTY'S BREAKER、アクアパッツァのサントラを購入し、
熱中していた頃の記憶を思い出したので寄贈する事を決めました。
昔は様々なテレビ番組で本編のBGMが使われていた記憶があります。

肝心のゲームはPC版(アダルト版)とPARTY'S BREAKERを中古で購入しましたが、
詰んだまま結局未プレーのまま終わりました。
確か新卒か1社目の退職時での引っ越しの際に処分したと思います。
せめて一番好きだった瑞希のルートだけでもプレーしておけばよかったです。

ただ、思い入れがあるとはいえ、そこまでお金を出したくはなかったので
猪名川でいこうとDC EDITION以外は外箱開封のソフト未開封の状態で入手しました。
昨日のWindows 95版ときメモ同様、登録してくれるかは国会図書館次第です。
中身が少し汚いドリームキャスト版が不安ですが大丈夫でしょう(汗)。

PSP版については安く購入できる際に寄贈したいと思います。
これだけあれば資料としては十分だと思うので無理をせず余裕がある際に行います。


 

SNK ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION Vol.4
GRADIUS THE SLOT ORIGINAL SOUNDTRACK

タイトルでは分かりにくいですが、要はパルスターとブレイジングスターのカップリングサントラと、
スロット版グラディウスのサントラです。

ブレスタはこのカップリングサントラでようやく救われました。
素人の私でもノイズが入っておらず綺麗な音質であると分かったほどなので。
10年以上前に購入した単品のサントラは本当にノイズが酷かったですから。

しかし、パルスターもブレスタもやり込んだゲームではあるものの、
実はBGMに関してはそこまで思い入れがありません。
ゲーム中にかかるとテンションが上がるのですが単品で聞くものではないと感じています。
まさに文字通りのBGMですね。

このサントラ最大の不満はネオジオCD版のパルスターの音源が入っていない事。
それを求める方はこちらを購入しましょう。
昔のサントラとは違うライナーノーツもありますよ。

スロット版グラディウスのサントラはシリーズのファンだからという事で。
実機は一度も打った事がありません(というか、10年近くパチンコとパチスロをやっていません)が、
アレンジされたBGMが気に入ったので購入しました。
こちらはパルスターとブレスタとは逆に今でもたまに聞いています。
この台が稼働していた時期は、がんばれゴエモンやときめきメモリアル、魂斗羅、
悪魔城ドラキュラシリーズでもパチスロでリリースされました。
私のように打たなかった、もしくはギャンブル自体に興味がないがサントラだけは購入した
という方も多かったのではないでしょうか。

おおむね満足していますが、IVのアレンジBGMと効果音が入っていないのが不満です。
Vでさえ1曲とはいえアレンジBGMが入っているのに…
DEMETERのアレンジ、聞きたかったなあ。


 

・ゲームチャージ Vol.16
スーパーリアル麻雀毒本 完全愛蔵版

はやる気持ちを抑えてまずはゲームチャージの方から。
この雑誌の存在はマジシャンロードの資料目的で購入した時に知りました。
「全号寄贈されているのだろうか」と気になり検索をかけると、
Vol.16と最終号であるVol.17だけ抜けていました。

これは保管しないとまずいだろうと思いVol.16を購入。
Vol.17も数日前までは駿河屋で販売されていましたが、他の方が購入されたため現在品切れの状態です。
その時の価格は\2,000弱で「もう少し安くなったら買おう」と思っていたらこの結果に。
私以外に購入者はいないだろうと油断していました。
今度出荷された際は多少高くてもすぐに注文しましょう。

さて、問題のスーパーリアル麻雀の本。
公式によるガイドブックではなく有志の方による同人誌です。
とはいえ、資料としてファンブックだけではなく、
こちらもあった方が良いのではないかと感じ寄贈しました。
未開封のまま送ったので中身は読めませんでしたが、開発者インタビューや裏技の紹介など
内容も充実しているようです。

どの作品でもそうですが、公式による資料ですと一般向けという理由もあり、
マニアックな部分まで手が届かない場合が多いです。
そういった意味で有志による同人誌というのは本当にありがたい存在と言えるでしょう。
(著作権などの問題もありますがここでは敢えて触れません)
エロのイメージが強い同人誌や同人アイテムですが、それだけではない事はもっと広まって欲しいです。
この本で扱っているのはエッチなゲームですが(笑)。

一番の突っ込み所は、この本を寄贈した事より掲載されている画像でしょう。
これでもモザイクを妥協しました。
最初に加工した際は、

「おいおい、これじゃあモザイクにした意味が無いぞ。絶対にBANされるわ」

というレベルでしたから(爆)。
この記事を公開した後に当サイトが消されていたら笑い物ですね。
黒塗りにすれば問題ない?と思いますが、サーバーとのチキンレースをしたい気持ちの方が強かったです。
ご覧頂く方も黒塗りよりもモザイクの方が趣を感じるでしょうし。

「そんなもんこのサイトに求めてないわ!」

というお気持ち、仰る通りです。
自ら危険牌を捨てに行くスタイル、流石です!


 

斑鳩 IKARUGA APPRECIATE DVD

大好きなゲームである斑鳩のスーパープレー動画集です。
未開封ですのでプレー内容は見ていませんが次元が違うという事だけは容易に想像できます。

ただ、普通に1コインクリアを目指されている方にとっては、こうしたスーパープレー動画より
普通の攻略動画の方が役に立つと思います。
私自身もそのような動画を見ながら少しずつ進めていきました。
その上で属性の感覚を身に付けていけばいいかなと。
ラスボス(田鳧)のランダム弾(ばら撒き弾)と、石(産土神黄輝ノ塊)の
ワープランダムレーザー弾は今でも許せませんけどね!


 

咲-Saki- 全国編Plus

私の好きなキャラである京ちゃんこと須賀京太郎君が出ている作品のゲーム。
実は、今回の寄贈品で麻雀関連の資料が2種類あった事について、
この記事を書くまで全く意識していませんでした。
もはや私の中では咲-Saki-を麻雀漫画であると認識していなかったようです。

一度開発・販売会社が倒産し、再度別の会社から販売されたという奇妙な経歴を持ちます。
DLCも出ていたようですが利益は出たのでしょうか?
おまけがメインで内容が無いようというビジュアルブックを3冊(上・中・下)出したほどでしたし。
(こちらは寄贈する価値が無いと判断したためスルーしました。1冊\3,000強はさすがに二の足を踏みます)

ちなみにこのゲームに京ちゃんは出ません。
去年発売された画集でも1コマも出てこなかったという話も聞きました。
(国会図書館への登録自体はされていました。流石スクウェア・エニックス)
もはや公式には何も期待していませんが、京ちゃんが好きなためこのジャンルから
離れようにも離れられない状態です。
久々に出番があったと喜んでいたら、数ヶ月後に酷い扱いを受けるというのも日常茶飯事です。

文句を言いたい気持ちはありますがモチベーションが続く限りは追っていきたいなと。
全く出番が無い訳ではありませんし。
最初に咲-Saki-を読んだ時は、龍門渕が清澄のライバルとして全国編以降も繋がりが強くなると思っていました。
今思うと全然そんな事はなかったという。

実は、この作品以外にも以前に咲-Saki-のゲームを寄贈していました。

 

咲-Saki- Portable(限定版)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A Portable(限定版)
咲-Saki- 全国編 初回限定版

過去に出ていたゲーム3種類。
全て限定版を集めて寄贈しました。
国会図書館へ送った時期はプロジェクトT番外編4と第十七回お馬鹿ショーと一緒です。

いつ記事にしようか迷っていましたが迷っているうちに5年半近く経過。
当初は京ちゃん関連の同人誌を寄贈するのと同じタイミングで発表するつもりでしたが、
それ自体がズルズルと延びてしまい、結局紹介するのがこの時期になってしまいました。
今度は須賀京太郎君関連の同人誌もしっかり送りますよ、約束するよ(汗)。

阿知賀編と全国編の限定版には特典としてクリアしおりが付いています。
全国編は密封されていて中身が分かりませんが、阿知賀編には画像に映っている宮永照の他に
京ちゃんのしおりもあったはずです。
「これは京照が来てる!」と思いましたが、作者によると京ちゃんは照のことは知らないそうです。
少し残念な設定ですが、逆に照は須賀君の事を知っている可能性もあります。
まあ、この作品の設定はキン肉マンII世の究極の超人タッグ編より酷いので
あまり深く考えないようにしましょう。





これで今回の国会図書館への寄贈の第一陣が終わりました。
しかし、私の部屋にはまだゴシックは魔法乙女や東方関連の資料、
そして須賀京太郎君が出ている同人誌が残っています。

先は長いですねえ、長期間放置していたツケがここで出てきました。
今日はほぼ定時で上がれましたが、最近は長時間の残業が多くなかなか作業が進みません。
無理をして体を壊しても仕方がありませんので少しずつやっていきましょう。
『少しずつ』それが合言葉。


※この件のお礼状が届きました

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/1838

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed