エントリー

地撃の試練とおおっぴらには言えない話

パワーアップダンジョンを回りたかったので後回しにしていましたが、試練の回廊(地撃の試練)をクリアしました。



最後の襲撃騎カラヴィンカも難易度260なら楽勝!
と思っていましたが少し甘かったです。

途中までは順調だったのですが、発狂状態での【凶】リミッター解除からの攻撃に苦しめられました。
何せずっと相手の攻撃ターンが続いて全然こちらのターンが回ってこないという。
【滅】ソニックウィングでヘイストが解除された事に気が付かなかったので尚更でした。
最初に戦った時はバグかと思いましたよ。

らちが明かなかったので、リルムの待機時間カットとマリアのオーバーフロー超必殺技を組み合わせで
発狂状態を長引かせず終わらせる方向に。
デバフも、イリスにスマッシュジルバとブレイクフィーバー、バッツにはパワーブレイクと
重ねられるだけ重ねました。
ただのパワーブレイクを使ったのなんて本当に久しぶりです。
焼け石に水のオメガドライブを持たせるよりはマシだと思いまして。
でも、ハイじゃないパワーブレイク(マジックブレイク)でもそれなりに効果があるので意外に侮れません。

あっ、倒してから気が付きましたが、こいつブレイク耐性Lv7だったのですね。
プレー中デバフの効きが悪いなあとは思っていましたがこういう事でしたか。
まあデバフ無しではとても辛いのでLv5でもLv7でも重ねる事には変わりませんが。

※ここから先は下品な話題になるので苦手な方はここで閲覧を終了して下さい


世の中にはアナルウォッカという頭の悪い言葉があるそうです。
で、FFRKをやりながら思ったのが、

アナルポーションはキツくてもアナルエリクサーなら許されるのでは

という事。
自力で飲料系アイテムを飲めないキャラに口移しで飲ませるというシチュエーションはあるでしょう。
しかし、顔が硬直して口が開けられない、開けるとかえって危険になるシチュエーションもあると思います。
特に回復役がそのような状態になればパーティーの全滅に一直線です。
そんな時の最終手段が座薬のようにエリクサーを投与するアナルエリクサー。
胴体が真っ二つという異常事態以外を除けば服を脱がしていつでも可能です。
人間の尊厳?全滅するよりは100倍マシでしょう。
薬の吸収が早くすぐに戦線復帰できるのもメリットかもしれません。

問題は受ける側だけではなくて投与する側も精神的ダメージを負うという点ですが(汗)。
自分から投与係になるという人はまずいないでしょう。
俺はやりたくないと拒んで全滅するという事態もありえそうです。
『こんな事するなら死んだ方がマシだ!』と言って、本当に死んでしまっては笑えませんが…
受ける側も受ける側で、パーティーのためとはいえこんな事をされたら3日は寝込むと思います。
ただでさえなり手がいないヒーラーがますますブラック職になるのではないでしょうか。
第一、1本50,000ギルもする(FF5にて)エリクサーを本当にこんな風に使えるのか
という心理的な問題も捨てきれません。


結論、アナルエリクサーはやめた方がよさそうです。
お尻から入れるのでしたらきちんとした座薬を使うべきでしょう(そういう問題か?)。
頭に思い浮かんだものの全くもって意味のない考察でした。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://gfan.jpn.org/diary/trackback/1353

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
日本で一番高い山は?(漢字で)(スパム対策)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed