エントリー

「山百合会」と呼ばれた、彼女らの学園の戦姫から・・・

  • 2008/12/26 16:50
  • カテゴリー:ゲーム

「ごきげんよう」
「ごきげんよう」

さわやかな朝の挨拶が、澄みきった青空にこだまする。
マリア様のお庭に集う乙女たちが、今日も天使のような無垢の笑顔で、
背の高い門をくぐり抜けていく。

私立リリアン女学園。

AD20XX、コンビ解消事件・組織内部の崩壊などの危機は、
リリアン女学園側の数多くに渡る精鋭生徒会「山百合会」の存在により解決に終った。

このため、事実上リリアン女学園側の勝利で休戦を向かえ、
再び平和の日々が訪れようとしていた。

この学園を卒業し他大学へ移った生徒も数多くいた。
彼女ら生徒の話によると、彼女らの学園では過去いや今現在も
「姉妹(ス―ル)」システムが存在し独自の文化が続いていた。
東京都下。武蔵野の面影を未だに残している緑の多いこの地区で、
神に見守られ、幼稚舎から大学までの一貫教育が受けられる乙女の園。
元号が明治から三回も改まった平成の今日でさえ、
十八年通い続ければ温室育ちの純粋培養お嬢さまが
箱入りで出荷される貴重な学園である。
そのため、その風土から脱却し、彼女らは新天地を求めて他大学へ旅立つものと
リリアン女学園に残留するものとに分かれたらしい。

そんな彼女らは「山百合会」の生徒の事を<薔薇様>と呼んだ。
どうやら、「山百合会」の拠点である校舎からの離れにある
木造二階建ての「薔薇の館」からの名称を意味しているようだ。

これから始まるストーリーは、今から約1世紀以前に、
彼女らの学園で活躍した生徒会の「戦姫(せんき)」である。


マリア様がみてる ハロー グッバイを買いました。
まさか、祐巳と祥子様の物語がこれで終ってしまうなんて!
祥子様の卒業は華々しく見届けたいですが、
祐巳がAEGIS IVからAEGIS II Cになって大活躍する?姿は見たかった。
消化していない複線(というか菜々関係)もありますから、
正直この完結は納得できないです。
同じ集英社のワンピースのように長く続けても良いのですが・・・

やめるならスパッと終わる方が良いという人が多いですが私はむしろ逆です。
確かに、最近の話は初期の頃に比べると勢いは落ちていますが
それでもライトノベルの中ではレベルの高い方ではありますから。
ワンピースと比較をするのも難ですが、
やはり作者が書きたいというモチベーション・タフさの違いは大きいでしょう。
ワンピースもやはりどうしようもなくつまらない時期があって、
私もアンチになりかけましたが最近は面白い動きになっていますし結局毎週読んでいます。
最近は休載が多くなっているのが不満ですが
地道に複線を回収しようという姿勢は偉いです。
最後までそれを回収できるかは分かりませんが(汗)。
マリみては祐巳の妹問題でグダグダになってしまったのが痛いですね。
妹問題を短期間で終らせ、
中身のある話が構築できていたらもう少し違った終り方になっていたはずでした。


まあ、外伝みたいなものは続けるようですから
最初に書いたような学園創立当初の話とかは見たいかも。
菜々の話も読みたいですが過去の話の方が興味があって。
マリア様がみてるファイターズで(爆)。
こっちはしっかりエピソード5までやって完結させましょう(おいおい)。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://gfan.jpn.org/diary/index.php/trackback/538

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着エントリー

新着コメント

過去ログ

Feed