エントリー

2011年10月の記事は以下のとおりです。

『つまらぬ因習』は問題提起の方法にこそあり

  • 2011/10/31 14:55
  • カテゴリー:その他

日本ハムが貫いたドラフトの信念。菅野騒動で問われる球団の姿勢。

お題目に過ぎない意見でしょう。
ルール上は日本ハムの行為に問題はありませんからそこは私も否定しません。

ただ、

>たとえ競合することになっても、その年、いちばんいい選手を獲る(山田GM)

本当にそうでしょうか。
もしそうでしたら、打ち合わせの時間に遅刻したり
斎藤投手の背番号を渡そうとするなんて記事は出てこないでしょう。
菅野投手側に『本当に自分を必要としてくれているのか?』
という疑念が発生しているのが一番問題です。
『もしかして自分は巨人に対する嫌がらせのために指名されたのでは』
という気持ちが出てくる可能性が無い訳でもありません。

不利な条件でスタートしているのですから、心から必死になる事が肝要です。
今後、どうなるか分かりませんが、相手の心をいかに掴むかにかかっています。
美辞麗句を並べず、実直に『本当に必要な選手なんだ』
という事を懇願する以外に無いでしょう。
日本ハム側もそれを覚悟して指名した『はず』なのですから。

>他球団もこれを機につまらぬ因習から脱するべきだ。

でしたら、日本ハム側が巨人のドラフトの方法の問題点を、
正々堂々、磊磊落落世間に暴露し

「原監督の甥という事は関係ない。『菅野智之』という一選手を取りに行く」

という事を、交渉権獲得直後(獲得直前でも良い)に
マスコミへ大々的に打ち明ければよかっただけの話。
少なくとも、菅野選手を『生贄』のように扱い、
日本ハムを『英雄』『勇気ある行動』と煽動してはいけないと思います。
こうした制度を表立って批判する事ができない事こそ、
まさに『つまらぬ因習』なのではないでしょうか。
ドラフト会議に関する問題だけではなく、プロアマ等の問題も含めて。

血筋に関わる問題の難しさは過去の歴史上の偉人達が証明しています。
人類が今まで抱えてきた問題をどうしてすぐに割り切る事ができるのか。
そして、『英雄』と呼ばれた者の末路がどうなったのか。
それは、つい数日前に放送されたニュースで世界中の方が知っています。

天の時を得なければ、いかに手段を尽くしても登用の義は叶いますまい

  • 2011/10/28 18:24
  • カテゴリー:その他

斎藤佑ショック!?菅野獲得で「18番」剥奪も

これは三顧の礼の場面で、劉備が諸葛亮に対して、

「関羽の赤兎馬を献上致しますので、是非とも我が陣営に加わって頂きたい」

と言っているようなもの。
本人が望んでいない物をチラつかせ、部下に対しても不信感を抱かせる感じが。
その結果、誰も得をしないという悪循環。

昨日の日記では『できるなら国内の日本ハムに入団して欲しい』
と書きましたが前言撤回します。
普通に社会人へ行った方が良いです。
希望とは遠回りになりますが、それが本人にとってベストな選択でしょう。

このような事を(冗談でも)発言するようでは入団後の扱いもたかが知れています。
仮に入団したとしても微妙な雰囲気が漂うでしょう。
何も関係が無い斎藤投手は本当にとばっちりです。
斎藤投手自体の成績も別に叩かれるほどではありません。
逆に、今の日本ハムの先発陣を考えると、
斎藤投手がいなければゾッとする思いだったでしょう。
ただただ純粋に可哀想です。

日本ハムの関係者は、
この後何顧の礼をすればいいのか分からないだけに頭が痛いですね。
噂によると、ドラフト前に菅野投手への通知も行っていないようで。
ダメもとでも声を掛けなければ、入団する気力さえ無いでしょう。
松坂投手が西武に入団するまでどれだけ時間と手間を費やした事か。


全くの余談ですが、ダルビッシュ投手のtwitterって凄いですね。
あそこの発言だけで世論を動かせる事が。
確かに選手としては偉大だと思いますが、私はこういうやり方は好きではありません。
権力とは何とまあ恐ろしいもので。

胴上げされている松本投手が微笑ましい

  • 2011/10/27 22:00
  • カテゴリー:その他

巨人、菅野の外れ1位に英明の大型左腕・松本を指名

太成学院大高・今村、亡き友に活躍誓う…巨人2位

菅野投手を1/2で外す。
母校の選手が12球団中で唯一指名される。
そして、トドメの『沖データコンピュータ教育学院』。

他のチームを見ても、
F県(出身は兵庫県ですが)の歳内投手は2位で阪神へ。
オリックスは『ジェイプロジェクト』。
日本ハムはなんと『早稲田ソフトボール部』。

始まる前はゴタゴタしていた今年のドラフトですが、
振り返ってみれば笑いあり、涙あり、感動ありと見事に終わりました。
入団される方はこれからが本番です、頑張って下さい。
惜しくも指名されなかった方は、その後の進路を考え人生を歩んで下さい。

菅野投手については残念ですが、ある意味これで良かったのかもしれません。
本人は叔父がいるの所を希望していましたが、
周囲から変に色眼鏡で見られるよりは
しがらみの無いチームでやったほうが良いのではないでしょうか。
本人は不服のようですが、できるなら国内の日本ハムに入団して欲しいです。


とにかく、母校の選手が贔屓チームに指名されたのは本当に嬉しかったです。
菅野投手の件が全てぶっ飛んでしまいました。
最近は母校のチーム状態がボロボロなだけになおさらです。
チーム内にも先輩がいますから頑張って欲しい物です。

そして、緊急手術することになった藤村選手。
かじゅさんも気にされていますし、今年はダメでも来年以降も頑張って。
立派な盗塁王なのですから。

『うそはうそで(略でないと(掲示板を使うのは)難しい』の時代は終わっている

  • 2011/10/24 03:13
  • カテゴリー:その他

“産地偽装”は「言われなき中傷」 2chまとめサイトなどにJAグループ熊本が強く抗議

この件に関してはかじゅさんのtwitterで知りました。
まさか私のF県と、かじゅさんのK県がこのような形で繋がるとは
夢にも思いもしませんでした。

正直、このような悪意(法律上の意味でも)を含んだ記事で
何も知らない人に不安を煽らせる事については怒りを感じています。
それが『私の地元』の『風評被害』という難しい問題であるからなおさらです。
この件をすぐに信じてしまう人を『情報弱者』と決め込むのは
発言する側の詭弁に過ぎません。
情報が少なく、人々が不安になっている所に、
自分にとって都合の良い情報を巧みに流せば誘導する事などたやすい事です。
そうでなければ、世の中から詐欺事件などが発生しないのですから。
まして、このサイトの管理人はフジテレビと花王のデモを取り扱っています。
管理人(達)の人格はそこから察して下さい、という訳ですか。

『うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい』
という言葉はインターネット黎明時代のもの。
老若男女、インターネットが容易に利用できるこの時代では過去の言葉でしょう。
『発言に責任を持つ』という一般社会でも当たり前の事が求められている事に
なぜ気がつかないのでしょうか。
殺害予告や爆破予告などで多くの容疑者が逮捕されているこの現状で。


こうした事はハムスター速報に対してだけではありません。
私の知っている限り、
やらおん!・はちま起稿・オレ的ゲーム速報@刃、といった輩も同類です。
こういったまとめサイト(アフィリエイトサイト)は、
秦の趙高・後漢の十常侍・蜀漢の黄皓のような宦官そのもの。
変に権力を握って(握ったと思って)勘違いしています。
しかも、それらの輩の尻馬に乗って情報を流すニュースサイトも後を絶ちません。
しかし、企業などはそれらのサイトに対してビクビクしているのが現状。
漫画・アニメ・ゲームという業界の体質がそれらを野放しにしているのでしょうか。
他の分野で同じような事が起こっているのかは分かりませんが。

以前の豊崎氏の件の日記でも書きましたが、報いは全て自分に跳ね返ってきます。
その末路がどうなるにせよ、覚悟はすべきでしょう。


―趙高はこの世にうまれてみずからを去勢して
宦官になったかわりに皇帝を一人つくり、王を一人つくった。
つまるところ権力という白刃を素手でつかんで弄びつづけた。
そのたぐいの者が、この大陸でこののち長く続いていく歴史の中で
終りを全うした例はほとんどなく、
趙高はその系列の歴史の最初をひらいた男といっていい―

※司馬遼太郎「項羽と劉邦 中巻」85ページから引用

優勝セールに走りすぎるのも考えもの

セリーグの優勝も決まり、その後amazonを見てふと気になった事。

おめでとうヤクルトスワローズの
『この商品を買った人はこんな商品も買っています』の商品が酷すぎ。
何で関連商品が萌えフィギュアばかりになるのでしょうか・・・
ニコニコ大辞典などから来た人が多いから?
ネタで笑いに来ている人の質がこのような属性の人ばかりだから?
いずれにしてもあまりに場違いな商品だと思うのですが。

ちなみに、おめでとう中日ドラゴンズの方はいたって普通で・・・す?

逆転Vが近づいてから中日の書籍を出し、
ヤクルトの書籍を発売中止(予定)にした日刊スポーツの姿勢ですが、
商売としてはやむを得ないのではないでしょうか。
ペナントレースも毎年逆転優勝で終わっている訳ではありません。
ですから臨機応変に対応するのがベターだと思います。

ただ、公式でのグッズは明らかに時期尚早だと思いました。
『こういった商品は順位が決まってから発売しろよ』とは思いますが、
関連会社としては少しでも多く利益を上げたいのでしょうか。
書籍でしたら無駄な労力は自分の所に降りかかるのでそれも良いでしょう。
というよりも、複数のチームの書籍をあらかじめ作ってあるのかもしれません。
しかし、グッズなどになると話は別です。
下請けに任せてある場合は、失敗した際のリスクを末端の企業が負います。
元請けが損失を補填する場合もあると思いますが、
果たして全てがそうなっているのかどうか。
元請けが確実にリスクを背負う形でないとこのような商法も考え物です。


余談ですが、各所で話題となっている『Vやねん!タイガース』は
国会図書館にしっかり納本されています。
阪神ファンの方は『これ以上晒さないでくれ』と思われますが、
私は逆にネタ抜きにして純粋に偉いと思いました。
世の中には諸事情によって納本されない資料などが数多くあります。
そのような中、自身で発売した書籍を
責任を持って国会図書館へ納本した日刊スポーツ社の姿勢は立派です。
もっとも、これは本来は当たり前でなくてはいけない行為ではあるのですが。

さらに余談ですが、伝説の1985年の時にも似たような書籍が発売されていました。
出版元はVやねん!と同じ日刊スポーツ社。
しかし、これが発売されたのは阪神が日本一になった年で発売も11月。
日本一が決定したのが11月2日ですから、その後発売されたのだと思います。
Vやねん!の歴史は深いです。
今回検索をかけて改めて勉強になりました。


■追記
1985年のVやねん!ですが、amazonの発売日によると10月になっている事が判明。
2008年のVやねん!は国会図書館・amazon共に同じ月になっているので、
どちらが本当なのでしょうか。
もしかしたら、発刊日が11月で実際の発売日が10月下旬なのかもしれません。
ちなみに阪神のリーグ優勝は1985年10月16日。
リーグ優勝前に発売されたのか、
リーグ優勝後に発売されたのかどちらになるのでしょうか。
考えれば考えるほど謎だらけです。

こうなったら国会図書館へ足を運んだ際に調べるしかありません。
現物を見れば内容も発売時期も分かるでしょう。

復帰への第一歩

  • 2011/10/13 20:04
  • カテゴリー:日記

明日は休職からの復帰で、今後どうするかを打ち合わせるため会社へ。
体調自体は問題ありませんし、出社に対するリハビリも順調です。
しかし、さすがに久々の出社だけあって少し不安があります。
別に明日から仕事を始めるわけではありませんが、
(今回に限らず)休み明けの出社というものはやはり気が重いです。
ただ、そんな事を言っていたらいつまでたっても前に進まないので、
頑張って出社するしかないのですが。
今は明日の朝の体調が良い事を願うばかりです。

とりあえず、今日はやる事をやったら早めに休む事にします。
最近は、就寝時間が遅いので少しでもいつものように戻していかないと。

1区のレベルが高すぎた、どうしようもない

  • 2011/10/10 21:56
  • カテゴリー:その他

第23回 出雲全日本大学選抜駅伝競走 大会結果

私の母校が出場すると言う事で、期待せずに見ておりましたが、
やはりその通りの結果となりました。
本当に上位校の壁は厚いですね。
希望の光が見えなくも無いですが、
こんな調子で来年の箱根駅伝は大丈夫でしょうか。
大学から夜行バスで現地に行った方はお疲れ様と言う他ありません。

夢の舞台という事で硬さもあったのでしょう。
そういう視点から見れば検討したとも言えなくもありません。
しかし、箱根駅伝までもう3ヶ月を切りました。
このまま修復できないと、数年前のようにまた醜態を晒す事にもなりかねません。


しかし、箱根駅伝に比べると、いかに出雲駅伝の区間距離が短い事でしょう。
箱根駅伝の1区間平均20kmというのが異常なのかもしれませんが。
過ぎてしまった事は仕方が無いので、
箱根駅伝に向けてしっかり調整して欲しい所です。

報いはそれぞれに降りかかるであろう

  • 2011/10/10 00:32
  • カテゴリー:その他

最近騒ぎになっている豊崎愛生氏の件で気になった事。

今回の騒動で、豊崎氏の熱狂的なファンの事を
『トムバンカー』と揶揄するようになりましたが、
これまた上手いネーミングで。
当人たちの立場や経緯を省みると、これほどピッタリはまった言葉はありません。
ただただ、ネーミングセンスの高さに脱帽するばかりでした。

私自身、豊崎氏自身はおろかスフィアにも全く興味はありません。
ただ、煽る方も煽る方でやり方が狡猾だなあと感じます。
はっきり言って、今回の流出行為は私が嫌うような出来事です。
人間として許せない行為でしょう。
しかし、一方の豊崎氏もこれまでの発言などを考慮すると、
騙した自分をファンに対して売り込んできた訳です。
確かに、アイドルとはまさしく『偶像』。
その行為自身は職業として間違ってはいません。
しかし、豊崎氏自身がこうした騒動を発生させた原因になっているのも事実。
とても擁護はできません(逆に開き直った平野綾氏は結構好きだったり)。

因果応報、両者とも全て自分に返って来るだけでしょう。
ああ、悲しいかな。


鍾離昧「漢が楚を攻撃しないのは、私が貴公に身を寄せているからだ。
     もし貴公が私を捕えて漢に媚びようとするならば、
     私は今日にでも死ぬが、貴公もいずれ滅びるであろう」

プロジェクトTの経過報告

まだ購入できていない物もありますが、
プロジェクトTで発生した金額の途中経過を発表します。

金額は現在の時点で\29,494(送料・振込手数料込)です。

計算するまでは『まあ、\20,000に行かない程度だろう』
と思っていましたが甘かったです。
既にほぼ\30,000に。
今後は、この金額からさらに上乗せされる事が予想されるため、
最終的には\50,000弱になるのではないでしょうか。

高価な物を1/4程度の金額で購入できた事があるなど幸運な事もありました。
しかし、いかんせん対象品の数が多過ぎます。
調べれば調べるほど『これも入れなくては』と増えていってキリがありません。
ただ、『プロジェクト』と名づけた手前、
小分けで寄贈していくのは少し恥ずかしいです。
ですので、一気に寄贈したいのですが・・・今月末で間に合うでしょうか。
日程がキツキツという訳でもないので、
無理をせず安価に済ます方法を考えた方が良さそうな感じがします。


どうでもいいですが、プロジェクトTの『T』という文字は
捉え方によっては東方シリーズも含まれてしまいます。
これを企画した時はその事を全く考えていませんでした。
とりあえず、あちらはお馬鹿ショー。
こちらはプロジェクトTという形で明確に分けておきます。
単なる言い訳に過ぎないですが(汗)。

HDDはテラの時代へ(遅すぎ)

  • 2011/10/04 21:56
  • カテゴリー:その他

もはや、バックアップの容量はDVD-RW(4.7GB)はおろか、
SDHCカード(32GB)でも追いつかない。
そんな訳で、外付けHDDを購入しました。

商品名は、WESTERN DIGITAL製 WD Elements デスクトップ WDBAAU0020HBK
容量は2TBで価格は\7,580(送料無料)。
コストパフォーマンスの良さと安定性に評判がある事。
そして、私が現在使用しているPCのHDDメーカーである、
WESTERN DIGITAL製である事が決め手でした。
金欠状態で悩んでいましたが『そろそろ底値だろ』と思い購入を決意しました。

本来でしたら、LaCie製のLaCie rikiki USB3.0 LCH-RK1TU3を検討していました。
将来的にはUSB3.0の導入も検討していて、他機種より小型。
容量も1TB程度であればで十分でした。
しかし、金額がWDBAAU0020HBKより高い事と、HDDのUSB3.0接続が特殊である事。
そして、Amazonでこのようなレビューが書かれており益々不安になりました。
USB3.0対応にしても、技術が枯れてからの方が大容量で安価な商品が出回ります。
現在の私のPCではUSB3.0のボードを増設しなければならないので、
急いで購入する事もありません。
という訳で、この商品は候補から外しWDBAAU0020HBKにしました。

早速バックアップを行いましたが、
WDBAAU0020HBKの性能は可も無く不可も無くという感じです。
USBメモリやSDHCカードと同じようにコピーできましたし、
現在の所は何も文句はありません。
速度もUSB2.0でしたらこんな物でしょう。
そう頻繁に(バックアップは頻繁に行うべきですが)使用する訳でもないので。
後は、故障が発生しない事を祈るばかりです。
メーカー3年保証とは言っても、
物理的破損が起きましたらデータが消失してしまうため意味がありません。
バックアップのバックアップとか必要になったら本末転倒です(汗)。


ちなみに、今回はAmazonではなくいーでじ本店で購入しました。
正直、Amazonは日本に法人税を払わないため、あまり好きな企業ではありません。
konozama現象よりこちらの方がよっぽど嫌でした。
さすがに金額にあまりに差がある(投売り状態)でしたら迷わず購入します。
しかし、それほど金額に差が無い場合は迷わず日本企業を優先します。
これも一つの愛国心と言えるのでしょうか。
東日本大震災以降は福島(東北)魂も復活しています。
上京前には考えられなかった事です。
私自身もこのような感情が湧き上がって来た事が信じられません。
そして、最近Amazonで購入しているのはマーケットプレイスばかり。
日本企業の信頼性の問題はありますが、高額な物は代引きにすれば良いだけの話。
サービスは豊富ですが、Amazon自体に対してもそれほど信頼していません。
ですから、信頼性に関しては正直おあいこです。
konozamaと揶揄される企業を持ち上げる気にはとてもなりません。


さて、紆余曲折になりましたが、バックアップに関してはこれでOKです。
次に必要な物はウイルスソフト。
もちろん購入するのはノートン インターネット セキュリティ 2012です。
現在は体験版をしており、30日間の期限が切れたら購入するつもりです。

ただ、1台のPCで使用するのでしたら2コニコパックの方が良さそうです。
通常版とほぼ同額で2年間使用できますから。
近年のノートン製品は無料でバージョンアップが行えるのでその辺りも問題無し。
ヨドバシでの金額を比較しつつ購入を検討したいと思います。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed