エントリー

2011年04月の記事は以下のとおりです。

狡兎死して良狗烹らる

  • 2011/04/28 01:11
  • カテゴリー:その他

たまにはN党らしく任天堂の話題を。

任天堂の前社長であり現相談役の山内博氏の言葉。

「テレビゲームなんて娯楽でしょ。生活必需品ならともかく、
ないから生きられないというものじゃない。
世界中にいろんな国がありますが、やはり衣食住が足りて、
ゆとりができてから初めて娯楽市場ができあがるわけですから。」(ソース失念)

今までは任天堂の慢心を戒めるためとしてこの言葉を捉えてきました。
しかし、今回の東日本大震災を通して、
その言葉の意味は大きく変わったと思います。

衣食住が不足している状態では、
娯楽というものは真っ先に切り捨てられるジャンルである事。
ネット界隈ではパチンコとゲーセンが槍玉に挙げられていますが、
プロスポーツでさえもその呪縛から逃れる事はできません。
まあ、個人的にはパチンコやゲーセンを叩いて
プロスポーツを擁護する風潮が気に入らないにもありますが。

『その業界で働いている従業員はどうなるんだ』という意見はもっともです。
しかし、人々の生活の余裕がなくなり収入がなくなれば、
職を失うのは自明の理。
誰のせいにもできないでしょう。
自粛といった言葉以前にファンなどが振り向くかどうか。
現に、私は最近は多忙のせいもあり碌にプロ野球を見ていません。
むしろ、ゆっくり見る余裕が無いと言った方が正しいです。


「狡兎死して良犬煮らる。高鳥尽きて良弓蔵わる。敵国破れ謀臣滅ぶ。」

漢の統一に大きな役割を果たした韓信が、
項羽打倒後劉邦に対して吐き捨てた言葉です。
仮にプロスポーツという概念が無くなり(国際戦は残るかもしれませんが)、
名選手が「ただの人」となった時はどのようになってしまうのでしょうか。
故沢村栄治氏のように手榴弾を投げる。
そして―これは行き過ぎかもしれませんが―人体改造と言った
身体能力を悪用した非人道的行為に走らない事をただただ祈ります。

親知らずの抜歯、その後

  • 2011/04/28 01:08
  • カテゴリー:日記

これからは会社を休まないぞ!
と意気込んだ矢先に、一昨日は親知らずの激痛で
貴重な有給を使ってしまう羽目になりました。
親知らずの抜歯数日後に、

飲酒→大声のカラオケ→肉体労働

というコンボがあったとはいえこれは辛かったです。
精神的な問題ではなかっただけに尚更です。

今思えば、行きつけの歯科医院に言われるがままに、
抜歯を行う病院を選んだのがまずかったのだと思います。
今までの私でしたら、その辺りの事前準備をして
良い病院を探すはずだったのですが・・・
平日しか診察できない事もあり、友人からも

「それなら別な病院にした方が良いよ」

とアドバイスを頂いたのにも関わらず強行突破。
そして、結果はこのザマです。
『親知らずの抜歯なんてどこも同じでしょう』と思っていた私は
正直甘すぎました。
医師も(患者の数が多いのもありますが)ぶっきらぼうでしたし
診察後はその対応に対して怒りすら湧いてきました。
情けない話ですが、薬を貰った後、診察カードを破壊するほどで。
医師が複数いるのもあると思いますが、
私の質問に対して流される対応を取られると正直凹みます。
次回からは、休日でも診察が可能で、親身になってくれる病院を探しましょう。
自分で受ける病院は自分で決める事にします。
それなら、自分でも諦めが付くでしょうから。
今回通院したのは東芝林間病院でした。
個人的には、腸のポリープ手術を行った、
広島時代の県立広島病院レベルを期待していましたが悲しいかな、
県内最大レベルの大病院と区内の一病院を比べる事自体間違いでした。


さて、現在の状況ですが一昨日よりは落ち着きました。
ただ、薬を飲んでいる状態ですので、
薬がの効果が切れるとどうなるかわかりません。
今回の対応で1日分の有給が無駄に。
振り返れば高い授業料でした。
ひとまず、途中で病院変更を諌めてくれた友人に対しては
朝礼で謝罪する事にします。
せめて、休日に通院できる口腔外科を選べばよかったです。

Internet Explorer 9を試しに使ってみて

  • 2011/04/26 01:12
  • カテゴリー:その他

今日の0:00からようやくInternet Explorer 9が公開されたので
早速インストールしました。
最初は『この時間では重くてダウンロードできないかな』
と思っていましたがスムーズに進んで一安心。
MSのサーバー恐るべし。

うん、使用した感触は思った以上に良い感じです。
私が64bit版を使用しているせいか、
8の時よりも少し軽くなったような気がします。
それだけでも8よりはずいぶん違う印象を受けたり。
私が閲覧するページも大きな崩れが無くてよかったです。
もちろん、私自身のブログも(笑)。

戸惑った点といえば、やはりお気に入りボタンが右上にある事でしょうか。
最初は場所が分からず『どこ?どこ?』と一生懸命探した位です。
さすがに今までのバージョンを使っていただけあってかなり違和感があります。
まあ、毎日使う物なのでそのうち慣れていくでしょう。
逆に言えば、代わり映えのしなかった今までの物と比べ
少しスタイリッシュになったと思いますし。


やっぱり、Internet Explorerのバージョンが上がると
OSの雰囲気も変わるなあという感じがします。
久しぶりにVistaを搭載して良かったと思えました。
公式サイトで紹介されているような機能は
あまり使わない(というか使いこなせない)と思いますが、
使っているだけでワクワクしていきます。

ただ、Vistaのサポート期間は既に1年を切っているという現実。
SP1もでるようですし7も検討してみます。
一番良いのは8?が来年中旬ぐらいまでに発売される事なのですが。

敢えて『無題』としておきます

  • 2011/04/21 23:48
  • カテゴリー:日記

10日以上音沙汰がありませんでしたが、大丈夫です、生きています。
って言うのも何度目でしょう。

先週は大きく体調を崩し、1週間自宅のベッドで横になり棒に振りました。
今週は今週で、昨日親知らずの抜歯のために通院しました。
ようやく体の方は落ち着いたものの、万全とは言えません。
実生活もゴタゴタしていて精神的にも不安定でした。

しかし、最近は

「全ては天が決めている、天命なのだ。自分の力以上に背伸びしても仕方が無い」

とも割り切れるようにもなりました。
決して諦めたり投げやりになった訳ではありません。
ただ、自分の目の前に現れた現実を受け入れ、
前に前に進もうという気持ちが強くなったと思います。
全力を出して出した結果なら仕方が無い、
それに引きずられずに進めば良いという感じです。
今は確かに厳しい状況ですが、
それでも前向きな気持ちは忘れないようにしたいです。


さて、しばらく国会図書館の状況を見ていませんでしたが、
和図書の貸出は復旧したようで。
私が寄贈したComic REX2006年12月号(とそれ以外の号)も
閲覧可能になりました。
その他の物も色々更新されているようです。
詳しい事はまた後日に。

相手への心遣いとは

  • 2011/04/10 21:52
  • カテゴリー:日記

今週は配管修繕?の現場作業が4日も入って大変でした。
勤務時間的には、実は出張の方が短いのですが、
自分で考えてやらなければならないも多く楽ではありません。

私は現場作業の委託業者のフォローをしていましたが、
『どうすればスピーディーに効率良く、そして楽にできるのか』
という事を4日の中でずっと考えながらやりました。
ただ、ボーっと見ているだけでは勤まらないのが厳しい所です。

また、毎日コーヒーなどの差し入れも欠かさず行いました。
会社の経費で落とす気はさらさら無いので実費ですが
こういう相手への心遣いは重要です。
その影響で、今回タッグを組んだ業者の方とは非常に仲良しになれました。
30歳以上の方でしたが、
相手への心遣いを忘れなければ歳の差など関係ないものなど感じます。


来週は来週で現場作業が2日入っています。
会社の業績も、自分の立場も少し危ない状況なので今以上に頑張っていきます。

「ズレ」は既に出始めている

  • 2011/04/04 22:21
  • カテゴリー:その他

マイミクであるライオンさんのこの日記を見てふと、

今回の東日本大震災に対して東日本と西日本の方で
徐々に捉え方のズレが出始めているのではないか?

という感情が浮かび上がってきました。
現に、私の会社の取引先も『東日本ばかり目が行って西日本を疎かにしている』
という話があったそうです。

確かに、現在も地震や津波で様々な物を失った方が大勢いらっしゃいます。
しかし、それ以外の方は(計画停電などもありますが)
日常通りの仕事や生活を行っています。
ましてや、西日本の方は特に電力に困っておらず、
対岸の火事のように見つめている方もいるでしょう。
私も、前の会社を辞めずに広島で仕事をしていたら
そのように感じたかもしれません。
影響としたら、せいぜい製品の材料の調達で困るくらいです。
ですので、私は極端に被災地域の方の気持ちを強要させるつもりはありません。
実際に体験しないと分からない部分もありますから。


一番怖いのがこの震災で東日本VS西日本という構造が出てきてしまう事。
大げさな表現かもしれませんが、同じ日本人で罵り合う姿は見たくありません。
これが現実にならなければ良いのですが・・・

第十一回お馬鹿ショー、とそのお礼状

遅ればせながら、国会図書館への寄贈を報告します。
いわゆるお馬鹿ショーという奴です。
記事を書こう書こうと思っていたら、
わずか5日後(集荷日を考慮すると4日後)にお礼状が来ました。
この仕事の早さは一体・・・と思いましたがお礼状を見るとその理由が分かります。

続きを読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed