エントリー

カテゴリー「日記」の検索結果は以下のとおりです。

8月までに誕生日になると3年目にプレゼントがもらえる

  • 2006/08/09 16:09
  • カテゴリー:日記

今日で俺も23か。若い頃が懐かしいな・・・。(パワプロ6)

というわけで23になりました。
いえ、1歳増えたからといって別にどうという訳ではないのですが。
ただ徐々に30代に近づいていく事を考えると何とも言えないものが。
留年して1年社会に出る事が遅れた事に対しても多少負い目はありますから。
「自分はもう若くない」というオーラが漂っている文章ですが
こんな事を書くと某K氏に怒られそうです。
歳を取っても活躍する人は多いですからそういう人を手本に頑張らねば。

さて、自分はマジシャンロードでも頑張りますか(最悪)。
とりあえずノーコンティニューで6面までは進めました。
4面辺りから残機のゴリ押しになっていましたが(汗)。
やはり今の段階では5面が辛い。
もう少しパターンを練らないと。

亀田バッシングから見るネット界隈の変化

  • 2006/08/08 04:39
  • カテゴリー:日記

亀田バッシングに反応する人の姿を多く見ると
「ネット界隈も変わったな・・・」としみじみ思います。
以前までなら冷静にマスコミの報道の仕方を批判する人が多い感じでした。
しかし、(彼の性格からなのかもしれませんが)この件に関しては
「亀田が悪い」の一点張りの人が目立ちます。
今も昔も反マスコミの考えが主流ではありますが何かが違う感じ。
私個人としては、審判が裁定したのだからそれ以外のものはないと思います。
八百長なんて言葉は当然論外。
あそこまで必死に戦った両者に失礼千万でしょう。
確かに裁定に?と思う所がありましたが、
そうした点は審判・ボクシング協会が改善していく問題でしょう。
個人的には次の試合で完全勝利し文句を言わせなくすれば良いと思います。
とは言え、内容より結果が全てのプロの試合でそうした事を要求されるのは妙な話ではあります。

ちなみに私はそこまで反マスコミという意識は無いです。
そりゃあ、報道のあり方に様々な問題点を抱えていますし
これらは議論されてしかるべきのものですが存在否定まではしていません。
現代社会においてジャーナリズム性は必要不可欠ですから。
第一「マスゴミ」などという人は信頼がおけません。
そういう馬鹿にしている人も結局はマスコミである意味楽しんでいると言えます。
何というか単にマスコミを見下して優越感に浸っていると言うか。
こうした人が増えたのもネット界隈の変化とも言えるのかもしれません。

「飢えが必要」この言葉は重い

  • 2006/08/07 22:57
  • カテゴリー:日記

ネットサーフィンをしていてここの6月25日の日記に共感。

やはり人間先が見えないと必死になりますね。
就職活動中では無い内定・フリーター・ニートの恐怖が常にちらついていましたし。
しかし、そうした恐怖から脱すると怠けてしまうのが。
一応秋採用の企業には挑戦するつもりですがエンジンが掛かるかどうか。
以前日記に書いたヤクルトも離職率18.8パーセント(就職四季報調べ)
という現実を知り気持ちが萎えてしまいましたし。
より良い企業へ行きたい向上心とこの企業で良いだろという妥協が葛藤しています。
妥協を克服するのは結局自分次第ですので頑張るほかありません。
問題は何を頑張ると言う事なのですが。

何かを感じ取るために

  • 2006/08/05 22:09
  • カテゴリー:日記

昨日は内定企業の懇談会がありました。
と言っても会のほとんどは飲み会でしたが。
企業の歴史などを詳しく語るような物だと思っていましたから
少し拍子抜けという感じで。

だからと言って飲み会がどうでもいい物か言うとそうではなく、
むしろ飲み会の話の中にこそ重要な事がありました。
同席した社員の話から伺える、その人の性格・現在の会社状況。
そして内定者が持っている個性・雰囲気。
全て知ったわけでは無いですがこうした事を理解できたのは大きな収穫です。
リクナビや会社説明会では分からない事ばかりでしたし。
本音では無い所もあると思いますがある程度は正直に話してくれたと思います。

しかし初顔会わせの飲み会でも自分は弄られ役になるとは(笑)。
自己紹介のトップバッターを指名されたのは予想外でした。
おまけに一番最後では一発芸(みたいなもの)をやらされましたし。
前々から分かってはいましたが結局こういう運命なのですか。
板に付いて難無くこなす自分も自分です。
指名した社員の方からこの事について聞くと
「君には何かそういう(弄りたくなる)オーラが出ていた」との事で。
どんなに繕っても人間の雰囲気は隠せない物だと改めて実感。
まあ早くも自分をアピールできましたから良しとしますか。
痛いと思われても気にしない。
そうした声には仕事で見返してやります(自信過剰)。

世界か

  • 2006/08/02 22:00
  • カテゴリー:日記

亀田の世界戦が22時からと言った奴は誰だ!
お陰で見るのが遅れてしまったじゃないか。
まあ、4Rからで全体の3分の2は見れたので別にいいですが。
22時にテレビを付けて「亀田世界一?あれ~?」という事態には陥らなかったので。
それこそギャグの領域ですよw

見ている分には大丈夫かなという部分もありましたが僅差での勝利。
今までのスマートな試合よりも「何が何でも勝つんだ」
という姿が見れて面白かったです。
やっぱりアスリートたる物ああでないと。
亀田長男本人はそういう所を否定していますが(汗)。
改めて見てもあのチャンピオンベルトは重たいですねえ。
色々な意味を含めて。
それが世界というものなのか。

全く迷惑な話です

  • 2006/08/01 20:59
  • カテゴリー:日記

今日は田園都市線にとって厄日でした。
三軒茶屋駅と用賀駅の両方で人身事故が発生。


特に三軒茶屋駅の事故は自分が丁度乗っていた事もあり驚きましたね。
止まる直前に異常なブレーキ音が出ていましたし。
乗客も何だ何だと驚きを顕わにしていました。
それでもすぐに復旧しましたから大した事は無かったのでしょう(たぶん)。
渋谷へ行く途中でしたから長く立ち往生されなくて何よりです。

一方、用賀駅の事故を見た時は「・・・またか」と思わず溜息。
まさか1日に2回も人身事故が発生するなんて思いませんでしたし。
復旧の気配もありませんでしたし大事になっているのは分かりました。
改札前でオロオロしていた人が結構いましたから。

結局、渋谷で1時間ほど余計に時間を潰してから帰宅。
私は何も予定が無かったから良かったのですが
急ぎの人には堪ったものではなかったでしょう。
とりあえず駅員の人はお疲れ様です。
仕事はいえ人身事故の処理をやるのは苦痛なものです。

免許だ、免許だ

  • 2006/07/31 00:22
  • カテゴリー:日記

テスト・レポートなどで忙しかった1週間も終わりいよいよ夏休み。
と言っても、大学は9月で卒業ですからこれからずっと休みだとも言えますが(汗)。

休みの中でやらなくてはならない事は車の免許を取る事ですか。
社会人になったら必須の資格ですし。
地元のような田舎ですと車が無いと買い物すら満足に出来ません。
自転車でやろうにも限界があります。
取るのならマニュアルの方がが良いとは思いますが
センスが無い私が果たして取る事が出来るのだろうか。
人が運転している所を見ると何か難しそうに見えます。
最近はオートマが主流だと言ってもそれしか動かせないのは少し悲しい。
自分のプライドに賭けてマニュアルで受けてみたいと思います(何という理由だ)。
やってみたら案外うまくできたという事もあるかもしれませんし。

色々プランはありますが一番最初にやる事は親との話し合い。
面倒くさいですが一度実家に帰り面と向かって話さないと。
お金の掛かる事ですから教習所選びも慎重に行ないたい所です。
地元でやるか都会でやるかという事も含めて。

でも、最近持ち直してきているね。この企業

  • 2006/07/29 22:23
  • カテゴリー:日記

合同セミナーが行なわれていた某大手企業の説明を聞きましたが
・・・何って言うかアレですか。

続きを読む

ジョアは飲んだ事ありません

  • 2006/07/28 22:59
  • カテゴリー:日記

ようやく今日でテストも終了。
・・・って今日の1科目しかありませんでしたが。
テストの出来はそこそこで、後はもう運に任せるといった感じです。
先週になって買った教科書(2500円)が無駄にならなければよいのですが。
良い結果になる事を期待します。

明日は久しぶりの会社説明会。
気になっている企業があるのでとりあえずは行ってきます。
自分の期待に添えない可能性も高そうですけど。
あと、ヤクルト本社から事務職募集のお知らせが来てましたっけ。
燕党の人は泣いて喜びそうな募集ですし(そーなのかー?)これも出す事にします。
あのヤクルトレディーなどの販売方法を見ると「ブラックかな」
と少し怖い部分はあるのですが。
個人的にはヤクルト自体よりも濃縮還元のジュースが思い出深かったり。
高校生の時は校舎の自動販売機でお世話になりました。

非言語はいつも苦手

  • 2006/07/27 23:09
  • カテゴリー:日記

昨日テストセンターを受けた企業からお祈りメールが。
さすがにフジクラ位のレベルになるとキツイものがあります。
書類(郵送済み)・筆記(テストセンター)選考くらいは通ると思いましたが甘かったか。
地味な業界だけど興味があったのに。
と敢えて落ちた文句は言わないでおきます(汗)。

テストセンターの出来も一番最初の時よりはマシでしたが
それでもやはり辛い物がありました。
特に水溶液の濃度と表のパーセントを照らし合わせる問題は
苦手分野という事もあり壊滅的です。
その上、2回目にも関わらず時間配分を上手にできませんでしたし。
どこでもやれるwebテストは結構良い点数が取れるのですが。
まさにテストセンターコンプレックスというべきか。
わざわざ神保町までいったのに無駄足になってしまいました。
私の190円と時間を返せ。
まあ、その帰り道(そこから秋葉原まで歩いた)に
ブレスタで自己ベストを出せたので良しとしますか。
フジクラの選考は尊い犠牲となりました(笑)。

ユーティリティ

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

過去ログ

Feed